2006年05月15日

[民主党]独眼流党首小沢一郎

今日書店で

幸福の科学という宗教団体の系列出版社の総合誌「the Liberty」なるものを読んだのだが、その中に今度民主党党首になった小沢一郎を評した記事があった。

小沢一郎と伊達政宗に何の共通点があるのか?

その記事の後半にはどういう訳か、独眼流伊達政宗と比べたような記事があったのだが、大体、東北地方の出自があるということ以外に両者には共通点がない。

伊達政宗は江戸時代のキングメーカーか?

もし、小沢一郎の前世が伊達政宗なら、伊達政宗は江戸時代初期、今で言うところの「キングメーカー」的な立場にあり、裏で政治を動かしていたことになる。そのような話は寡聞にも聞いたことがない。何故なら、伊達政宗の立場は数ある大名の中の一人に過ぎなかったから。
「the Liberty」は、小沢一郎は野党的だといっていたが、とんでもない。田中角栄・野中広務なき後、政界を裏で操る「キングメーカー」たる人物こそ、小沢一郎なのであるから。

野党的な独眼流の生まれ変わりは与党的な闇将軍だってさ(一笑)

純ちゃんにパクられた角サンの2番煎じのマニフェスト



posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。