2005年07月24日

[JR西日本]電車に落書き

ニュース記事

Yahoo!

所感

自分では正義のつもりでも、結局他人に迷惑をかけているという行動する愚昧な輩が後を絶たない。この実行犯は「騒音おばさん」と同類であると見なしても何ら差し支えないと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

[JR西日本]「過密ダイヤ」因果関係薄い?

ニュース記事

Yahoo!

所感

山手線に比べれば過密ではない?
もうすぐ、つくばエクスプレスが開業するが、安全輸送を鑑み、ATCを導入している。
それはさておき、過密ダイヤの路線では大体ATCを導入している。記事中の「山手線などの首都圏の鉄道網に比べれば過密ダイヤとはいえず」としているが、そもそも混んでいる路線ならATC導入は当たり前だと思う。しかし、JR広しと雖も、ATCを導入しているのは首都圏の通勤路線と新幹線だけで、関西の所謂「アーバンエリア」ではATCを導入していない。
よく、大阪は東京に対して対抗意識があるように見せている話を聞くが、関西圏でも首都圏の通勤路線並みに混雑する路線は少なくないのだから、大阪環状線や今回事故のあった宝塚線(福知山線)などにもATCを導入して貰いたいものである。ATS-Pでも物足りないのでは無かろうか。
運転士の適性問題
これは過去の記事で触れていたことがあったのだが、どうも、高見運転士は生真面目でストレスを溜めやすい性格ではなかろうかと思っている。そういうことを考えると、ストレスを溜めやすい性格の人は、運転士に向いていないと言わざるを得ない。ストレスが溜まっている状態での乗り物の運転は注意力を低下させ、オーバーランや事故に繋がるからである。現に、「考え事」をして、オーバーランをしたという記事がこの事故が起こって以来、盛んにニュース記事として掲載されていた。こういうのも、ストレスが発散されていない状態での注意力低下が原因していると思われる。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[東武鉄道]通行人に責任転嫁

ニュース記事

Yahoo!

所感

手動式踏切だと、人的ミスが混乱の引き金となり、更に通行人に責任転嫁して、作業者の質を落としかねないと言う重大な問題がある。伊勢崎線の複々線化のとき、何故、立体交差化を進めなかったのか。まさか、日比谷線の車両基地のせいにしたりしてはいなかったのだろうか。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

[JR西日本]福知山線・宝塚―尼崎間で運転再開

ニュース記事

Yahoo!

所感

事故を起こした原因をきちんと究明し、それを繰り返さないことが「歴史の反省」だと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

[JR東海]線路に不審者、その正体とは

ニュース記事

Yahoo!

所感

私は当初、運転手の幻覚なのではないのかと一瞬思ったが、どうやら、外国から来た人らしい。
それにしても、時速200km以上のスピードで走る新幹線の線路敷にフェンスを越えて入ってくるとは…。大事故に繋がらなかっただけ良かったが。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

[JR西日本]脱線事故現場の復旧工事完了、来週に試験走行

ニュース記事

Yahoo!

所感

事故現場付近の住民には復旧に反対する声もあるが、利用者数の多い地域だと、どのみち鉄道が必要になる。速度照査の可能なATS-Pの設置もできたことだし、いち早い復旧を望む声もあることから、今度こそ安全輸送に心がけて欲しいものである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

[JR西日本]運転曲線図を変えずにダイヤ改正をしていた

ニュース記事

livedoor

所感

運転曲線図とは距離に対する速度と時間の関係をグラフ化し、列車の走行状態を示したものである。
ダイヤ改正となれば当然運転曲線も変わる。ましてや停車駅が変われば、所要時間が変わるし、運転曲線図も変わる。こんな基本的なチェックを怠っていた運輸局もどうかと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

[小田急]虚偽記載問題

ニュース記事

goo

所感

第2の西武鉄道事件になるのか?
創業者一族の影響力のある鉄道会社の虚偽記載問題はまだまだ起こりそうなのか?
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

[JR西日本]遅れても回復運転求めず

ニュース記事

Yahoo!

所感

速度超過してまでの回復運転は無茶でしかない。しかし、回復運転自体否定しては駄目だ。
日本人は極端にぶれ易いので(朝日新聞がその最たる例)、注釈しておく。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

[JR西日本]国交省、減速減便求める

ニュース記事

goo

所感

ダイヤ作成は鉄道各社の裁量に任されていることで、国交省が口出しするのは極めて異例である。
余裕時分の増加で所要時間が延びるが、最高速度は変化なし。私鉄各社との競争の激しいアーバンエリアでは最高速度に関しては譲れないのだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

[JR西日本]勤務30分増、休憩は短縮 民営化機に過酷に

ニュース記事

Yahoo!

