2006年10月17日

[中国]北朝鮮からの投資を引き上げる

ニュース記事

livedoor

所感

中国は北朝鮮とは盟友関係にあったため、かなりの経済投資を行ってきた。しかし、北朝鮮の核実験でメンツを潰された中国はこうした投資マネーを引き上げる方針を採り、中朝関係は一気に冷え込み始めた。
尚、人道支援は従来通り続ける方針である。これは北朝鮮に6カ国協議のテーブルに着かせる施策である。
北朝鮮に贅沢品の販売は禁止しても、人道支援を止めるのはどうかと思う。ただ、北朝鮮に対する人道支援を頑張っても、金正日政権のせいで上手く行き渡らないというのが辛い。北朝鮮の一般民衆が救われるためには、やはり金正日政権を打倒することが必須なのだろう。
ラベル:中国 北朝鮮
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。