2009年04月05日

[北朝鮮]結局、「打ち上げ」は失敗に終わった。

ニュース記事

Yahoo!

所感

北朝鮮による「人工衛星打ち上げ」は結局、今日行われた。切り離された「ロケット」の1段目は秋田県沿岸から280kmの沖合に、2段目以降は太平洋上に落下した。何れの落下物についても、日本及びアメリカからの迎撃はされていない。
因みに、北朝鮮国内のメディア(朝鮮中央テレビ)は打ち上げ成功と報じたが、実際には人工衛星が軌道上に乗った形跡は見られない。
これにより、今回の「打ち上げ」は弾道ミサイルの発射試験と見る向きが強まるだろう。ロシアの沖合に落下した前回に比べ、遙かに飛距離が伸びたことも考え合わせると、北朝鮮による弾道ミサイル試験としては「成功」を収めたと言えよう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

[ロシア]北方領土交渉、面積による分割も解決策の一つ

ニュース記事

livedoor

所感

北方領土問題は未だ解決に至っていないのだが、麻生外相はちょっと焦り気味である。尤も、ロシア側も一応の歩みよりはあるのだが、択捉島や国後島は千島(クリル)列島の一部ではないという従来の姿勢を貫いて欲しいものである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

[北朝鮮]1930年代のナチス・ドイツのような国威掲揚運動が起きている

ニュース記事

livedoor

所感

臆病者とも言われている金正日総書記であるが、以下のような発言をしていたとされる。
金総書記は“革命は信念であり、意志であり、度胸だ。必勝の信念が弱く、度胸がなければ、あらゆる荒波を押しのける必要のある革命はできない”と述べた
尤も、発言がいつどこで行われたかは明かされていないが、核実験以後、北朝鮮では国威掲揚運動が盛んになっている。だが、辺境では金正日総書記を呼び捨てにする兵士がいるなど、体制が以前に比べて脆弱化していることもある。これを考えると、核実験を始めとするこのような国威掲揚運動は、今までのやり方で最早体制を維持することができなくなった北朝鮮の悪足掻きと言える。
因みに、外信各社は北朝鮮の国威掲揚運動を1930年代のナチスドイツの集会を連想させたと評している。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]金正日はチャウシェスクと同じ運命を辿るのか?

ニュース記事

goo

所感

嘗て、ルーマニアにはチャウシェスクという独裁者がいて、1989年のクーデターによって、処刑されたという歴史がある。あれから十何年も経っているが、北朝鮮も同じ運命を辿るのではないのかという憶測が流れている。
実は、中国が金正日総書記を排除することを画策しているという情報がある。ここ最近の中国の北朝鮮離れは露骨で、特に北朝鮮を制裁する国連決議案に賛成するという動きはその最たるものである。嘗てのソ連がチャウシェスク大統領を排除しようと画策していたように、中国も金正日総書記を排除しようと画策している。それは北朝鮮の現政権が中国にとって(日本やアメリカとは違った意味合いで)不都合な存在であるからである。
金正日政権の打倒は北朝鮮の国家経済安定化のために必須であるが、問題はその倒され方にある。倒され方次第では、例えば中国の傀儡政権が樹立される可能性もある。これが長い目で見て、良い結果を齎すのか分からない。だが、今の金正日政権が倒されなければ、北朝鮮の国民は明日の飯にもありつけないし、支援物資も届けることも困難である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

[北朝鮮]核実験は行われ、その結果は失敗だった

ニュース記事

goo
goo

所感

アメリカの発表は信用できるか?
アメリカは咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)付近の大気を採取して、放射性物質が検出されたとして、核実験の存在を裏付けたが、自然大気中にも微量の放射性物質が含まれている。記事には核実験で発生する特有の放射性物質の存在が明記されていないのが気になる。それ以前に、どうやって北朝鮮の大気を調べたのかよく分からない。何せ北朝鮮は鎖国状態にある。簡単にアメリカの情報機関のエージェントが潜入できるとは思えないが…。
ただ、アメリカの発表の真偽に関係なく、北朝鮮は自ら核実験を行ったと発表しているし、少なくともその意志はある。これを考えると、制裁措置は寧ろ妥当である。特に、贅沢品の販売を禁じた制裁は確実に金正日政権にダメージを与える
どのみち失敗の運命だった?北朝鮮の核実験
一方、脱北した科学者の話が2番目の記事で出ているが、それによると北朝鮮の核技術のレベルは1970年代の韓国と同レベルという。しかも、機材が揃っていなかった影響で核弾頭の設計が不完全なため、所定の爆発力が得られないのではという問題がある。なるほど、この話からすると、北朝鮮の核実験の爆発が思ったより小さかったのは、核爆発が不完全だったということが言える。これは核実験失敗説の裏付けだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

