2006年10月23日

[教育]週刊誌回収嘆願&揺れる地元&苦情の電話殺到

ニュース記事

goo
goo
goo

所感

週刊誌回収嘆願
自殺した生徒の父親が実名を掲載した週刊誌に対し、抗議をしている。因みに、この雑誌では生徒を罵っていた教師の実名も掲載されている。
揺れる地元
いじめを助長した教師はともかく、無関係な人達にまで、苛烈な報道合戦による疲弊で気を病む人が続出している。父母会などでは取材拒否カードの配布などを行っているが、取材拒否することが事件再発防止に役立つか疑問視する声もあり、地元は難しい対応を余儀なくされている。それにしても、センセーショナルに取り上げるだけのマスコミは本気でいじめの問題を正す気があるのだろうか?
苦情の電話殺到
学校等に抗議の電話が殺到している。ここまで来ると、完全に嫌がらせである。本当にこの事件を重大に考えているのなら、このような行動は慎むべきである。これでは誰がいじめっ子なのか分からなくなるし、誰が被害者なのか訳が分からなくなる。問題意識があるのなら、短絡な行動に訴えないようにして貰いたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。