2005年11月15日

[JR東日本]風景写真で馘

ニュース記事

livedoor

所感

運転中に仕事以外のことをするのはやはり問題である。この場合、乗務員室に運転に無関係な人間を入れた訳ではないが、公私混同は先の東武野田線の運転士と変わりない。
いずれにしても、プロフェッショナルとしての自覚が極めて低く、高い責任を負う業務に適していないと見るのが妥当だろう。

追記

この車掌が馘になったのは昨年の3月という。列車事故頻発の今年ではないが、何故今頃発表したのかその意図を量りかねるものがある。
尚、この件は先の東武野田線の件と異なり、法律に抵触するようなものではないと思える(車掌の手記じゃ内情暴露とは言い難い)。公私混同は咎められるに値するも、この場合の懲戒解雇は行き過ぎの感が否めない。車掌のHPにJR東日本にとって何か不都合な書き込みがあったのだろうか?


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。