2006年11月17日

[教育基本法]衆院予算委通過す

ニュース記事

msn

所感

衆議院の予算委員会で可決された程度で既に決まったかの如く吹聴するマスコミには呆れるが、その衆議院予算委員会では議論が平行線のまま、強引に「数の論理」で押し通したような雰囲気が否めない。この国に如何に民主主義というものが定着していないか如実に分かる(大衆のエゴが傲慢な政治家を生んでいるという現実を全ての日本人は直視せよ!)。
小泉政権の頃は未だ、国民の多くが「納得」した形で郵政民営化が進められたが、今回の教育改革は国民の多くが反対している。大体、「愛国心」云々は中国の反日運動辺りが影響して一時的に盛り上がったに過ぎないというのだが。その本質を見誤った安倍晋三氏及びその他の閣僚達には今すぐ総辞職して戴きたいものである。
蓋し、安倍政権は小泉政権の猿真似を試みて、失敗しているのだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。