2005年09月14日

[日記]同じことの繰り返しでウンザリ

蒸し返すのは嫌なんだが

土方氏に関しては1件の独立した記事で書くほどの量でもないとして、この記事の追記という形にした。あんまり追記追記やっているとアイスピック氏みたいになりそうだ(苦笑)
因みに、コラムの方にも追記しておいた。こちらは白票が不信任を意味する有効票となった場合の問題点を取り上げている。
当選に必要な最低投票数を表す「法定得票数」と呼ばれるものがある。これは公職選挙法第95条に明記されている。比例代表の分まで全文引用すると物凄く長くなってしまうが、衆議院総選挙の小選挙区では
有効投票の総数の6分の1以上の得票
が所謂「法定得票数」である。無効投票を含めた全投票数ではなく、有効投票の総数をベースにしているのに注意して貰いたい。
嫌味を言うのは嫌なんだが、土方氏は公職選挙法を読み直すように。

あの手の輩を相手にしたのは初めてではないが

今回のようなことは初めてではない。私自身、2ちゃんねる鉄道板の東急関連スレッドや鉄道オタク地位向上スレッドでも随分とこの手の輩を見てきた。この経験があるから、私は2ちゃんねる鉄道板住人は生真面目で意固地な奴が多いと思うようになった。
つまり、土方氏のような生真面目な性格の人間をよく知っているのである。但し、そうした人間を多く知っているが故に、そうした人間の持つ「弱さ」が何か許せない。

悪し様に罵ることが批判なのか?

土方氏は最新の記事
それと「現政権への批判」が何故
「政治家のせいにして自分自身は何も努力しない」になるのか?
と言っている。「政治家のせいにして自分自身は何も努力しない」とは文句ばかり垂れる態度を意味しているのだろうが、そもそも、土方氏の「現政権への批判」というものが如何にも悪意に満ち溢れた雰囲気を感じさせる書き方であることが問題である。以下はその1つである。
どうやら不況にあえいでいるのは私を含めた少数らしい。
まさか小泉"ペテン"政権で不況脱出できると思っていると
本気で考えてる者はおるまい。だとしたらキチガイだ。
このように、他人を罵倒する言葉を付け加えたものは正当な批判ではないと何度繰り返したら分かるのだろうか?そういえば、似たようなことを私はアイスピック氏の記事でも書いた覚えがある(参考1)。これは飽くまでアイスピック氏に向けたものであるが、土方氏の上記の一例においても同じようなことが言える。他人を悪し様に罵る言葉が含まれるのは正当な批判ではない。
こういうのも、木村剛氏の言うところの「憶測で厳しくコメントすればいいというサディスト」なのだろうか(参考1)。

批判記事を書くにせよ

私は批判すること自体は問題視していないし、その内容に関しては表現の自由だから、誰にも阻害されないものと思っている。しかし、ネットで晒す以上、常に誰かの目があるということは忘れてはならない。似たようなことはfox_zero氏のブログにも書かれている。尤も、これはアイスピック氏や土方氏以外の人にも当てはまる話であるが。
どうせ批判するのなら、面白おかしくとまでいかなくても、相手の反感を買わないように書けないものだろうか。
小泉政権批判とは外れるが、うちのブログでは辻元清美氏他の立候補に関する批判記事を書き、多数のコメントを貰った。中には私の意見(辻本氏他の立候補反対)に対する批判もあったが、私はその人の記事に対しては「感情的」な反応していない。それは、私を批判した人が冷静に語っていたことが大きいと思われる。

