2005年11月14日

[ネット観察]黙殺は最大の罵倒である&人間は認知動物である

表題は開高健氏の言葉より

最近、アイスピック氏の「ヲチャ」のブロガーの間で「特一シカト大作戦」なるものが提案されている。「黙殺は最大の罵倒」ということなのだろう。
ここ最近、アイスピック氏は大嫌いな2ちゃんねるで大好きなヒーローや玩具の話をしている(今までもあったが)。反論のために来ていたのではなかったのか?
そういう状況から、アイスピック氏にレスをつけるとアイスピック氏が調子に乗ってしまうということを知った一部の「ヲチャ」の間でこのような運動を展開しようという動きが発生した。まあ、アイスピック氏が高校生の頃から今のような見栄っ張りであることがよく分かったので、私としては一定の収穫があったとして、敢えて突っ込んだ話まで聞かなくても良くなりつつあるのだが。

黙殺より抹殺を考える人たちもいる

私も嘗て、架空鉄道界でかにれいる氏が問題を引き起こし、「ヲチ」と「糾弾」の入り混じった「祭り」があったとき、かにれいる氏が叩かれていることを逆手に取った行動が目立ったので、この村正氏と同じようなことを提案したことがあった。しかし、いきり立っていた人が多かったのせいで(鉄道オタクは土方綺麗氏並に生真面目なのが多い)、私の提案は事実上潰されてしまった。
今回のアイスピック氏の件の場合、これに近いスタンスを持っているのが氏だが。尤も、薫氏はいきり立っているとはまた違う状態であるが。

じゃあ私は?

では、私はどうするかというと、結論は「成り行き任せにする」ことにした。
理由は、アイスピック氏に関して「面白い」話が出にくくなり、取り立てて話題にする程でもなくなってきたが、それでも若干食指を動かすようなネタが時折出てくることもあるからである。
このブログでは元々鉄道と社会問題を扱うブログで、アイスピック氏の件も社会問題の1つとして扱っているに過ぎない。だから、アイスピック氏の話題がなくなってもブログのネタに困り果てることはない。しかも、ここ最近、
  • 杉村太蔵議員関連
  • それから派生したニートの問題
  • 東武野田線運転士懲戒免職問題
の話がホットになっており、こちらの対応を優先したいので、それにより、アイスピック氏を「シカト」するのに近い状態に移行せざるを得ない状況である。但し、食指の動く話題が出た場合はそれを取り上げることにするが。

最後に

自己憐憫の心の闇
アイスピック氏は「プログ」にて、
そういう僕も骨髄バンクへの登録をまだしていない。人に軽んじられ汚物のように言われている自分の骨髄なんて、僕が誰かにあげる筋合いは無い。そう思ってしまっている。それが、自分なりの心の闇なんだと気づいて、また悔しく悲しくなる。
と書いている。アイスピック氏が自らの存在の小ささを認める発言として注目している。但し、「人に軽んじられ汚物のように言われている自分」に対する自己憐憫の念が「筋合いは無い」に凝縮されている点も見逃せない。
見栄っ張りは甘やかしではなく、軽んじられてきた証拠

アイスピック氏は高校時代から見栄っ張りだったという。それで「出来損ないのスネ夫」と言われていた。この見栄っ張りの原因は何かといえば、私はアイスピック氏の家庭環境にあると考えている。それは一部の「ヲチャ」のいう「甘やかし」ではない。
甘やかされて育ったのなら、「人に軽んじられ汚物のように言われている自分」などというような言葉は例え嘘でも出てこない。杉村太蔵議員を見れば分かるように苦労を知らずに甘やかされた人間は自己憐憫する必要がないからだ。
このことと見栄っ張りな性格を鑑みるに、アイスピック氏は家族からも「軽んじられ汚物のように言われて」きたのではないのかと思える。アイスピック氏には障害を持った弟がいるという。これは裏が取れていない情報ではあるが、アイスピック氏がちょっとした失敗さえも、見栄を張った言い訳をする(単に躓いて傷を負った程度でも喧嘩に巻き込まれたかの如く吹聴するなど)ことを勘案すると、両親はその弟の方に愛情を注ぎ、アイスピック氏には構っていられなかったのではないかと考えられる。
人間は認知動物である
自分を大きく見せようとする人は存在感のなさに懊悩し続けている。その結果、凶悪犯罪に走るケースさえも見られる。アイスピック氏もそれと似たような状況にある。
私はアイスピック氏は哀れで小さな人間でしかないと見ている。しかし、如何に小さな存在だからといって、今までの悪行が許されるものではない。アイスピック氏には自らの本当の「心の闇」に逸早く気付くよう祈るや切。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(2) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、かの人物は「正しくスポイル」されなか
った子供であるとみています。

肉体的には充分以上に成熟していると思われる
のに、精神的にはあの有様ですから。

心理学的にも精神病理学的にも興味のある人材
ではありますが、正直あまりにも典型的すぎて
分析の意味もないかと、興味をなくしかけてい
ますので、そうした意味において、彼を観察対象
からはずしました。

もっとも、彼によく似た「正しくスポイルされなかった」子供は
まだまだ他にも大勢いますので…
Posted by Bean_Si at 2005年11月14日 13:41
>Bean_Siさん
「正しくスポイルされなかった」とありますが、その意味は何でしょうか?
Posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 2005年11月17日 11:25
人間精神の発達過程においては、多かれ少な
かれ、「甘やかされる経験」が織り込まれる
ことが必要になるものと考えています。

「必要以上に甘やかされる」ことで、精神の発達
は阻害される場合が多いのですが、まったく
「甘やかされた」経験のない精神も、また、正
しく成長しないと考えられますので、

適度にバランスをとって甘やかす必要があるわけ
です。

このことを指して、皮肉交じりに
「正しくスポイルされる」と、私は呼びます。
Posted by Bean_Si at 2005年11月17日 13:34
>Bean_Siさん
よく分かりました。ある意味、私と同意見かもしれませんね。
Posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 2005年11月17日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

特一シカト大作戦
Excerpt: スレに特一が涌いた時にみんなが構ってしまうから特一は喜ぶ。なぜか?これはひとえに過去のイジめられ体験(主にシカト)から来る極度の構われたがりだろう。そして戦う自分に酔う様子。戦うのに善も悪もなく、真実..
Weblog: 雷迅ファクトリー
Tracked: 2005-11-14 17:57

バッタモノの総合商社?で60杯
Excerpt: らっしゃーい 最近の特一さんがつまらないカスへ堕ちたので更新は無しですた。 しかし、笑えるヤフオク出店があったので久々の更新ですつ。 タイトルからぶっ飛ばしですつよ キリンのダカラ ( ゚д゚)..
Weblog: 大手町博士の「特一入りま〜す!」
Tracked: 2005-11-15 09:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。