2009年02月22日

[鉄道アイドル木村裕子]Valentine小手指車両基地Day

所感を吉野家コピペ風に纏めた

そんな事よりお前らよ、ちょいと聞いてくれよ。ブログとあんま関係ないけどさ。
2月11日、Valentine小手指車両基地Day行ったんです。Valentine小手指車両基地Day。
そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいでよく見えないんです。
で、よく見たらなんかステージのスクリーンに鉄道アイドル木村裕子トークショウとか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、鉄道アイドル如きで普段来てないValentine小手指車両基地Dayに来てんじゃねーよ、ボケが。
鉄道アイドルだよ、鉄道アイドル。
なんかアイドルオタクとかもいるし。アイドルオタクがValentine小手指車両基地Dayか。おめでてーな。
よーし僕ゆゆちゃんグッズゲットするぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前な、木村裕子2009年カレンダーやるからその場から立ち去れと。
Valentine小手指車両基地Dayってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
西武30000系運転台見学に来ている奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。アイドルオタクは、すっこんでろ。
で、やっとトークショウが始まったかと思ったら、隣の奴が、撮影禁止なのに木村裕子を撮影しているんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、木村裕子の無断撮影なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、木村裕子の無断撮影、だ。
お前は本当に木村裕子を無断撮影することた良いことなのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、木村裕子を無断撮影したいだけちゃうんかと。
鉄道オタクの俺から言わせてもらえば今、Valentine小手指車両基地Day通の間での最新流行はやっぱり、
西武新2000系の床下機器、これだね。
西武新2000系の床下機器見学。これが通の楽しみ方。
西武新2000系ってのは電動車が多めに入ってる。そん代わり付随車が少なめ。これ。
で、それに界磁チョッパ制御。これ最強。
しかしこれを楽しむと次から西武鉄道の社員にマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、西武10000系NRAの休憩室で飯でも食ってろってこった。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

[アイスピック]ネットで啖呵を切りまくる

今日も今日とて

2ちゃんねるネットwatch板と同人イベント板のスレの伸びが早いね。下らなさは健在だが。
特に、「ID」の出ない同人イベントスレの伸びは凄まじい。「gr」と称される者のお陰かもしれないが、所々ご本尊がいるみたいなので、取り上げてみる。

同人イベント板「森本嫉妬伝説39」より

56番のレス
56 :カタログ片手に名無しさん :09/02/21 14:43 ID:???
>>32
興信所問題だけどさ、森本家の記念日を狙って叩き側がアタックしているとばれている時点で、
興信所の調査内容が、悪用されているってことになる。
大体裁判の為に、その興信所の調査がばれた日には、
森本家家族記念日を狙った悪辣な攻撃のきっかけが、興信所の調査だったっつーことで
興信所が民事裁判起こされれば、まずその興信所は敗北で、数百万の慰謝料請求されるwww

その場合、その興信所は言い逃れもできないんだよ。
何故って?ネット検索をすれば、主賓が過剰なネット叩きを受けている事実
(ネットwatch板で600スレッド以上もの叩きを受けるなど)は、誰でもわかるわけですよ。
叩きを受けている側を、総攻撃するのに加担したのだったら、それは集団ストーカーへの加担ですから、
興信所の勝ち目は全くないということです。

