2005年08月25日

[ニュースコラム]ネイサンズ事件

ネット上で大分物議を醸している

ホットドッグの売り子が仕事中に写真付きでコミケに来ていたオタク連中をキモいと評したことが総選挙と並んで、話題になっている。事件を纏めたサイトもあるので、
腐された相手がオタクだけあって、その鬱屈したパワーに圧倒されてしまうが、意外にもオタク連中の攻撃的な批判より、ホットドッグの売り子の問題、それもオタク叩き自体ではなく、仕事中に、写真付きで、会社等が分かるような形で、名誉毀損を行ったということが問題視されている。

オタクがキモいということ自体は否定できない

私はコミケにこそ行かないが、特撮や鉄道が好きなど、オタクとしての要件はある程度持っている。いわば、オタクの一員だ。
一言でオタクと言っても色々で、世間では「イケメン」で通っている人の中にも、オタクの人がいる世の中となった。その一例が「仮面ライダー龍騎」でスーパー弁護士北岡秀一を演じた涼平氏である。
また、私など所謂「萌え」に対しては非常に疎く、また嫌悪さえしている。嘗て架空鉄道で「かにれいる」なる者や「通りすがりの堀田」なる者がいて、彼らの悪評も手伝い、かなり「萌え」を好むオタクなどに対して強い偏見を抱かざるを得ない状況となった。「キモい」ということに限定すれば、鉄チャンのNARU氏も含まれるだろう。NARU氏もかなりのアニメオタクらしいが。
前述のようなイケメンなオタクが出てきても、今尚所謂「キモヲタ」は健在だ。この前の海洋堂主催のワンダーフェスティバル(通称ワンフェス)にも、この様な風体のオタクが来ていたからである。因みに、この風体の男だが、コミケには出入り禁止を言い渡されたらしく来ていなかったようだ。

コンプライアンス教育は学校でも教えるべき

今回の事件の本質はオタクをキモいと腐したこと自体ではなく、仕事中にインターネットを使用することの問題となっている。
軽率な言動がきっかけで会社の信用毀損に繋がるという大問題故、その売り子を雇っていたネイサンズはトップに謝罪文を掲載した。こうなると、最早オタクがキモい云々ではなく、コンプライアンスの問題となってしまう。
今、名だたる企業では所謂コンプライアンス(遵法精神)の教育に力を注いでいる。こうしたコンプライアンス教育は正社員はおろか、契約社員にも及んでいる。但し、困ったことに学生アルバイトなどへはそれがきちんとできていない状況もあるようだ。
こうしたコンプライアンス教育を家庭でするよう主張する者もいるが、社会に出ないと何がコンプライアンスだか分からないし、そもそも、コンプライアンスに対して疎かった今の40代以上の親が子供に教えられるのかどうか怪しい。
やはり、学校で道徳或いは社会教育の一環として教えるのがベストではなかろうか。

土方氏について

コメント欄が無いと細かい突っ込みが困難だ
こういうとき、コメント欄が開放されていないと非常に不便を感じる。彼が記述した「ネイサンズ事件」の記事だが、かなりのツッコミ所がある。
一般常識?
コンプライアンスを一般常識とし、一般常識である以上、家庭での躾を行えとあるが、前述のように社会に出てみないとコンプライアンスの重要性が全く理解できない。
それと、特定の政治家を悪し様に罵りながら、それを指摘されると踏ん反り返るような人間に一般常識云々を語って貰って欲しくない。ホットドッグ売りがオタクを腐したことは土方氏が自分の意見と合わない人間を「バカウヨ」などとレッテルを貼って腐していたことと同じだからである。自分のことは棚に上げて、他人のことを厳しく責めるのは所謂「プロ市民」と同じスタンスである。これは前々から言いたかったことだが、この機会に言っておこう。
安部晋三氏が何故、土方氏の書き込みを拒絶したか、それは土方氏がdexiosu森本浩司氏から悪口雑言書かれたときの気持ちを考えればよく分かるはずである。
実名は公表済み
土方氏は以下のように述べているが、
ブログをアップしたバイトには損害賠償を請求や実名公表等
断固たる処置をとっていただきたい。
これなど、最早、2ちゃんねるで暴れていた「キモヲタ」と何ら変わりない主張に見える。但し、その売り子の実名は何と晒されたという。当時、顔写真付きで実況生中継していたのだから、ソーシャルしなくても簡単に割れてしまったのだろう。だからこそ、会社を巻き込む大騒動となってしまったのだが。
この程度の記事でも土方氏の性格の暗さを感じる
それにしても、土方氏の他人のこととなると恐ろしく厳しいことを書き連ねる自分勝手さは私の見てきた悪しきネットワーカーたちと何ら変わりない。人間、誰しもエゴイストなのだろうな。
それを考えると、私は「性善説的な未来志向」で社会を批評していかなくてはいけないだろう。時として「厳しく断罪」することも必要だけど。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュースコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ブロガーのリスクコントロール--スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に
Excerpt: 「オタ」「きもい」──スタッフのブログ発言、企業を巻き込む騒動に  米国系ホットドッグチェーンの「ネイサンズフランチャイジーオブジャパン」は8月23日、Webサイトに「移動店舗内スタッフによるブログ上..
Weblog: テクノロジーとマネジメントの狭間に
Tracked: 2005-08-25 21:04

オタクについて
Excerpt: ニュースで見たんだけど コミケでホットドッグ店のアルバイトしてた子が 客のオタクをキモイって言って大変な事に。   でもなんでキモイのをキモイって言っちゃいけないんだろう? 匿名ブ..
Weblog: 支離滅裂で無茶苦茶
Tracked: 2005-08-26 03:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。