2006年06月10日

[仮面ライダーカブト]ガタックゼクターに選ばれし者は…

5人目の新ライダー登場!

Hyper Hobbyによると、5人目のライダーとして、仮面ライダーガタックなるものが登場する。映画でも登場するのだが、本編のレギュラー登場人物が変身するので、恐らく、TVの方でも登場するだろう。

変身するのは加賀美新!

驚くべきことに、ガタックゼクターに選ばれし者となるのは、何とカブトの登場人物で唯一の「常識人」である、加賀美新である。正直、驚かされたのだが、加賀美は過去、ザビーゼクターに選ばれし者ともなっており、ゼクターに選ばれし者となる資質は元からあるのだろう。
ザビーの時は自らザビーゼクターを捨てたのだが、今度はどうなるのだろうか?ザビーに続いて、ZECT所属ライダーとなることや、雑誌情報によると、カブトに匹敵するパワーがあるといわれており、最強のライバルとしてカブトの前に立ちはだかるのかも知れない。

ガタガタのカブタックになるのか?

カブト同様、専用のバイク(ガタックエクステンダー)が用意されていたり、二刀流の剣があったりするものの、変身するのが加賀美新だから、何処かのブログにあったように「ガタガタのカブタック」になってしまいそうだ。
ただ、仮面ライダーカブトは、成長し終わったヒーロー天道総司と成長しているヒーロー加賀美新の対比で描かれており、最終話辺りでは、カブト対ガタックの対決が描かれるのかも知れない。

2本あったベルトの謎

初回で加賀美が装着していたもう一本のベルトだが、実はあれこそがガタック用の変身ベルトだったのではなかろうか。ガタックはカブト同様の変身ベルトを有しており、ゼクターの装着方法もカブトと同様である。初回から加賀美がマスクドライダーシステムを使う伏線が描かれていたということなのだろう。

序でに

嘗て「2ちゃんねる特撮!板」にて「でおす」なる固定ハンドルで書き込んでいた者がいたのだが、特撮マニアの端くれらしくカブトについての記事を書いている。「でおす」なる者のブログはコメントはおろか、トラックバックすら受け付けないため、この記事の中にて、インラインで返答しておく。
所感に正解も不正解もない
感想文に当たる部分は基本的にツッコミを控えておく。しかし、
だけど結局神代は金と引き換えにワームを倒しているわけで、冒頭に警察官が死んでいった時にも顔色一つ変えなかった所から見ても、かなり天道とは思考を異にしている。・・・って所から話に入れれば視聴者としては正解なのか?
などと、たかが一個人の感想文如きで正解・不正解を問いかけるのは無意味である。まあ、この者の場合、2ちゃんねるで「我々とは違うものと見ている」などと言われがちであるため、「でおす」なる者が敵対している筈の2ちゃんねるの連中に擦り寄ろうとしているのかも知れない。
天道と神代の比較話が教訓話?
続いて、
子供は「天道と神代と、どっちが偉い?」って事を通じて教訓話的なテーマが伝わればいいって感じなんだろう。ていうか最近ライダーには教訓話が多いのだが。子供番組だから当然か;
と書いている。文末に「;」を付けるC#のサイトの管理人の書き癖のパクりはともかく、私から言わせれば、仮面ライダーカブトは子供向けの番組とは言い難い(参考)。それに、天道にせよ、神代にせよ、子供達に範となるキャラクターとは程遠い。そんなヤクザみたいな連中ばかり出てくる任侠特撮に子供向けの教訓話みたいなのはない。リュウケンドーの方が余程子供向けに作られているし、教訓話が多いと思うが。
ガタックってレディーゴールドみたいな顔をしているのか?
リュウケンドー序でに言うと、ジャマンガの新幹部レディーゴールドは真っ黒いどこか仮面ライダーっぽいマスクを付けているのだが、「でおす」なる者によると、ガタックの顔もそれと同様らしい。曰く、
でもやっぱガタックのミソはクワガタの角の付け方と展開方法と、マスクドフォームの顔面がアンデッドみたいに黒い所なんだけどね。特に顔面黒いのは異色だし。
2回に分けて「黒い」を強調しているのだが、実際にHyper Hobby誌を見てみると、レディーゴールドとは凡そ似ても似つかない雰囲気である。ガタックの色的にはカブトの青と赤を反転させたような感じで、マスクドフォームもライダーフォームも目の色がカブトの青に対して、ガタックのは赤となっている。何を見間違えれば、ガタックは「顔面黒い」と言えるのだろうか?理解不可能である。
悪役面か?
更に
でもフッと思うのは、ガタックのデザインに僕の過去描いたものが少し入っているとすれば、多分「悪の秘密結社のライダー」としての要素として多分に入れてみせてくれたのかもしれないわけで、ガタックがそういうライダーだったら、結構自分としてははらはらする展開が今後の「カブト」には待ちうけてたりするんじゃないか??とか思ったりもするわけです。(・・);
とあるが、毎度お馴染みのパクられ妄想はともかく、ガタックに「悪の秘密結社のライダー」というのは全く感じられない。カブトのライバルキャラにはなりそうだが、響鬼役の細川茂樹氏自身が「悪役みたい」と言っていた響鬼に比べるとガタックは寧ろ正統な仮面ライダーのデザインである。少なくとも「ガタック」という「ガタガタのカブタック」と言われかねないようなネーミングと変身者(加賀美新)のキャラクターを考えると、ガタックは悪役っぽさはゼロである。
追伸
因みに、この「でおす」なる者は今、下北沢の稀覯書などを取り扱っている店の店主にストーカー的に絡んでいる要注意人物であることを付け加えておく。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 特撮・TV・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

電波警報発令:不愉快指数急上昇中1
Excerpt: 6月5日エントリ「カブト19話」下の追記部分です。 http://spaces.msn.com/nectaful/blog/cns!AA6E9477F3628E9E!2673.entry  >※追:..
Weblog: ステルスミッション#0
Tracked: 2006-06-10 21:04


Excerpt: ・・[子供番組][映画]いつものように今さらの話題だけど、電王の映画を観たぞ・おすすめのデザインDVD「ウゴウゴルーガ」・[仮面ライダーカブト]ガタックゼクターに選ばれし者は…・ベタは最強のベター・ ..
Weblog: みおの記録
Tracked: 2007-08-26 07:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。