世田谷区の一家殺人事件でも、被害者の創作アニメイベント関係者が殺される前に
埼玉の興信所に、何物かによって被害者についての調査が依頼されそうになってるんだよな。
埼玉の興信所は断ってるが、そこが断ってなかったら興信所の責任性とか偉いことになってるよ。
この文章には脈絡もなく登場する意味不明な造語「森本家家族記念日」が使われていたり、単に「責任」と書くべき所で「責任性」が自然と用いられている。この辺り、「gr」と称される者などでは到底真似できない特徴である。
文章の中身も一部の「森本叩き」なる観察者が興信所を使って「主賓」の学歴を調査することに対する恫喝であろう。
それにしても、学歴に拘ってどうする。大体、東大工学部出ていても、2ちゃんねるで叩かれているような人がいるというのに(司法試験板で話題になっている米谷達也氏のこと。最近は辰已法律研究所の所長になるとか意味不明な話が出ている)、ましてや「専修大学法学部中退」という学歴に何の価値があるのだろうか。まさか、そんな中途半端な学歴を出された所で、「森本叩き」が黙ると本気で思っているのだろうか?
それとも、今現在の境遇が大幅に変わると思っているのだろうか?
勤労意欲もなく、夢もない「主賓」は一体何を思ってそんな中途半端な学歴に拘っているのか一度聞いてみたい。
67番のレス
67 :カタログ片手に名無しさん :09/02/21 14:48 ID:???
森本自身が「専修大学法学部中退」と言っているのに、
それを嘘呼ばわりする連中が「事実だったら100万円払ってもいい」と言って、
調べるために興信所を使う、近々依頼すると言い出したのがもう3〜4ヶ月前

興信所を使った結果はどうなったんでしょうな。
結果を使って悪用しているだけでしょうな。
だって森本の「専修大学法学部中退」は事実だし。
この文中の「森本」なる者の主張は何の根拠もなしに事実となるという程の権威ある人物のようだ(フィクサー?)。普通、そういう主張が為されたのなら、証拠をきちんと示すべきものだが、「主賓」はピンぼけの写真の学生証等を例の如く室外機の上で撮影し、それを以って証拠と為したようである(参照)。尚、この学生証等は一説によると、「主賓」の弟のものと言われている。前出のように、「専修大学法学部中退」という中途半端な学歴の真偽によって、今の「主賓」の立場が変わるというわけではない。こんな器の小さい者が「神」であるとは思えない。
また、「主賓」は興信所の調査結果を「悪用」されることを恐れているようだが、具体的にどのように「悪用」されるのかは触れられていない。何をそんなに恐れているのか謎である。
79番のレス
79 :カタログ片手に名無しさん :09/02/21 14:54 ID:???
>>64
別に森本は警察に被害届を出していいんだろうが、
えっさい配下のtakeruのMSNブログにあるとおり、
えっさいやtakeruの仕切れるミリタリーオタクは350人以上もいるわけですよ。
えっさい配下のアブノーマルカーニバル&A3(異常趣味系18禁同人誌イベント)スタッフ=村正だって
watch板の森本叩きのオフ会幹事ですから、相当数の集団を操れる。

仮に森本中傷をやらかしていたえっさいや村正やtakeruなどを、
森本が警察に訴えるとしてですよ。ピンポイント撃破したところで
それら集団が後に何をするかを考えれば、森本が警察に行くのは無理ですよ。

森本によればこの案件は市内警察が対応できそうにないと、
町内のおまわりさんにまで言われたそうですからね。
警察沙汰になった後の森本家の安否に、市内警察が責任持てないレベルなんですよ。
だから森本は警察に行けないんじゃないですか?

多少はそのおつむでも理解できたかな? >森本叩き
「主賓」は「350人以上もいる」「ミリタリーオタク」に異常なほど恐れを抱いている。ならば、警察に出頭して被害届を出せというのだが、「それら集団」の報復を恐れて警察に行くことができないと、毎度お馴染みのやらない言い訳を展開している。
2ちゃんねるに書き殴ることで鎮火しようとしているのだが、「反論」のために涌いて頓珍漢な言い訳を並べて啖呵を切っているのは、火災現場で消火液ではなく、ガソリンを吹き掛けているようなものでしかない。これでは永遠に「森本叩き」を黙らせることも、「それら集団」を倒すことはできないのだが、「主賓」は全く理解できていないようだ。
86番のレス
86 :カタログ片手に名無しさん :09/02/21 14:56 ID:???
森本は公の一般やごく一般的健全なアニメコミックファンの考えを書いているだけで、
私怨で書いているのではないと思うが >>80