[韓国]北の核実験は米の責任と韓国世論

ニュース記事

goo

所感

太陽政策への批判も強いが、制裁に積極的なアメリカへの批判も依然根強い。
北朝鮮の核保有に関して、大国のエゴだという意見も一部あるが、だからといって、小国の核保有は正当化できない。というより、大国かどうかではなしに、核兵器のような大量破壊兵器の存在自体が世界平和への大きな不安材料である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]北へ"贅沢品"の販売禁止

ニュース記事

livedor
livedor

所感

北朝鮮の核実験の制裁に伴って、北朝鮮への贅沢品の販売禁止措置が盛り込まれた。一見、核開発とは無縁な制裁だが、制裁の趣旨が北朝鮮への懲罰とあるのだから、理に適っている。
北朝鮮は幹部の忠誠心を汲むのにこうした贅沢品を使っていた過去がある。この源泉が途絶えることによって、北朝鮮のエリート達の間で危機感が発生し、北朝鮮の独裁体制が崩壊に向かうことを狙ったものだろう。
また、贅沢品の販売禁止で現在危機に瀕している北朝鮮の経済状態が悪化することは当然考えられないので(固より贅沢品は庶民の生活とは無縁)、北朝鮮の今の体制に効果的にダメージを与えること請け合いである。
蓋し、人心を贅沢品でしか掌握できない指導者は指導者としての資質が無く、その指導者の率いる組織は早晩瓦解の道を歩むのだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]北朝鮮反発「宣戦布告とみなす」

ニュース記事

goo

所感

国連の非難決議に対して、北朝鮮がキレた。以前から、「経済制裁は宣戦布告とみなす」と繰り返してはいたが、この展開は戦前の満州国を巡る国連決議で日本がキレたのと似たような展開である。
戦争が始まる危険性が愈々高まってきたが、北朝鮮が戦争に勝つ可能性は極めて低い。ただ、金正日総書記は「負けたら地球を壊す」などという異常感覚の持ち主だから、こんな暴挙に出ることを躊躇わないのだろう。恐ろしいものである。
タグ:北朝鮮 国連
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

[北朝鮮]期待する? 国連の制裁効果

ニュース記事

livedoor

所感

北朝鮮に対する国連の制裁に対する期待度の調査である。今回、中国が比較的北朝鮮に対して厳しい態度で臨む構えを見せているから、それなりに期待できると考えているが、大半の者は期待できないと答えている。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]北核実験"もう1度証明する"&北"日本の制裁は厳しすぎ"

ニュース記事

livedoor
livedoor

所感

「経済制裁は宣戦布告」とは兵站能力の無さを匂わせるフレーズ
北朝鮮は以前から経済制裁は宣戦布告とみなすという言葉を繰り返した。如何にも強がりで挑戦的な発言の目立つ北朝鮮だが、ここまで挑発しているということは、相手方(即ちアメリカか日本)の先制攻撃を狙っているとしか言いようが無い。
つまり、如何に「経済制裁は宣戦布告」と喚いていたが、いざ経済制裁が発動しても、北朝鮮は自分から先制攻撃に出る可能性は現時点では低い。
しかし、北朝鮮が痺れを切らしたとき或いは、アメリカが先制攻撃を加えたとき、北朝鮮が日本に対してミサイルを撃ち込まないという保証は無い。
また、北朝鮮は国内経済状態が悪く、軍隊の兵士にまで食糧が行き届かない状況である。そのため、北朝鮮に対しては持久戦の姿勢で臨まなくてはいけない。
「日本は無い」の田麗玉氏も詰る韓国の対北政策
韓国メディアに北朝鮮のスポークスマンが出たことに対し、
どうしてKBSが北朝鮮を“われわれ”と称する人を公営放送に出演させたのか。これは対南左翼化放送であるといえる
と詰った。韓国の対北政策の甘さは全国民レベルで批判の的になっている。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[韓国]政府に対する"反感"が強まる

ニュース記事

ロイター

所感

韓国国内では、盧武鉉政権の対北政策に対する批判が強まっている。北朝鮮の核実験がそれまで同じ民族だからという意味合いで比較的仲良くやってきた北朝鮮に対する韓国人の感情を悪化させたのだろう。
タグ:韓国 北朝鮮
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

