2005年10月04日

[ジャーナリスト]鳥越俊太郎と及川政治

鳥越俊太郎氏、直腸癌で入院

「桶川ストーカー事件」で著書を出したフリージャーナリストの鳥越俊太郎氏が直腸癌で入院、癌の摘出手術を受けるという(ニュース記事)。
癌を斬るとは如何にも硬骨漢らしい。

真実を追求するニュースの職人

この機会に鳥越俊太郎氏についてネットで調べてみたところ、2つのインタビュー記事が見つかった。どちらにも鳥越氏が「ニュースの職人」を自称し、ジャーナリストとしての強いプロ意識に基づいて仕事をしていたことが分かる。
アイムプロダクトの記事では、日本国内で刑事の家庭訪問でネタを仕入れるだけでは虚しいとして渡米したことや、田中真紀子氏がヨイショされていた時期に敢えて批判を行ったこと、辛辣に批判されても必要以上に落ち込んだりしないことが紹介されている。
また、イー・ウーマンの記事では佐々木かをり氏との対談形式となっている。こちらはインターネットの問題やテレビ出演に関するエピソードが中心であるが、印象に残ったのは「ニュースは欠陥商品」という話である。ニュースは拙速であることが求められる故、「欠陥商品」となりがちである。つまり、起こった事件をすぐさま伝えることが優先され、事件の本質の追求は二の次となってしまうからである。
鳥越氏は速報の欠陥を補う(事件の真実の追求)ことに心血を注いでいたようだ。常に自分の目で事件の現場を視察する現場主義が鳥越流ジャーナリズムの真骨頂といっても過言ではない。

一方の及川氏

鳥越氏のような硬骨漢がいる一方、こんなヤクザ紛いのジャーナリストがいる。その名は及川政治である(やじうまWatch9月30日付記事参照)。
事のきっかけは及川氏の奥さんと江ノ電バスとのトラブルであるが、極めて攻撃的な口調で罵っていた。ついこの間、悪し様に政権批判をしていた人間を窘めた矢先の出来事故、驚きを禁じ得ない。
この話には更に続きがあり、バスの乗客の証言によると、悪いのは及川氏の奥さんの方だという。何か、ここまで来るとヤクザの恐喝そのものとしか言いようが無い。
及川氏のブログが2ちゃんねるに発見されるや否や「祭り」に発展。最早止まることを知らない状況である。第2のネイサンズ事件とも言える事件だろう。
これに関しては、dozre氏のブログ#104氏のブログでも紹介されている。
前述の鳥越氏のインタビュー記事にて
インターネットって、まったく知らない人、しかも全国の人が自分の文章を読んでくれる、そして場合によっては反応が返ってくるという世界に踏み込んだわけです。それも世界中に広がっているネットワークだと。
という記述があるが、及川氏などはこれをちゃんと理解していたのであろうか?及川氏に限らず、ネットでブログと称して個人の恨み辛みを何の躊躇も無く綴っている人間が他にもいるのだが、これを理解した上でやっているとは思えない人間が多すぎる。こういうのは所謂「毒舌」とは訳が違い、他人に一方的に不快感を与えるだけで全然面白くない。それならば、反感を買うのも当たり前だろう。そうした単純な因果関係すら理解できない蒙昧さが今回の事件の原因なのだろう。

自分の弱さと向かい合うことから始めよう

話は再び鳥越氏に戻すと、ふらっと人権情報ネットワークに鳥越氏のインタビューがある。主題は子供の教育問題で鳥越氏の過去のエピソードを交えて語っているが、及川氏などの問題に対する示唆とも言えるような内容も含まれている。
ぼくが「自動販売機症候群」と呼んでいる現象があるのですが、自動販売機はコインを入れてボタンを押せば欲しいものが出てくる仕組みです。ところがコインを入れてボタンを押したのに商品が出てこなかったらどうしますか。掲示されているメーカーへ連絡するなり、販売機を置いている店の人に言うなりすればいいけど、いきなり蹴っ飛ばすなど実力行使に出る人もいます。これを「キレる」と表現していますが、トラブル解決の手順を大幅にショートカットしている。こうした現象はおとなの間にも蔓延していますね。
これなどは前述の及川氏などにまさに当てはまる現象だろう。
最後に、鳥越氏は以下のように述べている。
コンプレックスを抱えて苦しんでいる子どもたちにぜひ伝えたい。弱みは誰にでもあるし、弱い部分も含めて自分なんだと。大事なのは弱みを強みに変えることなんです。物事には必ずプラスとマイナスの両面がある。「こんな自分はダメだ」と後ろ向きにならず、「こんな自分だからこそできる」と考える。今、マイナスはできるだけ隠したり消したりしようとしますよね。だけどそれは非常に単純な、人間の本質を知らない人の発想です。弱点を認めたうえでどう対応するか。それを考えるのが人間であり、人生だとぼくは思います。
私は、この鳥越氏のメッセージをコンプレックスを抱えて苦しんでいる全ての人間に是非伝えたい。

及川氏についての纏めサイト

www.dexiosu.net
wiki.spc.gr.jp
2ちゃんねるで随分と話題になったようだ。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュースコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

下品な夫婦の下品極まりない事件。
Excerpt: 仕事から帰宅したらなんだかネットがお祭りの様子で。 いそいそ見に行ってみましたら…やれやれ、自分で会社を持っている立場の人間が、しかもいい年をして、下品極まりない文章をネットに載せてました。言葉で御..
Weblog: 猫髭
Tracked: 2005-10-04 20:29

[ネット事件]森本浩司の眷族、その名は及川政治
Excerpt: http://blogs.dion.ne.jp/jollyrogers/ http://internet.watch.impress.co.jp/static/yajiuma/index.htm ..
Weblog: 怒頭流のそれが俺のジャスティス!m9っ`Д´)
Tracked: 2005-10-05 02:59

「及川政治」トラックバックURL
Excerpt: 「及川政治」関連のトラックバックURLを募集します。
Weblog: トラックバックURL収集センター
Tracked: 2005-10-11 22:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。