2006年10月13日

[北朝鮮]北核実験"もう1度証明する"&北"日本の制裁は厳しすぎ"

ニュース記事

livedoor
livedoor

所感

「経済制裁は宣戦布告」とは兵站能力の無さを匂わせるフレーズ
北朝鮮は以前から経済制裁は宣戦布告とみなすという言葉を繰り返した。如何にも強がりで挑戦的な発言の目立つ北朝鮮だが、ここまで挑発しているということは、相手方(即ちアメリカか日本)の先制攻撃を狙っているとしか言いようが無い。
つまり、如何に「経済制裁は宣戦布告」と喚いていたが、いざ経済制裁が発動しても、北朝鮮は自分から先制攻撃に出る可能性は現時点では低い。
しかし、北朝鮮が痺れを切らしたとき或いは、アメリカが先制攻撃を加えたとき、北朝鮮が日本に対してミサイルを撃ち込まないという保証は無い。
また、北朝鮮は国内経済状態が悪く、軍隊の兵士にまで食糧が行き届かない状況である。そのため、北朝鮮に対しては持久戦の姿勢で臨まなくてはいけない。
「日本は無い」の田麗玉氏も詰る韓国の対北政策
韓国メディアに北朝鮮のスポークスマンが出たことに対し、
どうしてKBSが北朝鮮を“われわれ”と称する人を公営放送に出演させたのか。これは対南左翼化放送であるといえる
と詰った。韓国の対北政策の甘さは全国民レベルで批判の的になっている。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。