所感

国鉄の分割民営化はイタリアなどから注目されている政策であったが、ここに来て、国鉄分割民営化を疑問視する声が高まっている。
「効率重視」の名の下に従業員の負担が増えているのはおかしい。
私は顧客満足度は従業員満足があって成し遂げられるものと考えている。不幸な人間が他人を幸せに出来ないからである。
こういうことを考えると、JR西日本は本当の意味での顧客満足が得られていなかったのではないかと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

[JR西日本]阪和線でATS取り付け忘れ電車走る

ニュース記事

Yahoo!

所感

あの事故以来、JR西日本の安全管理の問題が続々と取り上げられている状態である。しかし、今回の件は普段から気を付けなくてはいけないことを怠っているという意味で、余計問題視されている。
あの事故も、こうしたコミュニケーション不足から起こったものかもしれない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

[JR西日本]国交省指導を放置

ニュース記事

Yahoo!

所感

これは関空特急「はるか」のオーバーランの件だが、JR西日本は国土交通省から指導を受けていた。しかし、JR西日本は素早く対応せず、先延ばしにしていた。こういった企業体質があの事故を引き起こしたのだろう。情けない話である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

[JR西日本]福知山線(宝塚線)不通区間6月に再開予定

ニュース記事

livedoor

所感

新型ATS(ATS-P)の設置工事を進め、安全対策が万全なら再開した方が良いだろう。後は、余裕時分の設定されていないダイヤも見直しが必要だろう。「遅れ」を折り込み済みにしたダイヤなら、無理な回復運転をしなくて済むから。
マンションの住民が不信感が募っているのはJRの対応の悪さが原因だから難しいが。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

[JR西日本]2年で処分3回という運転士は聞いたことがない

ニュース記事

読売新聞

所感

JR西日本の苛烈極まる「日勤教育」の実態が描かれている。違反を繰り返す運転士の再教育は安全運行の面で極めて重要であり、必要不可欠であるが、「上司らの監視の中でリポート作成を強いられ」たり、「同僚と話すこと」や「トイレに単独で行くことも禁じ」るというのは幾らなんでもやりすぎである。これで鬱状態にならない方がおかしい。
今回の事故は
  1. 乗降時間を考慮した余裕時分を取らない速度優先ダイヤ
  2. 問題を繰り返す運転士
  3. そうした運転士の再訓練プログラム
の3つが原因だと考えられる。2つ目の「問題を繰り返す運転士」というのは運転士個人の資質であるが、その他の2つに関しては明らかにJR西日本の問題点である。
震災以後、阪神間の輸送で優位に立っていたJR西日本の「驕り」が起こした人災であると言っても過言ではない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

[JR西日本]ラッシュ時に余裕時分を設定しないダイヤは非常識

ニュース記事

Yahoo!

所感

事故の大元の原因は、過密ダイヤにあるという指摘が多い。ラッシュ時は乗降時間がかかるため、「余裕時分」を1〜2分設定するのが列車ダイヤ設定の常識である。JR西日本の罪は、この余裕時分を設定しない速度優先のダイヤを放置したことにある。
決して、事故当日のボウリング大会などではない。そんなのは単なる因縁付けでヤクザや総会屋のやることだ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[JR西日本]便乗詐欺が捕まる

ニュース記事

Yahoo!

所感

福知山線の脱線事故でマスコミのJR西日本バッシングが過熱しているが、その影響がこんな形で出ている。
典型的な便乗詐欺であるが、恐喝の色合いが強いとも見える。こんなのはヤクザや総会屋の使う手法だ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(4) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

[JR西日本]当日夜、村田国家公安委員長が宴会

ニュース記事

Yahoo!

所感

はっきり言う。こんな下らないことを話題に取り上げず、専門的立場の人の意見を聞き、一般人に分かりやすく事故とその対策を伝えるのがマスコミの役割ではないのか?
その時の気分と感情で馬鹿踊りする日本人の悪を糾すべきだ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

[JR西日本]福知山線の事故は設計ミスにあり?

ニュース記事

Yahoo!

所感

運転士のストレス、保安装置の未整備、そして曲線のカント(レール高低差)の不適切さ、今回の大惨事はJR西日本の鉄道事業に対する無知と無関心が引き起こしたようなものである。

事故当日のボウリング大会があったことを責めたり、駅員に殴りかかったりするのは余りに筋が通っていない。そんなのはコミケを出入り禁止になった腹癒せに、主要スタッフの経営する店の品目にケチを付けるのと同じ行為である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

[東京メトロ]運転士離席問題で対策を指示

ニュース記事

livedoor

所感

尼崎の事故のこともあるので、国交省の指示は当然だろう。乗務員の運転中の離席は問題である。地下鉄なのでトンネル内に人が飛び出す危険性は少ないものの、保線係員が列車の接近に気付かずに作業していたりすることはありうる。そのとき、非常ブレーキは一体誰が操作するのだろうか。そのことを考えると、例え自動運転であっても、乗務員の運転中の離席は問題視するべきである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 公共交通(鉄道) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。