2007年03月08日

[池内ひろ美]講演会を中止に追い込んだ者が逮捕された

ニュース記事

J-CAST

所感

池内氏については以前、取り上げたので、参照していただきたい。
それより後の時期にも若干触れたが(参照)、私は2ちゃんねるにて異様に騒ぎを大きくしようとしている者がいることに眉を顰めていた。「反イケウティ」などと名乗って、ネットwatch板やニュース系の板の関連スレッドなどに場の空気も読まずに暴れていた者がいた。今回の事件の犯人がその人かどうか不明だが、如何に悪いことをしでかした人だからといって、何をして良いという訳ではないということに変わりはない。
確かに、今回の事件の犯人も供述しているが、池内氏が大手自動車メーカーの期間工を侮辱したととれる文書をブログに書き、それに対して謝罪がなかったことは社会通念上、許されるものではない。しかし、それだからといって、私的に制裁を下すというような目的で脅迫したりすることが許される訳ではない。この辺を弁えないとミイラ取りがミイラになるどころでは済まない痛手を負うことになるので、注意を喚起する。
ラベル:脅迫 池内ひろ美
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。