一般的平衡感覚を持っていれば、森本が正論だと判るんだがな
「主賓」の言う「一般的平衡感覚」とはどういうことなのだろうか?
嘗て、「森本」なる者は以下のような主張をしていた(尚、「dexiosu  ◆a.06orfw」とは「森本」なる者が使っていたハンドルネームである)。
956 名前: dexiosu  ◆a.06orfw 投稿日: 02/01/09 22:14
とにかくダッキ級の悪党のコスは
悪党と思われレイープされても仕方がない。それ位常人なら解るよ。
ポケモンのピカチュウをゲンガーが犯す同人誌にキレて、爆弾騒ぎ起こした中高生がいただろ?
全員で「許されない許されない」とかいってるけど、
正常な感覚の人間から見れば当然すぎる反応だよ。
119 :dexiosu ◆a.06orfw :02/01/18 01:36
>個撮は無くても、盗撮はしてるんだったよな?守本よ。
ンー、1回か2回位は記憶ないでもないけど・・・
レンズが大アップ撮れるものでもないし、
ハミ毛をロングレンズで狙うようなもんは撮れないだろー?
単に後ろ姿だよ。健全健全
この2つの主張を鑑みるに、「主賓」の言う「一般的平衡感覚」が如何なるものかよく分かる。要は、犯罪行為乃至はそれに類するような行為(しかも、上記主張に含まれるものはかなり「変態」の部類に近い)を行ったとしても、許容されるような場合があるということを認識するべきというのが、「主賓」の言う「一般的平衡感覚」である。このような「一般的平衡感覚」は犯罪者擁護と捉えても問題のないものでしかないが。

この後も続くが

この後も続くのだが、もう「主賓」は「森本叩き」を恫喝するためなら形振り構わず思い付きで啖呵を切っている。その度に「森本叩き」に論破されている。これの繰り返しである。
余談
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

[鉄道アイドル木村裕子]"不信任決議案"も飛び出すほどの人気!

私も一介の「鉄ヲタ」である

ハンドルネームや当ブログのタイトル、及びジオシティのホームページを見ていただければお判りのように、私は鉄道マニア所謂「鉄ヲタ」の一員である。
近年、鉄道ブームが起こり、嘗てホリプロに所属していた豊岡真澄氏を始めとする鉄道好きの女性が雨後の竹の子の如く出現した。そんな中で一際目立つのが「鉄道アイドル」を自称する木村裕子氏である。
当初は、筋金入りの鉄道マニアである南田裕介マネージャーによって鉄道マニアにさせられた豊岡真澄氏よりも、部屋にサボなどを飾っていた木村裕子氏の方が「本物」と認識されていた時期もあったが、最近は木村裕子氏こそが鉄道マニアではないということが知られる有様である。この逆転現象は豊岡真澄氏が結婚・妊娠をきっかけに引退する時期に近い頃に起こった。

