2012年11月23日

[アイスピック]2ちゃんねるは「軋轢」に支配されているそうです

コスプレ研究の第一人者だそうです」にインスパイアされてか

れくと」氏の「変身サイボーグ」を扱ったページ「サイボーグな日常」が更新された。
ここ最近はトップページの時事関連の記事を無駄に更新していたが、漸く本来のコンテンツを更新した模様である。

匿名の電話によるタレコミを嬉々として記載

「2012_11/21」に「れくと」氏にタレコミの電話があった模様。電話を掛けた人は「れくと」氏に名前を名乗らなかったという。
しかし、「れくと」氏はそんな怪しい電話の内容を「ていうか、あんまりこういう事は書きたくないんだけど、」などという書き出しでありながらも嬉々として記載している。概要は以下の通りである。
  1. ある「サイボーグ系やってるらしき人物」を(Yahoo!オークションの)ブラックリストに入れているか訊かれ、入れていないと回答
  2. その「サイボーグ系やってるらしき人物」のオークションの出品物に「れくと」氏は入札できない
  3. マニア間(派閥)で軋轢あるのは当然の事
  4. 集める集めないについて、「れくと」氏は自分の記憶にあるのか否かで決めている
  5. 文章よりは伝聞の方が面白い
「れくと」氏はある「サイボーグ系やってるらしき人物」のYahoo!オークションに欲しいアイテムがあったが、その出品物に入札できないことを訝しがり、上記のような珍妙な陰謀論に辿り着いた模様。
まあ、最近、入金を督促されるような事態(参照)があったばかりであること及び、今後も繰り返すであろうと見られて予防的措置としてブラックリスト入りされた可能性が高いと思うが、自分の思い通りにならないことがあると、陰謀論に答えを見出そうとするのは「れくと」氏のような社会性の低い連中に見られる共通した特徴である。

更に続きがある

記事は一旦、途切れるが、同じ「2012_11/21」の記事に話が続く。概要は以下の通りである。
  1. 「れくと」氏は変身サイボーグはオリジナル系はひとしきり集めたので小康状態が続いている
  2. しかし、欲しいものもまだある
  3. 固執していないが、Yahoo!オークションを検索していても見つからないものが多々ある
  4. とはいえ、1号の超人セットも揃ったし、ワルダー系も頑張ればいつでも何とかなる
  5. 他の熱いジャンルもあるので、そっちにスイッチ入ると手に負えなくなる
  6. 「そんなもんが今頃欲しいなんて今まで何やってたの?」とか聞かれそうなアイテムばかりが未入手
  7. しかし、「珍しい箱で欲しい」とかやってるため、はかばかしくない
  8. 「れくと」氏は変身サイボーグに限らずもっと全般に集めたい
  9. しかし、万年金欠病のため難しい
  10. 「れくと」こと「森本コウジ」氏はアニメ漫画ファンで音楽ファンで映画ファンで美術芸術系ファンだった
  11. 玩具に関しては中学生時代には一旦足を洗った
  12. 知ってるかオタクかは違う。即ち成田教室生徒だからって怪獣オタクとは限らない
  13. その辺の認識のズレに悩まされた
  14. ブームはアマチュアが支えてるものである
  15. ほぼプロのオタクだの編集者だのブームの仕掛け人だのが得を出来て情報制御できる状態になるとブームは終わる
  16. ワンフェス開催中のビックサイトのエスカレータ事故の被害者は一般入場者ではなく招待客である
  17. 軋轢派閥については、ワンフェスというかトイフ●ス系のオタクの方が大変な状況であり、ドール界も同様
  18. その手の軋轢が2chのオタク板を支配している
  19. 玩具板特撮板は言うに及ばず、人形板アニメ作品単独板同人イベント板コスプレ板、エロ系板に至るまで全部軋轢加えるオタク派閥のオンパレードである
  20. 「れくと」氏は価格やブームを支配することはできないし、する気もない
  21. 某オタクチェーン店で「うちのスタッフはいくらでも市場価格操作できるスタッフが揃ってますから…」と女の子に言われた時は爆笑したが、それは当然の事である
  22. 市場価格操作の事例として仮面ライダーオーズのオーメダルが挙げられる。番組終了直後からガンバライドで使えなくなって世の子供達は泣いた
  23. 即ち、アストロスイッチやウィザードリングもその年限りと思うから諦めがつく
  24. 「れくと」氏同様、ブームが要らないって人も多い
  25. コレクターが天涯孤独でも「おもちゃ集めは楽しい」という肯定的なイメージを捨てたくない
  26. 「れくと」氏の場合はブームが去っても特にアイテムを手放す気はない
  27. スイッチ入るかどうかはアイテム次第
  28. しかし、初代リカちゃん系に嵌っている訳ではなく、大金投入してくる落札者のためやりにくくなっている
  29. 大事なお金でこつこつ集めるのを楽しんでいる人は大勢いるので、「れくと」氏としても出品する場合において、そうした人のために配慮しているつもりである
  30. 最近疲れが激しいのでミス出品する時もある
  31. しかし、それはわざとではない
こうして箇条書きにして纏めてみて思うことは、「れくと」氏は頭の中にある言葉をダイレクトに吐き出して漫然と並べているだけと言うことである。
一応、話の流れとしては
  1. 変身サイボーグの欲しいアイテムがなかなか見つからないのはブームが去った所為である
  2. 変身サイボーグのブームを終わらせたのは「プロ」である
  3. オーメダルやアストロスイッチ、ウィザードリングは継続されないから手を出すべきではない
  4. 「れくと」氏はブームに動かされるミーハーどもとは訳が違う
  5. 「れくと」氏のオークションの出品物は安心価格設定である
ということだろう。その挿話として広く浅くのコレクターを目標としたいが金欠病のために難しいとか、2ちゃんねるは「軋轢」に支配されていて、「れくと」氏は相手にされないなどが話の流れを遮るように配置されている。

現実はどうか

取り敢えず、「れくと」氏は「変身サイボーグ」のコレクターの1人ではあるが、公式情報を否定し、自らの記憶それもあやふやな記憶や伝聞に頼るという身勝手な性格である。それ故、周囲との軋轢を起こすのであり、間違っても「れくと」氏の「正しい情報」を封殺しようとしている訳ではない。
2ちゃんねるネットwatch板に記念すべき最初のスレッドが立ってから10年経とうとしているが、「れくと」氏は一向にそれを認めようとはしない。それは「その手の軋轢が2chのオタク板を支配していると思っていい。玩具板特撮板は言うに及ばず、人形板アニメ作品単独板同人イベント板コスプレ板、エロ系板に至るまで全部軋轢加えるオタク派閥のオンパレードです。」という主張に表れている。
陰謀論を振り翳し、反省することを頑として拒否する「れくと」氏の面目躍如である。

おまけ

細かいツッコミであるが、「れくと」氏の文章は「である調」を基本にしながらも「ですます調」や「話し言葉」をごちゃ混ぜにしており、物書きとしての基本が守れていないことを付け加えておく。

変身サイボーグはYahoo!オークションでもamazonでもいっぱい売っています


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。