2005年12月01日

[政治]青木幹雄氏が苦言を呈する

ニュース記事

goo

所感

先の総選挙で圧勝した自民党であるが、内部からこのような苦言が出ている。議席の3分の2以上を占めたからと言って調子に乗っているととんでもないことになりそうだ。


posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

[杉村太蔵]不屈の闘志の意味を履き違えた男、大仁田厚

ニュース記事

nikkansports.com

所感

今も尚、杉村太蔵議員への想いを断ち切れない大仁田厚氏であるが、タイの格闘アクション映画「七人のマッハ!!!!!!!」(12月3日公開)の試写会にゲストで来たことに託けて、
日本には太蔵君という人がいるんです
などと、空気も読まずに杉村太蔵議員の話題を切り出したという。多分、チューポン氏も呆れていたのでしょう。ただ、事情を知らないチューポン氏は
タイゾークン、この映画見ろよ
とか
タイゾー、来いよ!
と悪乗りさせられてしまう。
更に調子に乗った大仁田氏は
太蔵君にもリングに上がってもらい、チューポンさんと3人で戦ってみたい。いや、太蔵君とチューポンさんが戦ったらおれがレフェリーやる
と無謀な公約(?)を打ち出す。こういうときだけ大物気取りなのが情けない。
FMWを旗揚げした頃の大仁田氏は周囲から憧憬の眼で見られていたこともあったようだが、今の大仁田氏は単なる「おかしな人」に過ぎない。杉村太蔵議員への執着も間違った意味での「不屈の闘志」なのだろうな。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

[偽ニュース事件]逮捕されたのは元プログラマー

ニュース記事

goo

所感

余りに幼稚な情報操作である
逮捕事由は著作権法違反である。
第2次日中戦争を引き起こそうと試みたのだろうか。中国政府から何か苦情が出ていたという話を聞いていないのだが、これがもし、中国政府に知られていたのなら、靖国・尖閣諸島問題どころの騒ぎではなかっただろう。
あの記事がすぐさま偽だと分かったことを考えると、案外日本人も馬鹿にできないものである。否、あの程度の情報操作に騙される人は幾らなんでもいないだろう。
特に、共同通信の場合、ニュースを配信しているのはYahoo!に限らないし(因みに、上のgooのリンクは共同通信の記事)、また本物の事件なら、時事通信や他のニュース配信会社がジャンジャン記事を書きそうなものなのだが…。
尤も、本物か偽物かを見抜く眼は養わなくてはいけないが。
それはともかく、既存のサイトを真似た上、実在の企業名を利用したのは罪が重い。目立ちたかったでは済まされる話ではない。
キャッシュを利用すれば簡単に複製サイトが出来上がる
話は変わるが、インターネットのブラウザには表示のために一時的にWebドキュメントを溜め込む場所として「キャッシュ」というものが存在する。
スクリプトで保存操作を不可能にしていたり、現在表示しているものと別のファイルを保存させるようなサイトでも、キャッシュデータを拾い出せば簡単に画像やスタイルシート、HTMLファイルを抜き出すことができる。
特に、Windows環境のInternet Explorerの場合、一時ファイルなどを溜め込んでいるフォルダの中にキャッシュやCookieを格納している特殊なフォルダがあることは、ちょっと調べれば分かる。
(今回の事件のように悪用されることを防ぐため、詳細を敢えて伏せておいたような説明にしていることをご了承下さい。)
つまり、Windows環境のInternet Explorerなら、複製サイトの元となるファイルを簡単に抜き出すことができるという訳である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(3) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

[杉村太蔵]体育会系の対決が始まった!戦いに勝つのは義家か大仁田か!?

