2006年06月17日

[村上ファンド]阪急のTOBに応え、保有株を全て手放す

ニュース記事

Yahoo!

所感

村上世彰氏の逮捕で、すっかり大人しくなってしまったM&Aコンサルティングであるが、阪急側の示した価格通りに株を譲渡するようだ。
私は村上ファンドを批判してきたが、ゴリ押ししなくなった村上ファンドは何とも切なく寂しいものがある。今後暫くこういう連中が出てこないとなると、日本は「平和」な過去の時代に戻るのだろうな。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。