2006年10月30日

[ソフトバンク]携帯電話のシステムトラブルに対する杜撰な対応で不興を買う

ニュース記事

livedoor
goo
livedoor

所感

スキャンダルの続くソフトバンク
ここ最近、ソフトバンクに絡むスキャンダルが続発している。意味不明な新料金プランから始まり、裏金及びそれから拠出された政治献金の問題、そして、MNP(番号ポータビリティー制度)に絡むシステムトラブルと、話題が絶えない。
システムトラブルの杜撰な対応に同業他社が呆れる
今回のシステムトラブルで、原因をシステムのキャパシティのせいにしているが、大体、派手に宣伝しておきながら、その効果に見合っただけのキャパシティを確保しないのが悪い。ソフトバンクから他社に流れるのが多いのか、或いはその逆のためなのかは別としても、あれだけド派手な宣伝及びスキャンダルを起こされては、アクセスが殺到するのは火を見るよりも明らかな筈である。ましてや、日本人は煽動に乗りやすい気質が強い。これからして、ソフトバンクへのアクセスが集中するのは当然ではなかろうか。MNP絡みで何のトラブルを起こさなかったKDDIやNTTドコモが呆れるのも首肯できる。
ソフトバンクは携帯電話事業から撤退せよ
Yahoo!BBという評判の悪いブロードバンド通信があるように、ソフトバンクは通信事業の掟も分からぬまま、強引に通信業界に殴りこんでしまった感じが否めない。これを考えると、ソフトバンクに通信事業者としての適格性は固よりなかったと思われる。早晩、大きな通信事業でトラブルを発生させれば、SBIグループ全体に悪影響を及ぼしかねない。通信業界の掟を知らずに無理やり通信事業を始めたソフトバンクには傷の浅いうちに通信事業から潔く撤退して戴くことを願いたい。これが、通信業界及び利用者からの願いであると、私は考える。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。