ニュース記事

livedoor

所感

「ヤンキー先生」として有名な横浜市教育委員の義家弘介氏の
(私は)大仁田とは違いますから
という発言に、大仁田厚氏が激発。
一度、会おうじゃないか
などと挑戦的な姿勢を見せた。
如何にも低俗な争いだが、ヤンキーに戦いを挑むとは大仁田氏も気合十分(?)だろう。
ヤンキー先生は教師としての実績で有名になった人であるが、今回の発言は如何なものだろうか。事の発端は杉村議員の件だが、その中で「俺は大仁田と違う!」みたいな発言を出すのは、完全に大仁田氏に喧嘩を売っているようなものであり、遺憾である。
苟も教育者なら、このような挑戦的な発言が何を齎すのかよく理解して欲しかった。
大仁田氏の方は、相変わらずのパフォーマーぶりで何よりですが(笑)

追記

義家氏も、杉村太蔵議員に対して「直接会いに行け」と言ったのは評価に値する。本当に問題のあるニートは外に出たがらないという話もあるくらいだし。因みに、これは義家氏が嘗て実践していたものでもある。
でも、大仁田氏を挑発したのは如何なものだろうか。これさえなければ、ヤンキー先生の株が下がることもなかっただろうに。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(7) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

[朝日新聞]靖国参拝のことで殴り合い

ニュース記事

Yahoo!

所感

本件に直接関係がないものの、関連性の高いことだが、靖国問題を引き起こしたのは当時朝日新聞の特派員だった加藤千洋なる人物であることを杉村太蔵議員関連で検索していた何処かのブログで見つけた。
その朝日新聞で靖国参拝の件で喧嘩とは随分な皮肉である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

[人権擁護法案]賛成派も反対派もガタガタで仕切り直し

ニュース記事

goo

所感

すっかり杉村太蔵議員に振り回されてしまって、忘れてしまった話題に「人権擁護法案」というのがあるのだが、賛成派の中心たる古賀誠氏は党人権問題調査会長を退くわ、反対派の平沼赳夫氏などは郵政法案反対で党を追い出されるわで人権擁護法案戦線は大混乱となっている。
現在、死刑反対の杉浦正健法務大臣が当法案の事実上のキーマンとなるが、杉浦氏は
出し方が悪かったという気もするし、中身にも問題がある。出直しというところではないか
として、人権擁護法案問題は振り出しに戻る格好となった。
尚、「中身にも問題」は同意。私のYahoo!時代の記事参照。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[杉村太蔵]テニス大会でハッスル♪ハッスル♪している場合か!?

非常に馬鹿げているテニス大会

日本歯科医師連盟(日歯連)からのヤミ献金の問題や全国小売酒販政治連盟(酒政連)の裏金・ヤミ献金問題が本来、マスコミを賑わすべき筈なのだが、杉村太蔵なる若者(=馬鹿者)のテニス大会ばかり取り上げ、政治は賢き日本国民を愚弄し続け、愚昧なる日本国民を無意味に沸かせているという日本憲政史上最も堕落した世の中になって、私はこうした状況を作り出した世の中に強い怒りを感じている
杉村太蔵氏がどんなにテニスが上手かろうと、今の日本の堕落した政治・社会は変えられない。民は愈々愚昧となり、賢明なるごく一部の者達は愚昧な民とその民に支えられた政治家どもに蹂躙され、煮え湯を飲まされ続ける五濁悪世は続くのである。杉村太蔵を利用した自民党の欺瞞を見抜け!

陰のプロデューサー世耕弘成

さて、大仁田厚氏の怪気炎が小野次郎議員及び飯島勲秘書官の「後見人」就任で鎮火された。だが、こうした動きの背景には腹黒き政治家の思惑が犇めいているのは公然の秘密であることは周知の通りである。実際、11月4日の世耕弘成議員のブログにおいて、
 朝、首相官邸へ。飯島秘書官のもとで杉村太蔵議員、厚生労働省雇用均等児童家庭局幹部とで打ち合わせ。杉村議員にフリーター・ニート対策のスペシャリストを目指して政策研究してもらう段取りについて打ち合わせ。
という記述がある。世耕氏は元々NTTのIT屋だったらしく、ネットに精通しているという。先の総選挙では武部勤幹事長と手を組み、密かにネットでの選挙運動を行っていたという(参照)。そして、今は自民党の杉村氏を利用して、自民党の宣伝工作に勤しんでいるという。世耕弘成氏はある意味辣腕プロデューサーである。恐るべき存在である。

