2006年12月18日

[公明党]目黒区などで政務調査費を私用に充てる事件が発覚

ニュース記事

msn
msn

所感

先月末の話題を今頃引っ張ってきてもしょうがないかもしれないが、地元でのニュースということで遅蒔きながら取り上げる。
事の発端は
目黒区の公明党所属区議会議員6名が政務調査費をカーナビ購入など私用目的で流用していたことで、6人とも議員を辞職したということである。更には区議会議長も「抱き枕」購入に充てたとして、議長を辞したという。
政務調査費がどういう趣旨で渡されたお金なのかを理解していないのが嘆かわしい。まあ、カーナビは政務調査目的で使うのに不可欠だと主張して正当化する途もあったのだが、四の五の言わずに辞職するとは潔いというより、逃げ果せようという肚かもしれないが。
特異な政務調査費の再分配システム
法務博士論文」というブログで、本件が取り上げられており、結構冷静な分析がされているので取り上げてみる。
公明党では、議員が受領した歳費は党に一旦納め、その後改めて分配されるシステムになっている。
普通、政務調査費などは議員個人に対して支払われるものであるが、公明党などは議員個人に渡された歳費を党に納めて再分配するというシステムのようである。但し、決済は議員個人に委ねられているので、歳費について、党は再分配のみを行っているのに過ぎない。そのため、私費流用に対する監視ができている訳ではない。
何故か沈黙の共産党
前述のブログは
公明党以外に、同じような収入システムを採っている政党が共産党である。いつもなら、あの手のスキャンダルが起こると、あちらこちらで共産党が元気に追及の火の手を上げるはずだが、今回は不思議と積極的ではない。なんでだろう・・・
と共産党の動きについて訝しく思っている形で結んでいる。確かに、共産党は今回の件について目立った動きをしていない。特に、犬猿の仲とされる公明党のスキャンダルというのにだ。不思議かもしれないが、共産党議員の中にはこうしたことを追及されることを恐れている人もいるのかもしれない。それ故、身動きできない状況だと思われる。
辞職した議員の中に
目黒区議会議員を辞職した6人の公明党議員のうち、小林国夫という人は私の幼馴染が積極的に支援していた人で、その幼馴染とともに中目黒で前回の区議会議員選挙のとき、1度だけ見たことがある。
私は公明党や創価学会の関係者とかではないが、小林国夫氏を支援していたその幼馴染は今度の統一地方選挙でどうするのだろうか?
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。