2006年12月11日

[ネット観察]キナ臭い動きが目立つ今日この頃

キナ臭い動き:池内ひろ美氏

以前取り上げた池内ひろ美氏周辺が異様にキナ臭い動きが出ている状況だが、2ちゃんねるでの騒ぎっぷりをみると些か異常とも思えるものがある。ただ、池内氏のしてきたことにも原因があるので、ここは五分と五分の勝負か。

キナ臭い動き:佐藤栄学園関連

以前、「佐藤栄学園応援ブログ2」について取り上げた。今でも相変わらず、超短文の無意味記事を殆ど毎日書き込んでいる。そして、相変わらずコメント荒らしを受けている。懲りない人である。
その一方、「佐藤栄学園被害者の会-7億円脱税・裏金10億円・生徒虐待-」というブログで内ゲバのようなことが起きた。経緯は当該ブログの管理者が佐藤栄学園を批判したチラシを配るということで、常連から反発を受けたことにある。この反発に対し、当該ブログの管理者は耳を傾けず、強硬な態度をとったことがきっかけで、「佐藤栄学園被害者の会のここがおかしいし、あの管理人もちよっと変?」という反・反佐藤栄学園ブログが誕生した。
確かに、佐藤栄学園については教育方針等での反発が多い。しかし、それを理由に批判チラシを配るのは、ある意味営業妨害と解釈されてしまう。余談だが、以前取り上げた米谷達也氏も嘗ての職場(SEG)を非難する旨のチラシを配ったことがあるという話がある。これも事実だとすれば、立派な営業妨害である。
とにかく、佐藤栄学園関連は私のような部外者があれこれ取り上げるべきものではなくなりつつあるようだ。

キナ臭い動き:アイスピック氏

ここ最近、アイスピック氏がかなり慌しい様子で、「プログ」の更新と「D-P」なるサイト(URLは大手町博士氏のブログ参照)の移転に余念がない。アイスピック氏は「警視庁に連絡」したというのだが、広報課にメールを宛てただけに過ぎず、被害届は出していない。2ちゃんねるで「叩かれている」というのなら、広報課にメール出すより、最寄の警察署に出頭して被害届の書類を提出するべきだろう。
因みに、昨日の「行列のできる法律相談所」にて、OLの見た目で周りより明らかに劣った評価を公表した場合、侮辱罪が成立するという意見が北村晴男橋下徹両弁護士から出ていた。つまり、侮辱行為は立派な刑法罰を構成するということである。アイスピック氏も是非牛島えっさい氏他を相手に訴訟を起こすなり、警察に出向いて被害届を出しに行ったりするべきである。
ネット上でブシャブシャ駄文を書き連ねたり、警察にスパムメールを送り付ける方が利敵行為になるということをよく知るべきである。何しろ、相手はアイスピック氏に対して本気で法的措置を考えているのだから。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。