[北朝鮮]制裁強化で北の体制崩壊も 首相

ニュース記事

goo

所感

制裁を強化することで体制が崩壊するというのは一種の仮説、更に言うと、幻想に過ぎない。寧ろ、窮鼠臍を噛むという諺にある通り、逆に攻撃に打って出る危険がある。尤も、そうなった場合、北朝鮮が勝つ可能性は極めて低いが、玉砕覚悟の攻撃に出る危険は常に考えた方が良い。現に北朝鮮は日本に対して敵愾心を剥き出しにしているから。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]最悪、北の"核"で日本攻撃も

ニュース記事

livedoor

所感

技術面のボトルネックが非常に多いので直ぐに現実化する恐れはないが、一部の反戦論者(≒護憲派)のようにその危険がないことは主張できない。少なくとも、北朝鮮には先の戦争での遺恨などから日本を攻撃する意志はある。このことを考えると、来るべき時に備えるべきである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[中国・北朝鮮]中朝間の不信が高まる

ニュース記事

livedoor

所感

中国人というのはプライドや面子にこだわる人種である。それを考えると、今の北朝鮮の暴走は中国の思惑を超えてしまっている。中国政府及び国内世論では北朝鮮に対する批判が愈々高まり、今までのような宥和策を採らなくなりつつあるようだ。
タグ:北朝鮮 中国
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[韓国]軍事制裁は参加せず太陽政策は継続

ニュース記事

goo
livedoor

所感

北朝鮮のミサイル発射のときもそうだが、韓国と北朝鮮は休戦しているとはいえ、戦争中という状態であることをよく理解していないようだ。まあ、今の大統領はかなり親北派だから仕方ないかもしれないが。ただ、一国を預かる身であるから、自国の国民の安全を図るべきである。
ただ、民間交流に関しては別途勘案しなくてはならないかもしれないが。
タグ:韓国 北朝鮮
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

[韓国]盧大統領 北への声明さえぎる

ニュース記事

livedoor

所感

自分勝手な韓国人の国民性が窺知できて何よりである。或いは盧武鉉大統領はチュサパ(主体思想派)の味方かとも思える(これは今回の件より、普段の親北政策によるものだが)。尚、記事でも触れられているが、外商省は比較的北朝鮮の核実験に対して懸念を抱いているようだ。
因みに、中国は日本とは立場が違いながらも、北朝鮮の核武装に対して懸念を抱いているという利害の一致の面から意見が一致していた。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[韓国]北の核開発で韓首相が謝罪

ニュース記事

livedoor

所感

この手の問題発言は日本だけではないという訳だが、韓国国内では、一部に北朝鮮を評価する動きがある。チュサパ(主体思想派)にとって、北朝鮮の核実験は祖国の誇りなんだろう。
因みに、国内の在日朝鮮人団体は北朝鮮を非難する声明を出していたことを付け加えておく。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[北朝鮮]北の核実験は本当に成功した?

ニュース記事

livedoor
livedoor

所感

日本国内でも核実験による地震波と思しきものが西日本地域で観測されたが、核実験にしては地震の規模が小さいと言われている。そのため、核実験失敗説が流れているが、核実験を通じて国際社会にアピールを図ることや国内体制の引き締めを図ることを考えると、実験の成否は無関係である。寧ろ、政治的な意図にこそ注意を払うべきである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

[北朝鮮]核ミサイルに言及、北朝鮮当局者

ニュース記事

核ミサイルに言及、北朝鮮当局者

所感

核ミサイルを作るには核弾頭の更なる小型化が必至である。恐らく、今の北朝鮮の技術力なら、核爆弾は作れる可能性はある。
ただ、北朝鮮としては核実験を通じて、国際社会の気を引こうとしたり、或いは内部体勢の引き締めを図る目的があることから、核ミサイルの件は虚々実々と言える。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

[北朝鮮]テメ、一線越えたぞ!

ニュース記事

Yahoo!
Yahoo!
Yahoo!

所感

今日の昼休みのニュース番組はこれ一色であった。
北朝鮮が国際社会から追い詰められている状況がよく分かる事件である。
テポドンの発射は失敗に終わったとされるが、何を以って失敗なのかは不明。
友好国の中国ですら、北朝鮮の暴走を止める力とはなり得ないことからすると、今後もミサイル発射実験は続けられる模様か?
尚、この件を受けて、日本政府は万景峰号の入港を半年間禁止するなど、実質的な経済制裁を発動させた。
朝鮮半島情勢から当面目が離せない状況となるだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国際) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。