2006年10月23日

[コラム]政治家は大変なんです!

木村剛氏のブログより

木村剛氏のブログには興味深い記事が幾つかあるのだが、この機会に1つ取り上げてみたいと思う。

伊達に収入高い訳ではない

政治家(特に国会議員)の収入は一般庶民の収入に比べて非常に高いと言われているが、よく考えてみると、選挙で当選しない限り、政治家としての仕事はできないし、当然収入も得られない。これを考えると、政治家としての身分を得、責務を果たすには、衆議院や地方自治体の選挙なら4年で、参議院なら6年で必ず選挙で有権者からの洗礼を受けないといけない大変な仕事である。倒産・リストラや自ら割って出るようなことがない限り身分と収入が保証されているサラリーマンとは訳が違う。

竹中平蔵氏が任期半ばで参議院議員を辞めたのは選挙戦が辛いから?

以前、竹中平蔵氏が小泉内閣総辞職に伴って参議院議員としての地位も擲ったことが話題になったが、元々学者だから選挙運動のようなことをするのが辛かったのかもしれない。とはいえ、選挙運動が辛いのならば、何も任期途中で辞める必要はなかった筈。そうなると、竹中氏辞職の原因は選挙運動が嫌だからということだけでは説明できない。
それにしても、政治家は定期的にマイクを持って声を張り上げなくてはならないのだから大変だ。私にはとても無理である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。