罵倒で掲示板を荒らした人達

他人を罵倒しながらの記事は如何にも印象が悪い。ましてや反対意見を持つ者にとっては不愉快さも一塩である。こういった罵倒を書き連ねる者は俺様中心思考が強いという印象を受ける。
嘗て、鉄道板で話題になっていたみなと鉄道氏もまた、神戸空港反対の件で関西私鉄サイトの掲示板を荒れさせていた。荒れたのはみなと鉄道氏が神戸空港賛成派の意見に全く耳を貸さなかったことに原因がある。更には、当時の神戸市長を罵倒さえした。その他、阪神西大阪線の延伸が妨害されているのは九条の住民のエゴのせいにするなど、枚挙に暇がない。
また、今回の総選挙に出馬した山下万葉氏も狛江市の矢野市長の掲示板でアニメや声優の話をして、それが批判されると突然キレ出すという醜態を演じている。山下氏の公約に「ストップ・ザ・矢野〜」というのがあったのはこの掲示板で山下氏を批判したしま氏への罵倒のドサクサでいきなり矢野市長を叩いたというおかしな由来がある。
その他、2ちゃんねる特撮!板で話題になったしばやん氏など数多事例がある。この手の輩にはいい加減ウンザリである。

余談

私はアイスピック氏を2ちゃんねる特撮!板で知った。当時のハンドルネームは「でおす」であった。有名なエピソードとして、仮面ライダーアギトのヒロイン風谷真魚のネタスレッドで暴れていた。この暴れっぷりはfla3氏製作のflashサイトにおいて映像化されているが、当時、特撮!板住人だった私はあの現場を生で見たことがある。
一見すると、アイスピック氏は下ネタを禁止するように運動しているまともな人に見えたのだが、周りからは総叩きにされた。当時の私にはよく分からなかったが、後年になって気付いたことがある。
  • 下ネタで女優を鬱にさせているなどといっているが、全てのそうしたスレッドで啓蒙(?)活動していない。他での事例はせいぜい、百獣戦隊ガオレンジャーのヒロインの大河冴スレッド程度。
  • 「スカトロ」ネタは規制しようとしていたが、「ブラチラ」ネタには全く反応せず。
どちらにせよ、アイスピック氏は自分の趣味に従って、他人を攻撃していたのである。だから、総叩きに遭ったのである。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土方氏の発言を見ていると碌に引用さえせず
  「公民の教科書読め」
ばかりで、具体的に何処にどう書いてあるのか説明しようとしないのは、ヲチャの方々も言っているように、"特に一人"と全く同じ事しているなと思いますね。

特に貴殿がしっかり公職選挙法から引用して論じているのに、それに関しての反論とやらも「アーアーキコエナーイ」と言っているのと全く同じ事ですし、検定教科書が法律を間違って教えるような事はあり得ない筈です。

これは推測ですが、彼は本当は本物の公民の教科書を読んだ事が無いかも知れません。
と言うのも、小中高の社会科の教師には日共関係者が多く、彼らは検定教科書を使わせず、シンパが作った副読本を教科書として授業を進める事が多いからです。
私も中学の地理と公民、高校の現代社会(大学入試には課されませんよ?> 特に一人の人)で、そう言う授業を受けさせられました。「(検定)教科書は?」と聞けば「あんなものは燃えるゴミとして捨てろ」とまで言われたくらいですから。
Posted by 何だかねえ… at 2005年09月16日 11:56
>何だかねえ…さん
「公民の教科書読め」を連呼しても、具体的に引用した試しがないようでは、説得力がありません。
日本の場合、各出版社が独自編集したものを文科省が検定して教科書として認められたものです。そのため、同じ科目でも、複数の教科書が存在し、それを各地方自治体の教育委員会が選択するというものです。
そのため、地方自治体間で使う教科書が違えば、お互い内容が異なることだってあります。

>これは推測ですが、彼は本当は本物の公民の教科書を読んだ事が無いかも知れません。
>と言うのも、小中高の社会科の教師には日共関係者が多く、彼らは検定教科書を使わせず、シンパが作った副読本を教科書として授業を進める事が多いからです。
それは初めて知りました。前々から土方氏のあの反権力志向に対して疑問をもっていたのですが、日共関係者のシンパの作った「教科書」で真面目に学んでいたのかもしれません。
とはいえ、学校を出てしまえば、後は自分の責任ですから、どういう教科書を使っていたかによって、思想が規定されるとは思っていませんが。

因みに、私の世代だと、そこまで偏向した授業はありませんでした。普通に検定教科書を使っていたし。これもまた一種のジェネレーションギャップなのかもしれません。
Posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 2005年09月16日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。