大衆に迎合するが耳を貸さないマスコミ連中

日本のマスコミは得てして、享楽的だ。何しろ、調査報道は金と時間がかかる上、金蔓となる愚昧なる視聴者や読者どもにはウケが悪い。
ジャーナリストの中にはこうした地道な活動をしている人も少なくないが、今の享楽的で愚昧なる国民にそれを評価する知性がない。それ故、エンターテイメント性の高いコンテンツに飛びつき、そうした穢れた娯楽に人間としての知性を堕落させることによって、政治批判能力を低下させる。こうしたことはメディアに精通した自民党の得意技である。今回の総選挙での自民圧勝を支えたのはこうしたメディアに対するイニチアシブであると言っても過言ではない。

杉村太蔵は所詮不誠実で社会性の低い国会議員の一員に過ぎない

杉村太蔵氏は恐ろしく社会性が低い。「あの会見の真相 1」を見ると、議員になったばかりのときの「暴言」に対する反省の色が全くないことは明白である。
「料亭に行ってみたい」
「BM(W)ほしーい」
「グリーン車乗り放題」
「年収2,500万円」
これらの発言は、額に汗をかいて働いても生活資金で全部無くなる一般国民に対する多大なる侮辱である。
あの会見の真相 2」は取り上げる意味がないので、「あの会見の真相 3」を見ても、その場凌ぎの謝罪しかしておらず、不信感は全然払拭できない。誠意に欠ける態度である。それを許す奴らもどうかしている。
まあ、ホリエモンこと堀江貴文氏との癒着関係も噂される政界のフィクサー武部勤氏は杉村議員を利用するために必死になってバックアップする体制を敷いているみたいだが。

希望格差の勝者が敗者を見下すようなこと言うな!

私は元々シンクタンクでの勤務を希望していた。しかし、悉く書類で落とされ、今尚、シンクタンクでの勤務を夢見ながら、屈辱と怨恨に苛まされ続ける日々を送っている。謂わば希望格差の敗者である。杉村議員の実家は歯医者のようだが。
その実家が歯医者の杉村氏であるが、棚から牡丹餅で当選したなどと揶揄されるように彼は希望格差の勝者である。それだからこそ、講演会(?)「杉村太蔵が聞きたいっ!」 において、
ニートもフリーターも衆院議員も紙一重だ。私も紙一重で議員になった
などと偉そうに言えるのである。私はニートやフリーターではないから、あの講演会には出ていなかったが、その場にいたら殴ってやりたい気分である。
私など、証券アナリストの資格の勉強していたりしていながらも、シンクタンクへの就職ができずに憤懣やる方なき状態故、余計に頭に来る。

女性問題について

以前に若干触れているものの、私としては、政治家に完全な人格は求めていない。だから、杉村氏の女性問題に関しては政治家の資質とは全く無関係であるという風に考えている。いや、寧ろ、女性問題で適度に揺さぶりを掛けておくという自民党の悪辣な戦術の危険性さえあるようにも思える。

*このエントリは、須藤雅史@多摩急行電鉄が特定アジア評論家としてコメントを出しているとある東京都立大学附属高等学校第43期同窓生からの取材で書きました。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:50| Comment(17) | TrackBack(17) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[酒政連]小杉議員元秘書ら接待 台湾でゴルフ

ニュース記事

goo

所感

揺れる目黒
全国小売酒販政治連盟(酒政連)の裏金問題が盛んに取り沙汰されている。酒とか余り飲まないから、自分に関係ない問題と認識していたが、地元の政治家関係者が関わっているだけに、無視できない。
「全国小売酒販政治連盟」だが、「全国小売酒販組合中央会」の政治団体で本部が目黒区にあるという。小杉隆議員も目黒が地盤だから、結構関係が深いと思われる。
資金管理が杜撰というより意図的に隠蔽し、小杉隆議員らに対する働きかけに用いていたのは明白であろう。
Googleで検索しても事件のことばかりでウンザリ
「全国小売酒販組合中央会」がどういう団体でどういう人たちによって構成されているか調べたかったのだが、出てくるのは事件の話ばかりでウンザリしている。
私の憶測では町中の酒販店(所謂「三河屋」)の団体ではないかと思っているが、違うのだろうか?どなたかご教示願います。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

