2015年01月31日

[JR東日本]485系のタイフォンカバーを「接着剤」で塞いだ撮り鉄の事件

ニュース記事

J-CAST:列車の警笛装置のカバーを接着剤で塞ぐ トンデモ「撮り鉄」にJR東日本「刑事告訴も検討」
Yahoo!:<画像投稿>「JR車両にいたずら」 福島・警笛に接着剤

所感

概説
大分昔にJR西日本221系電車に落書きして器物損壊罪が適用された事件があったが、これも予想通り、タイフォンカバーに「接着剤」で固定したことにより、警笛を吹鳴する機能を損なわせたとして器物損壊罪が適用される事案となった。Twitterで写真やそれを思わせるツイートは確認されたものの、鉄道車両自体にそのような跡があったか否かまでははっきりとしなかったため、JR東日本が被害届を出すのに慎重になっていたが、その証拠が発見されたことにより、証拠が固まり、被害届を出す環境が整ったと言えよう。
犯人のツイートより
さて、この事件の犯人はすぐに特定された。「げんそーちゃん(@sasaki1911)」である。犯行声明ととれるツイートがこれである。 この後、所謂炎上となるが、この「げんそーちゃん」の開き直りっぷりが凄まじい。レスした人曰く
4日前からTwitterは自動ツイートのみに
この「げんそーちゃん」だが、以下の自動ツイートから示されるように典型的な「キモヲタ」もとい「アニ鉄ヲタ」である。 まともな「アニ鉄ヲタ」もいるだろうけど、私はこの事件以前から「アニ鉄ヲタ」というと印象の悪い人間を多く見てきた。今回の事件も私の「アニ鉄ヲタ」への偏見を深める1つの出来事となっている。
いずれにせよ、撮影のためと称してでなくても、安全運行を妨害することは違法行為である。自動ツイートの状態が続いていることから恐らくは逮捕された可能性も囁かれているが、図に乗って好き勝手やったらどうなるかを想像できなかった者の末路として、教訓とすべき事件である。

 

ラベル:JR東日本 撮り鉄
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。