2006年01月23日

[仮面ライダー響鬼]悪評嘖々な最終回

評判の悪い最終回

私は大体、特撮は初回と最終回だけは見るという習慣があるのだが、先週の響鬼の最終回は見事に見逃してしまった。
とはいえ、幾つかのブログを見てみると、随分と悪評嘖々である。よって、見なくて良かったと思った。
そういえば、昨年のブレイドの最終回も見事に見逃していたが。

正統なヒーローへの原点回帰になるのか?

次の仮面ライダーシリーズ(仮面ライダーカブト)は甲虫モチーフで、如何にも「ムシキング」人気に肖りましたという雰囲気が否めなく、正統派ヒーローに原点回帰するのかと思ったが、公式HPの予告を見る限り、仮面ライダーファイズっぽくなりそうな雰囲気である。
また、人間に化けているワーム(カブトの敵)の幹部とか出るのだろうか?また、ZECT(カブトを開発したワームに敵対する組織)と戦うことになるのだろうか?
ファイズはそれなりに良かったが、だからといって、ファイズの焼き直しだけは勘弁願いたい。
「ムシキング」世代(=子供達)を無視せず、正統派ヒーロー路線となることに期待したい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮・TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。