[ブログ観察]官尊民卑は民が卑しいからだ

表題は故・土光敏夫氏の言葉

Yahoo!時代よく見ていたブログで小競り合いが起きている。
何か、うちと土方綺麗氏との間で起きた論争に近くもあり、遠くもある。

「愚民扱い」に腹を立てた人と、その腹を立てた人に腹を立てる人

たけし氏のブログの本文には改行がなく、非常に読み辛い文章なのはともかく、
杉村太蔵議員を始めとする初当選の議員の方たちに、エールを送りたい。
これは良いだろう。議員に当選した人間を僻むような意見を並べ立てて扱き下ろすような天邪鬼に比べれば遥かにマシである。だが、
今、テレビを見てもネットを見ても、いたる所に彼らに対する辛辣な意見を耳目にする。私は、彼らがたとへほんの小さな覚悟であっても、議員になって國のために尽くそう、という心意気を持って行動に出た事を評価する。
これはどうかと思う。確かに、政治家の中には「たとへほんの小さな覚悟であっても、議員になって國のために尽くそう、という心意気を持って」いる人もいる。しかし、杉村太蔵氏などは本人のブログやマスコミ等の情報を見る限り、そういう印象はない。杉村氏は特に「若さゆえの過ち」が多く目立つ。
また、そうしたマスコミ報道とて、自民党による「陰謀」だとする説さえある。
尤も、
テレビに出て杉村議員らを口撃する「識者」と呼ばれる、いつもブーたれてばっかりで自らは何も動かない連中は、杉村議員の爪の垢でも煎じて飲まれるがよろしい。
は同意するが(「dexiosu」という2ちゃんねるの固定ハンドルユーザーなどはその一種である)。

コメント欄で応酬する

そんな記事を書いたたけし氏にnqnrh572氏が絡んでくる。
小泉自身が「改革を進めるのか、抵抗勢力になるか」のような単純粗雑な愚民主義的スローガンを掲げた張本人な気がします。それにのせられたのですから実際「愚民」でしょう。一応弁護しておくと、「我々の政策を伝える努力が至らなかった」と民主党は総括していますよ。民主党嫌いですけどね。やや一面的ではと思いましたので。
たけし氏の本文中の民主党批判に対する批判である。たけし氏は些か自民寄りの思考を持つ人らしく、民主党をかなり扱き下ろしていた。それに対して、たけし氏は
人を愚民扱いしたら自らが高い場所に立ってる気分になれますか。でも誰からみてもそれはオナニーですよ。自分でオナニーしながら自らに陶酔してる姿を鏡に映してご覧になってみてはいかがですか。キモチワル過ぎて反吐が出ますよ。
といきなり怒り心頭に発する。民主党を軽く弁護したことと人を愚民扱いすることとは全然別の話なのだが。もしかして、たけし氏は民主党支持者は今回の選挙の結果を見て、自民党に票を入れた人を見下していると思っていたのだろうか。少なくとも、こういうレスを返すことが理解できない。その後、nqnrh572氏もまたいきり立ってしまい、最早止まるところを知らない。

たけし氏もnqnrh572氏も互いに感情的になってしまっている

途中、闖入者が割り込んできたりしているが、nqnrh572氏も果てには、
自分のした悪事は棚に上げて、ちょと何かされたら急に被害者面してひゃーひゃー言う奴いるでしょ?ほら、よく狭い島国で国際感覚ない輩。こういう批判の仕方に何の意味があるかといいますと、人種や民族差別で自分を優位だと勘違いしていることを自己暴露している以外何者でもありません。誰とはいいませんが(笑)
などと人を挑発するようなことを言い出している。
私は、政治思想的にはたけし氏に近い。とはいえ、杉村太蔵氏に対するスタンスはどちらかというと、nqnrh572氏に近い。どちらにも理のある話だと思っているが、お互い感情的になっているのが戴けない。双方ともある意味「愚民」である。

