2008年07月20日

[コスプレサミット]中傷受けた評論家に審査員依頼せず コスプレサミット

ニュース記事

asahi.com

所感

1年近く放置してしまった…
暫く諸般の事情により、ブログを中断してしまった。この記事で、約1年ぶりの復活となる。
牛島氏は「テロとの戦い」を強調
牛島えっさい氏というと、コスプレ評論家として知られ、また、当ブログでは「dexiosu」乃至は「アイスピック」と称する者に執拗に因縁を付けられている関係者である。
その牛島氏はブログにて「テロリストによる犯罪」であることを主張している。過去類似した事案を鑑みるに、「テロリスト」とは表現が些か大袈裟であるものの、この事件は脅迫状を送りつけたりするようなものと同一視できるものである。つまり、所謂「オタクによる犯罪」ではなく、「脅迫事件」である。
2ちゃんねる等のネット発の脅迫事件が止まない中で起こった事件
大分昔に、池内ひろ美氏の講演会を中止に追い込んだ者が逮捕されたという記事を書いた。池内氏についてはそもそもの発端が池内氏による侮辱発言(参考)であるが、それでも、脅迫して講演を止めさせるのは許されるものではなく、これも牛島氏の言葉を使えば「テロ」である。
これに限らず、近年は小学校に脅迫状を送りつけたりとか、電車の運行を止めたりとかの「テロ」事件が呆れるほど多い。
本件も牛島氏のコスプレサミットへの審査員参加を中止させたという面から考えると、この手の事件の一種と考えてもよい。しかも、池内氏の場合とは違って、牛島氏の落ち度はない。つまり、コスプレを侮辱するような発言を行って牛島氏にイベントへの出入り禁止を言い渡された者の逆恨みとするのが大方の見方である。
実行犯は誰か?
本件の実行犯だが、2ちゃんねるの事情通によると、3人ほど挙げられている。1人が「dexiosu」「れくと」「アイスピック」などのハンドルネームで知られている東京都八王子市在住の「森本」という者。もう一人が、カメラマンやジャーナリスト或いはフィクサーをも自称する「沢田」という者。残りの一人が、愉快犯的振る舞いが2ちゃんねる内外で有名な「ゲロ」と呼ばれる存在である。
私の見解では、まず、相当昔に出版社に殺人予告をしたという前科のある(参考)「森本」という者だが、実行犯である可能性は低いと見ている。それは、牛島氏を中傷誹謗する文書の送り先に名古屋市議が含まれている所である。ニュース記事の中でその名古屋市議が誰なのか触れられていないが、名古屋と縁のないような「森本」がその市議とどのように知り合ったのかまるで想像が付かない。大体、「森本」という者は警察への被害届の出し方を全く知らないような「社会童貞」などと言われているような者である。このような者が名古屋市議に接触できるとは思えない。但し、実行犯が逮捕された際、この「森本」という者が重要参考人として招致される可能性は高い。
では、残りの2人の何れかが実行犯と考えられるが、それについては情報が少なすぎて断定できない。因みに、この事件の後にも2ちゃんねるで時折、牛島氏を中傷誹謗した書き込みが見られる。実行犯は2ちゃんねらーということが考えられる。
早期の逮捕を望む
池内氏の講演会中止に追い込んだ者は既に捕まっている。その他の脅迫事件でも犯人は割と早く逮捕されている。そのことを考えると、本件でも実行犯は直ぐにでも捕まると考えられる。否、直ぐに捕まえるべきである。犯人は2ちゃんねるなどで頻繁に書き込みをしていて、アシは簡単に付く筈だから。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 困ったものです。
 首魁または共犯の容疑として名の挙がっている連中は2ch内でも嫌われている輩ですが、こういう輩がいるからネットは危険だ2chは有害だと騒がれる。
 言論の自由とは言いますが、故なく人を傷つける自由まで許されるはずはない。なのにそんな輩が未だに放し飼いになっているという事実に腹が立ちます。
Posted by Zephyranthes at 2008年08月18日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103242259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。