遅まきながら「不信任決議案」に賛成する

さて、私としてはこの娘。テレ氏の「鉄道アイドル不信任決議案」(2008年7月21日提出)に遅まきながら賛成する。私の理由・根拠については 娘。テレ 氏の記事の内容に沿って以下にて説明する。
鉄道知識の無さ
木村裕子氏は「鉄道アイドル」を称している。そして、数ある鉄道趣味のジャンルの内、「車輌」と「制服」が特に気に入っているという。
しかし、その車輌についての知識だが、余りに杜撰極まりないものであることが知られている。有名なところでは小田急の特急電車を「パノラマカー」呼ばわりしたことが挙げられる。因みに、木村裕子氏は愛知県の出身で、恐らくは名鉄沿線の出身なのだろう。
小田急の特急電車は一般に「ロマンスカー」と呼ばれており、そのようなことは関東地方の人間なら鉄道マニアであるないに拘わらず知られている話である。これを名鉄の「パノラマカー」と混同したというのは余りにお粗末に過ぎる。ましてや数少ない女性の鉄道マニアの一員が間違うのはあってはならない話である。看板列車に泥を塗られた小田急としては忸怩たる思いだったと推察する。
しかし、今日まで、これに関する謝罪等は一切行われていない。
これ以外にも、「湘南新宿ラインの尾久で機関車交換」という鉄道マニアでは犯し得ない過ちを平気で犯している。湘南新宿ラインと呼ばれるのがどういうルートなのかはJR東日本各駅にあるポスターを見れば一目瞭然であろうに。
また、「209系全部死んじゃう」という発言もあった。確かに現在、京浜東北線の209系についてはE233系への置き換えが着々と進行しているが、南武線や八高線の209系は機器更新の上今後も使用し続けるということだし、京浜東北線の209系も全部が廃車となるわけではなく、一部は訓練車や試験車に改造されたり、京葉線への転属も検討されているという。まあ、2ちゃんねる鉄道総合板にいるような新車厨(木村裕子氏もその一員と思われる)の心の叫びともいえるが、少し調べれば分かるようなことも碌に調べようともせずに思いつきで発言してしまう辺り、痛い。余談だが、この発言の前に「仮面ライダー555(ファイズ)」の乾巧で知られる半田健人氏が「103系のような電車が好きですね」というような発言をしていた。木村裕子氏の当該発言はそれを遮るような調子で出たものである。
間違いを犯しても何ら恥じることなく次から次へとそのような発言が出る辺り、ある意味「大物芸能人」としての資質を感じる。
「鉄ヲタ=キモい」を打破どころか助長する言動
木村裕子氏のブログのタイトルは「鉄ヲタだって人間だぁ」である。木村裕子氏の持ち歌の一つにもそのような歌が存在する。
これに関して、娘。テレ 氏を始めとする鉄道マニアは不快感や違和感を持っている(他の賛同者であるsasurai-museum氏などそのことを露わにしている)。私の場合、不快感はさほどなくとも、違和感は強く感じている。
確かに、そのようなキモい鉄ヲタは存在し、私も鉄チャンのNARU氏やかにれいる氏のような類の者をよく知っている。
しかし、それは物事の一面だけを見て全体を決め付ける所謂下衆の勘繰りの類でしかない。このような乱暴な仮説を基に「我こそは鉄道オタクのイメージ向上に努める者ぞ付いて参れ!」と言わんばかりの態度を示されたら、マゾヒスト体質でない限り、その押しつけがましさに反発を覚えるのは当然のことである。
それでも、実際に横見浩彦氏の「鉄ヲタブランド化計画」ではないが、鉄道マニアのイメージ向上に努める行動を取っていれば評価はされる。
しかし、木村裕子氏の場合、そのような努力どころか、自ら痛々しい様を行動で示し、「鉄ヲタ=キモい」のイメージを打破どころか創成乃至は助長してしまっているのだから、ぞっとしない。
鉄道を金儲けの道具として使っている
これは初期の豊岡真澄氏にも言われていた話であるが、鉄道趣味を商売の道具にしているということに対する鉄道マニアからの反発である。今日では、前出のような失態・失言・醜態から、木村裕子氏についてよく言われていることである。
詳細については、件のブログの記事に譲るが、こんなことを続けていながらも唯一の「鉄道アイドル」を自称し続けられるのは商魂逞しい限りである。
要するに有言不実行が問題
木村裕子氏は嘗て所属していた事務所を「ファンとの距離を縮めたい」というような理由で出て行き、事務所に所属せずに活動していたが、最近になって、オフィス北野に所属(参照)するという終始一貫しない行動を取っている。ここまで来ると、当ブログで「ネットワーカー観察」カテゴリで取り上げているアイスピック氏などと同レベルである。
それに限らず、前出の鉄道車輌マニアなのに一般的によく知られている電車の愛称を平気で間違えたり、「鉄ヲタ=キモい」を打破するなどと称して痛々しい行動を取ったりと言っていることとやっていることが矛盾している。
このようなことばかり続けているうち、如何に何でもありの芸能界とは言えども、居場所を失うのは時間の問題であろう。
以下余談
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮・TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ネット観察]久しぶりに書いてみるのでダイジェスト