話は変わって

Yahoo!のブログが荒れている件から離れてしまうが、世耕弘成氏のブログによると、自称ニートの代表杉村太蔵氏をフリーター・ニート対策のスペシャリストに仕立てようとしている。まるで、プロデューサーだ。
杉村氏は裕福な家庭で何不自由なく暮らしていた人間である。確かに、ドイツ証券で派遣社員として働いていた経歴もあり、フリーターとしての経験はあるだろう。
しかし、フリーターとニートとは全然違う。ニートの場合、将来の夢や希望が全くなく、その日その日の快楽を求めて生きる人が多いという。政府は「雇用」の問題として、「フリーター・ニート対策」を考えているようだが、ニートに限って言えば、教育の問題である。
飲み会等で自己紹介を求められたとき、夢や希望について訊ねる者は全然いない。聞かれるのは好きな芸能人や異性の好み、趣味である。これらは人生目標とは無縁のものだ(私はブログのタイトルやハンドルネームから分かるように鉄道や特撮が好きだ。しかし、これらは人生の目標とは無縁である)。趣味嗜好でしかパーソナリティを語れない社会になったのも、夢や希望を打ち明けることをタブーにしてきた教育の問題である。
世耕氏並びに杉村氏他政府与党には若者が堂々と自らの志を掲げられる社会の構築に全力を注いで欲しい。それが私の自民党に託した「夢」だから。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

[自民党]公明党離れが進行中

ニュース記事

livedoor

所感

「しんぶん赤旗」の記事なのだが、自民党が公明党の母体である創価学会を切り捨て、他の反創価系宗教団体に接近しているという。
記事文中では立正佼成会という日蓮宗系統の宗教団体が出ているが、既に引退した三塚博氏を応援する大集会を開催した幸福の科学もまた、自民党を支持しているという。
その他、霊友会など大規模な宗教団体の多くは自民党支持である。今の自民党にとって、党勢が衰えた公明党-創価学会の支持は最早不要なのかもしれない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[酒政連献金]小杉隆衆議院議員、収支報告書未記載で訂正届けへ

ニュース記事

livedoor

所感

酒政連の件は私の食指を動かすような事件ではなかったが、思わぬ所に飛び火して当惑している。小杉隆氏はうちの地元選挙区(東京5区)の選出で、大したスキャンダルが無く、選挙区の人達に結構支持されているような人である。
こういうことがあると、余所の選挙区の住人が偉そうに扱き下ろすのだろうな…。意外と地元民はベテラン政治家となるとスキャンダルがあっても庇護してしまうものだから(その顕著な例が鈴木宗男氏である)。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

[杉村太蔵]大仁田厚が炎上中?

ファイヤーその1

zakzakにて、大仁田氏がプロレスラー時代に起こした「傷害事件」に対する裁判を不当に遅らせているということが噂され始めている。
プロレスラーのセッド・ジニアスこと渡辺幸正氏(39)から、1500万円の損害賠償を求められている裁判を大仁田氏は抱えているのだが、あれやこれやとゴネて裁判の進行を遅らせているという。
詳細は、上記zakzakの記事を参照して貰うこととして、大仁田氏が国会で偉そう(?)に杉村氏や武部幹事長に絡むなどと言語道断である。
ここ最近の国会での「活動」を見ていると、大仁田氏はどうも「大人しそうな男」に絡んでばかりである。杉村太蔵氏然り、前原誠司民主党代表然りである(武部幹事長は微妙だが)。
因みに、事件を起こした当時、大仁田氏は既に国会議員になっており、傷害事件も秘書が起こしたものであり、この秘書に殴られたことがきっかけで、渡辺氏はレスラーとして活躍できなくなったという。ある意味、杉村氏の女性スキャンダル以上のスキャンダルである。

ファイヤーその2

livedoor掲載スポーツ報知にて、大仁田氏が杉村氏に対して明大の学園祭に出向いたことに勝手に怒る。
前述の傷害事件からは逃げ回っている大仁田氏であるが、相手が杉村氏とかになると非常に攻撃的だ。杉村氏に無視されたことを根に持っているのか、杉村氏が明大の学園祭に参加して怒っている。
いつから、明大は大仁田氏のものになったのだろうか?
とりあえず、政治家としての地位を悪用(?)して明大を「私物化」するな!と大仁田氏には苦言を呈しておく。
因みに、杉村氏が明大の学園祭に参加した経緯は、秘書が明大の学生だからだという。大仁田氏の怒りに関しては意に介していない様子である。こりゃ杉村氏の方が大人だな。

