2005年05月08日

[アイスピック]「交渉人 真下正義」を見て

若干のネタバレを含むが

劇中で地下鉄車両暴走をさせている犯人を「社会との接点が少なく、自己顕示欲が強い」などとプロファイリングしていた。2ちゃんねるなどで話題になるような所謂「電波」や「厨房」などによく見られる特徴であるが、私が観察している誰かにそっくりな特徴だと思った。その誰かとは、他ならぬdexiosuなる2ちゃんねるの固定ハンドルで知られるアイスピック氏である。

世間を騒がせたいだけで犯行に及ぶ

劇中の犯人の犯行の動機は単なる自己顕示のためだという。最近、尼崎の事故を受けて、線路に置き石をしたという人が捕まった。犯行の動機は「有名になりたいから」だという。ここ最近、売名のために犯罪を犯す人間が跡を絶たない。
これは私の推測であるが、アイスピック氏もまた、売名目的で、他人を中傷誹謗しているように思える。事実、アイスピック氏はネットデビュー以降、以下のような出来事が起きている。
  • アイスピック氏の同人作品をパクられたなどと称して、CLAMPをストーキングした挙げ句、「法的措置」を受ける(アイスピック氏は内容証明郵便を送り返したという)
  • アイスピック氏が熱烈に存在を訴えていた赤色のキングワルダー3世(当時品)の存在を製造元の株式会社タカラに否定される
  • 自主製作映画を製作している土方綺麗氏がアイスピック氏の自宅を直接訪問
代表的なもののみを取り上げたが、何れもアイスピック氏の妄言が引き起こしたものに他ならない。

認知されない苦しみが生み出す売名犯罪

アイスピック氏は恐らく、幼い頃から親からも冷たくあしらわれ、友達は殆どいない状態が続いていた可能性が高い。それ故、人付き合いの仕方が下手で、そのくせ、自己顕示欲が増大している状態になっている。こういう人を「アダルトチルドレン」と片付けるのは如何にも楽であるが、誰からも認知されないが故に、売名のためなら犯罪行為を厭わなくなる。
つまり、アイスピック氏のように、人付き合いの下手で自己顕示欲ばかり増大している輩は売名犯罪を起こすのである。
劇中の「弾丸ライナー」や置き石の人、そして今尚コミケなどに対して中傷誹謗を繰り返すアイスピック氏はこうした「認知されない」苦しみを味わった哀れな人達である。
人間は認知動物であると、何かの犯罪心理学のページで見たことがある。人は飢えると腐った飯でも貪り喰らう。認知に飢えた人間は、他人に認知されるためなら犯罪を厭わない。
つまり、アイスピック氏が他人を口汚く罵るのは、線路に置き石をしたり、弾丸ライナーがクモE4-600を暴走させているのと同じ状態に他ならない。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。