2006年06月15日

[都電]荒川線で追突事故

ニュース記事

Yahoo!

所感

結局のところ、現場でのコミュニケーション不足が事故の原因である。保安装置云々とか言っているマスコミは単に鉄道に対する知識が著しく不足しているだけであるので、気にはしないように。
でも、LRT向けの保安装置は考えた方が良いかもしれなさそうが。ポートラムとか、単線だから、下手すると正面衝突とかあり得そうだし。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

東京都 荒川線で追突事故
Excerpt: 昨日の件になってしまうのであるが昨日、都電荒川線で営業運転中の電車が試運転中の電車に追突するという事故があった。 怪我人は出たものの、死者は出なかったのが不幸中の幸いである。知らされていなかった試運転..
Weblog: tomocky@岡山急行電鉄のブログ
Tracked: 2006-06-15 00:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。