ファイヤーその3

その2と同じlivedoorの記事の後半には武部氏の懐柔を暴露しながらも、大仁田氏のまたもや子供じみた行動が記されている。
目には目を、歯には歯を、メロンにはメロンをか。武部氏の懐柔策を逆手に取ったパフォーマンスらしいが、武部氏のやり方の批判ではなく、自分の要求を通すために悪用しているのはぞっとしない。
記事の中では「“偉大なイエスマン”武部氏にたてつく党唯一の“造反者”となってしまった」などと書かれているが、大仁田氏の場合「造反者」ですらない。単に我がまま通そうとしている子供に過ぎない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:17| Comment(7) | TrackBack(7) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[のまネコ]avexを脅迫していた人が別件で逮捕されていた

ニュース記事

goo

所感

仙台市内の女児殺害予告犯として逮捕されていた
何と!avex脅迫犯は既に逮捕されていたという。
逮捕された件は、仙台市内の女児殺害を予告する書き込みをしたことだったが、拘留期限が過ぎた後、再逮捕という形となった。
2ちゃんねるで脅迫を働くような輩は一定の傾向性があるのかもしれない。
2002年4月26日に出版社へ殺人予告した男は未だに逮捕されていない
小田急の爆破予告など、2ちゃんねるで脅迫を行って逮捕されたという事件が後を絶たないのだが、2ちゃんねるでの脅迫事件の中には未解決のものもある。
以下はその未解決事件の書き込みの一例である。
その書き込みはこのスレッドに書き込まれたものらしいが、現在「過去ログ倉庫」の中にあって、一般に見られない形となってしまっている。また、これは一部において非常に有名なものである。
906 :dexiosu(守本) ◆a.06orfw :02/04/26 14:54
CLAMPのような妄言嘘吐き集団なんか擁護する編集部がいたら
金属バットでも持って編集部に討ち入ってやるよ。

909 :dexiosu(守本) ◆a.06orfw :02/04/26 14:55
30人も殺せば気がすむかもしれないし。
この「dexiosu(守本) ◆a.06orfw」という2ちゃんねらーの書き込みは明らかに脅迫の内容であるにもかかわらず、脅迫されたと見られる関係者(角川書店か講談社か?)に無視されたらしく、この「dexiosu(守本) ◆a.06orfw」という者は脅迫罪で逮捕されずに、今日も尚のうのうと暮らしているという。戦慄するべき事態である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

[マスコミ]子供に見せたくない番組対決

ニュース記事

livedoor

所感

確かに、低俗な番組が氾濫している状況及びそれを受け入れる低俗な国民性は否定しない。ただ、この記事を書いている「ゲンダイネット」の親会社の講談社も「週刊現代」などで随分と低俗な口調で記事を書いていたりしている。お互い様で何よりである。
村上ファンドも、阪神球団より講談社を上場させて欲しいものである(笑)
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:45| Comment(0) | TrackBack(4) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

[杉村太蔵]本物の教育係現る

ニュース記事

livedoor

所感

杉村氏は自民党山梨県連の所属となり、前首相秘書官の小野次郎衆院議員及び飯島勲秘書官の2名が杉村氏の「教育係」に収まる形となった。
杉村太蔵氏の教育係の件では、大仁田厚参院議員のパフォーマンスが取り上げられ、様々な所から非難の声が挙がっていたが、これにより事態は終息に向かうようだ。最早、大仁田氏の出番はなくなったようだ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

[杉村太蔵]大仁田厚にストーキングされる&秘書募集

肝心の時期を逃したが

今更な話題だが、弱冠26歳の衆議院議員杉村太蔵氏に「ストーカー」が出現した。しかも、その「ストーカー」は大胆不敵にもマスコミに頻繁に出ていた。
その「ストーカー」とは、大仁田厚参議院議員である。
元プロレスラーの大仁田議員は派手なパフォーマンスで杉村議員に頻繁にアタックする。しかし、肝心の杉村議員にはシカトされ続けている。杉村氏の対応は、鬱陶しいものは完全無視という今時の若者らしいものである。杉村氏は「ニートの代表」より「今時の若者の代表」を名乗るべきだろう。その方がしっくりくる。
一方の、大仁田氏は、報道陣から「パフォーマンスでは」と聞かれ、
パフォーマンスだよ!
なぜパフォーマンスがいけないんですか?
でも(杉村氏に)便乗したんじゃない。僕は人気も知名度もある
と激しく反論した。殆ど逆ギレである。
国会はプロレスリングではない。「パフォーマンス」ばかりやっている議員に国政に携わる者としてのパフォーマンス(性能)は期待できない。