久しぶりである

もう半年近くブログをやっていないが、ネットは相変わらずの様子だ。
このブログでは初めて取り上げる観察対象を含み、近況をダイジェストしてみたい。

アイスピック氏

まずは毎度おなじみの某ヤフオクショニアから。
ヤフオクでまたトラブル
2009年1月頃、その毎度おなじみの某ヤフオクショニアはまたまたヤフオクでトラブルを起こした。ネタが古いため、詳細は古参の観察者であるfox_zero氏や新参の観察者であるさきっちょ氏に任せるが、今回の相手はかなりのクレーマー体質の落札者である。
それ故、ヤフーオークション最低最悪ともいえる泥仕合を展開したのだが、事の発端は、例によって毎度おなじみの某ヤフオクショニアが銀行への入金確認をサボったことと、発送を忘れたことである。相手が普通の人ならここまで酷い泥仕合にはならなかっただろうけど(それでも不誠実な出品者の側に「悪い」乃至は「非常に悪い」の評価が付くのだが)、クレーマー体質であるために訴訟を起こすことを匂わせる発言まで出して激しく喧嘩した。端から見るに「とっつぁん坊や」の低俗で痛々しいバトルでしかない。
年明けにクリスマスの人形劇を公開
続いては、毎度おなじみの某ヤフオクショニアが年明けになって、クリスマス頃に新宿東口にてロケを敢行したリカちゃん人形による人形劇が年明けになって公開されたという話である。
大体、2009年2月17日21時現在のトップページに「Merry Christmas!!」と記述している側で「大晦日です〜っ(へなへな)・・・って事で、」などと時節を弁えないような挨拶文が掲載されている。まあ、この人、どこか時間の感覚がおかしいところがあるから、仕方ないのかもしれないが。
今日も今日とて盛り上がる2ちゃんねるネットwatch板のスレ
その他、「コスプレ研究」なる「プチ日記」第2シーズンのようなコーナーを開設したりと変な意味でハッスルしているが故か、2ちゃんねるネットwatch板等では今日も今日とて盛り上がっているのである。日に100レス以上付くハイペースな展開となっているが、殆ど再放送みたいな内容でこっちとしては食傷気味である。
観察者も飽き始めているのか?
当ブログでは「ブログリンク(ネット観察1)」という所にその毎度おなじみの某ヤフオクショニアを取り上げたブログのリンクを張っているが、その毎度おなじみの某ヤフオクショニアの嘗ての「プログ」を始めとして、デッドリンクなどが発生している。これを機にリンクからデッドリンクとなっているようなブログのリンクを外そうかと考えている。

鉄チャンのNARU氏

さて、今度は鉄ヲタ界において、前出のアイスピック氏のような状況へまっしぐらの鉄チャンのNARU氏(自称「鉄道趣味の鉄人」)である。このNARU氏だが、2ちゃんねる鉄道総合板のスレッドを見ると、以前の「ネカマ釣り」みたいな動きが見られて、嫌な気分である。
正直、NARU氏に同情する気はないが、ああいういじめ紛いのことはやはり現に慎むべきだろう。
とはいえ、NARU氏もNARU氏である。仕事もせず、家に引き籠もってぐうたら過ごしていることは褒められた話ではない。年齢的には前出のアイスピック氏より年下だが、将来はアイスピック氏のようになることは想像に難くない。やり直しの利く内に何とか立ち直って貰いたいものだ。

山田AG氏

私は割と最近になって、弁護士に喧嘩を売った身の程知らずの世間知らずの存在を知った。それが山田AG氏である。
山田AG氏のネット活動歴は非常に長く、過去から自己中心的な言動でネットを暴れまくっていた古参のネット荒らしとして知られている。「と学会」の山本弘氏も喧嘩を売られた過去があったという(参照)。因みに、「だーす」や「AGLA」というのは山田AG氏の数あるハンドルネームの一部である。
そして、極め付けは壇俊光弁護士に喧嘩を売った挙げ句、裁判で負けたということである(参照)。因みに、この裁判で、山田AG氏は100万円の賠償金の支払いを命ぜられているが、今なおそれを履行していない。
そればかりか、ミクシなどで相変わらずのトラブルを起こしているのだから、厚顔無恥極める人物である。

山本弘氏の著書

山田AG氏と「論争」したとき、1つは宇宙に関する話題だったので、山本弘氏の宇宙に関する書籍を紹介する。

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。