2006年08月06日

[大阪女性監禁事件]顔文字メールじゃ緊迫性を感じないのは当然

ニュース記事

Yahoo!

所感

顔文字メールを用いた緊急連絡は意味を成さない
秋田のあの事件に絡んで、またも警察の軽挙妄動かと思われるが、全く違う。友人宛であることはともかく、所謂「顔文字」を使ったメールを被害者が送信していたことに問題がある。そもそも、「顔文字」は戯けたような内容の文面で使われるのが一般的である。緊迫している状況や、謝罪しなくてはいけないような状況で用いるのは、極めて非常識であると言わざるを得ない。
そういえば
この件で少し思い出したのだが、謝罪の内容でもあるにもかかわらず顔文字を使って戯けた調子でいる文面を書いた特に一人のYahoo!オークション出品者を私は知っている。確か、kohji_moli_00とかいうようなYahoo!IDの人だったと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。