2006年10月19日

[教育]隠蔽体質を促進しているのはマスコミのせい

ニュース記事

livedoor

所感

一昨日、こういう記事を書いたが、事勿れ主義の日本人はあれこれ騒ぎ立てられると煩く感じて気が休まらないのだろう。とはいえ、現場で起こっていることを隠し通すと、やがてセンセーショナルな形で事件が起こってしまう。マスコミの過剰取材が起こらないようにするには普段から開けっ広げにしてしまえば良いが、危険を取らずに避けたい内気な日本人の性質もあり、そう簡単にはいかないのが辛い。
まあ、これは学校に限ったことではないので、全国民的な問題と言える。畢竟、全国民的に内気な性格を直さねば根本的に解決できないのだろう。
以下、この前の福岡県で起きた自殺事件に絡んだブログの記事を追加で紹介する。

他のブログの記事

福岡・中2いじめ自殺「小5からいじめ」
こちらはこの前の福岡県の自殺した少年についての追加情報の記事である。
小学校の頃から既に虐められ始めているということを考えると、所謂いじめられっ子体質を持っていたのかもしれない。一部ではいじめられっ子の社会性涵養について検討しているブログもあったが、このブログで以前取り上げていたdexiosu森本浩司氏がいるのだが、この者も随分と虐め抜かれた過去がある。しかし、虐め抜かれたが故なのか元々なのかは知らないが、社会性が一切育たず、昔ならチラシで今ならブログやホームページ、2ちゃんねるなどで自分の「事実」と称した妄想を書き殴っている(果てには、牛島えっさい氏などに対する名誉毀損で訴えられようとしている)。これは極端な事例であるが、いじめられっ子の社会性を育てることを怠るとこのような災禍を起こす危険が高くなることが言える。いじめられっ子の社会性涵養を如何に行うかがこれからの課題といえよう。
いじめは人間の本質か
ここのブログは他の記事を見てみると、殆ど批判のための批判と取れるような記事ばかりが目に付く。こういう建設的な提案のできない虚無主義的な批判は百害あって一利なしである(所謂左翼マスコミの報道姿勢に似ていて気分が悪い)。
前振りはさておき、唯物論的な視点の筆者であるが、いじめは本能であるという考えに異を唱えていることは分かる。しかし、唯物論的な思考ゆえ、異を唱える所で止まってしまっている。人間は本能の呪縛から解き放たれているというのなら、それは何故か見えてこない。私から言わせれば、それは人間の持つ神性であると考えているが、唯物論者には神としての性質を理解するのは難しいようだ。だから、歯切れが悪い。
批判ばかり続いたが、要は人間は動物とは違うので、人間は本質的にいじめをしないということが言いたかったのだろう。しかし、人間の持つ神としての性質が理解できないと、このアプローチでのいじめ批判は無理がある。
【福岡・筑前】中2生徒自殺、いじめ教師の素顔暴露?
こちらの記事は週刊誌の紹介だけである。
いじめを助長した教師は確かに悪い。しかし、悪人だからといって、完膚なきまでに叩いていいものだろうか?ここまで来ると、これはマスコミによるいじめであると認識せざるを得ない。
筑前町三輪中の馬鹿教師が入院
さて、問題を起こした教師であるが、この事件が起きてから体調を崩したという。こういう記事が出てきたのは例の教師が生徒を仮病呼ばわりしたツケなのだろう。ただ、如何に憤りを禁じえなくとも、このような罵倒は正当化できない。こういうのも一種のいじめであると認識せざるを得ない。
イジメ問題は先生の力不足
こちらでは、他の地域での学校教師の問題行動を論ったもの。それを考えると、福岡の教師は数ある問題教師の一人に過ぎないのだろう。
教師というのは本来、未熟な子供たちを正しく指導する立場にある。自らを律し得ない人間がどうして、子供たちを導くことができようか。
教育基本法の趣旨は「個性の尊重」だが、現状はいじめが頻発して個性の尊重どころか個性の毀損ばかりが行われている。教職免許の取得においてこの趣旨を遵守できないような人はどんどん落としてもらうようにするべきである。教育基本法の改正より、教職免許制度の見直しこそが急務であろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もトラックバックをして戴き、有難う御座いました。今後ともお気付きの点があれば、ご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。
Posted by w1919taka at 2006年10月19日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

筑前町三輪中の馬鹿教師が入院
Excerpt:  中2が自殺する原因となった馬鹿教師が精神的ショックで入院したという笑える話が報じられた。 そういう都合の良いところだけ人並みだったんだ。
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-10-19 22:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。