民主党前原誠司氏の所感

この一連の騒動において、野党第一党の民主党代表前原誠司氏は
国会がおもちゃにされている
と嘆いていた。全くその通りである。恐らく、他の議員達(所謂「小泉チルドレン」含む)も似たような所感を持っているのではなかろうか。

杉村氏、ブログ上で秘書を公募

杉村氏は当初秘書が1人いたのだが、辞めてしまったようである。これを受け、国会の会期終了後に秘書を公募する運びとなった。
秘書になる条件はずばり、
日本と杉村太蔵を愛する人
である。分かりやすいキャッチフレーズで何よりである。全国的に話題になった人であるので、恐らく多数の応募があるのではないかと思われる。しっかりとした人に務めて貰いたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

[靖国]小泉氏ら101人参拝に対して、武部氏のコメント

ニュース記事

livedoor

所感

今回の武部氏が靖国問題において今までで一番まともなコメントを出したと思う。今までの不弁明はしっかりと反省するべきだ。
それにしても、中国や韓国などの反応は、高校時代に虐められていた奴がいじめっ子にちょっと話題にされた程度のことに腹を立てているようなものである。いじめっ子がどういう話題を振ったのかは与り知らないくせに。この過剰反応振りは実に滑稽である。まあ、彼らがそういうプライドを絶対的信条として持ち続ける限り、今後もこうした過剰反応が期待される。是非とも激論を交わして貰いたい。
尚、この手の話題で登場して戴いているとある東京都立大学附属高等学校43期同窓生は、コメントを得られず、今回は休み。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

[人権擁護法案]鳥取県の人権救済条例に対し、報道各社が批判声明

ニュース記事

Yahoo!

所感

取材の妨害となりかねないとして報道各社が鳥取県に対して批判する声明を出した。
それに対する鳥取県の片山知事は
(来年6月の)施行前に内容を点検するつもりはない。表現の自由を侵さないよう、最大限の注意を払う。施行後に問題が生じれば改正案を出すこともある。
と語った。
何れにしても、今国会で懸案中の人権擁護法案の試金石となる条例である。これが成功すれば人権擁護法案の成立に道筋がつくが、失敗すれば再び廃案となるだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

[地方議会]鳥取県で人権条例が成立

ニュース記事

Yahoo!

所感

人権擁護の特区?
以前国会で審議されようとした人権擁護法案のような内容の条例が可決された。人権擁護法案の実験なのかもしれない。
もし、この条例が上手く運用されると見込まれるのなら、人権擁護法案の成立に目処が経つことになる。
人権擁護法案の成立を示唆?
少し前のYahoo!ニュースの記事で、郵政民営化を巡っての総選挙の結果、人権擁護法案賛成派が伸張する形となった。理由は、人権擁護法案反対派が郵政民営化反対の件で多く離脱したことにある。そういえば、総選挙中、人権擁護法案に関しては誰も触れていなかったような気がする。
人権擁護法案については私の見解は、Yahoo!時代のブログの記事(その1)と変化は無い。人権抑圧乃至は差別の定義が曖昧なのは恣意的な解釈を生み得る問題がある。それこそ、エセ同和の増長に繋がる大問題である。
人権法案は民主党に利がある?
郵政民営化法案では碌な対案が出せなかった民主党だが、これに限っては、自民党案の欠点である人権抑圧乃至は差別の定義において、それをきちんと定義した対案があるという。人権擁護法案を巡る論戦に民主党への期待がかかる。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:31| Comment(5) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

[参院補選]川口順子の応援演説にマドンナ大歓迎、ドブ板不歓迎

ニュース記事

livedoor

所感

マドンナ刺客4人が揃って応援演説に駆け付けるという。まあ、スケジュール次第であるが。
本会議をお菓子のトークショーでサボったようなことを繰り返すのであろうか?>藤野真紀子議員
一方、杉村・大仁田両議員による「ドブ板」は川口陣営で全く歓迎されていない。如何にも泥臭い演技は似つかわしくないという。小林興起ごっこは諦めて貰いたいものだ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。