2006年05月21日

[サイト観察]検索エンジンに喧嘩を売る変な人

Yahoo!の検索エンジンに喧嘩を売っている人を見つけた

嘗て「ムサナ」と称していたY・K氏(現在、本名で活動中であるが、敢えてイニシャル表記とする)が、日記(ブログではない)に、Y・Kの名前でビジネスをするなという旨の記述がある。意味不明である。

Googleに喧嘩を売ったM・K氏以下の要求

検索エンジンに喧嘩を売る愚か者は過去1人しか見たことがない。その1人とは「dexiosu」というハンドルネームで有名なM・K氏であるが、M・K氏の場合は、自分の本名での検索結果を上位にしないという理由でGoogleに喧嘩を売っていた。これもこれで愚かしい話であるが、一方のY・K氏は、自分の本名の検索結果を0にせよという要求である。はっきり言って、前述のM・K氏以下である。
Googleにせよ、Yahoo!にせよ、検索エンジンの検索結果はより多くのサイトにリンクされているサイトが上位に出るというものなのだが、検索エンジンの仕組みに対する無知蒙昧ぶりはM・K氏もY・K氏も同等である。

Y・K氏の名前は全然珍しくないのだが

それ以前に、Y・K氏の名前は全然珍しくない。実際にYahoo!にて検索してみたが、いきなり3番目のリンク結果に明らかに嘗て「ムサナ」と称していた者とは無関係な人のもの(木の端材でちょっとした小物を作る人)が検索で引っ掛かっている。それ以外にも、中小企業の経営者や日興コーディアル証券の支店長(神奈川県の人、因みに「ムサナ」だった人は香川県人)など、Y・K氏と同姓同名の人間が多数存在する。これらを踏まえた上で、Y・K氏は自分の本名での検索結果を0にせよと言っている。おかしな話である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[アイスピック]偏執狂的なスパムメール攻撃を行う

「れくと」と称する人物がスパムメールを送信する

5月12日、牛島えっさい氏のブログにて、このような記事が書かれた。今の時点では旧聞に値するため、記事の転載は行わないが、この「れくと」なる人物が牛島えっさい氏に対し嫌がらせとしか言い様のない行動を起こしたという。この当時は、このえっさい氏の申告のみであるが、状況証拠的に「れくと」即ち「dexiosu」ことM・K(38)氏の仕業であることは観察者の間では知られていた(翌日には判明するのだが)。

犯人探しに躍起になるM・K(38)

1週間後の19日、牛島えっさい氏のブログにて、このような記事が掲載された。えっさい氏の12日の記事を受けて、例によって、「れくと」なる人物が「反論」のために行ったものと推測されるが、告発を受けて、それに対して真摯な対応をとるどころか、犯人探しに血道を上げるという、凡そ「仮面ライダー的対応」とは正反対の行動に出ている。

更に驚くべきことに

「dexiosu」ことM・K(38)氏のホームページの「MO−Cute」のトップページの下の方に以下のような追記が書き込まれている。
 追:僕が「某人物に関して書いた批判メールを、誰が某人物に対して流したのか?と問いただして
 しかもすごく下品な内容のメールが数十人に届いている」という噂なんですが(・・・長い)
 デマです。ていうかそりゃ悪い噂を立てられてるんだから、顔見知り(以上ではない)の人に対して誤解を解く作業はするけど、
「誰が某人物に対して流したんだろう?」という内容のメール(ていうか流れているかどうかも不明)は
 事実上4人にしか出してません(他は不着)。で、その内の2人分はその人物がブログ上に文を書いた時点で、
 開封確認されてません。しかも下品じゃないし。
 ↑の改竄証拠画像のURLは載ってたりするけど。つまり確認メールをその時点で見てる相手は二人だけです。
 つまり、数十通もそういう問いただしメールがまかれているという事自体が事実に反するし、
 もしそんな「下品メール」が数十通も実在してるのなら偽装IDによる偽装メールです。注意。(2006_5_20)
あのサイトの構成が酷いため、なかなか見つけだせなかったのだが、このM・K(38)氏が「顔見知り(以上ではない)の人」に対して、メールを送信した事実を認めているということに注意していただきたい。メールの送った本数等に隔たりはあるものの、「問いただしメール」を送信したということには変わりない。どんな内容なのかは私自身、M・K氏の「顔見知り(以上ではない)の人」ではないので不明だが、2ちゃんねる等で流れている情報によると、かなり悪質な内容とのことである。こうなると、メールを4通送ろうと、数十通送ろうと関係ない。1通だけでも十分犯罪になりうると考えられる。
それにしても、このM・K(38)氏の偏執狂ぶりには改めて驚嘆を感じる。ここ最近のM・K(38)氏は「行動する勇気」が大幅に欠如しているため、ストーカー事件を起こすようなレベルにはなっていないものの、思考そのものはストーカーそのものである。住みにくい世の中になったものである。

ストーカー対策の本をお探しなら

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(2) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

[Yahoo!オークション]ニセアクロバンチ事件

アクロバンチって何?

「魔境伝説アクロバンチ」とは、1982年頃放送されていたロボットアニメで、蘭堂一家がアクロバンチというロボットを使って遺跡探索をするという、ボウケンジャーとマジレンジャーを足して2で割ったようなものだったという。私はアクロバンチに登場する敵ロボのプラモを買った覚えがあったのだが、アニメは殆ど放送されなかった上(キー局が日テレで野球中継になりやすい時間帯だったので放送回数が少なかった)、見ていないので、よく覚えていない。ただ、今の20代後半から30代前半くらいの年代だと、少年誌か何かで紹介されていたのを知っているのではないだろうか。
決して、ミクロマンの敵アクロイヤーの仲間とかではない。

日本などの玩具メーカーの金型を流用したパチ物は昔からあった

欧米や日本の玩具メーカーが玩具製造の下請けを所謂「特定アジア」地域を中心に展開している関係から、それらの地域で「何処かで見たことのあるような」玩具が出回っていることがある。一部は国内の玩具メーカーサイトでパチ物への注意を促すようなことがあったが、余りにも外見が違うようなパチ物も多く、大半はアナウンスされていない。
尚、こうしたパチ物玩具について詳細に且つアナーキーに紹介されているサイトがあるので参考にしていただきたい。

パチ物の出品はYahoo!オークション規定違反

たまに、Yahoo!オークションでは所謂パチ物の出品が行われていることがあるが、多くは「中国謎」などパチ物であることを示す情報が付加されている。しかし、それを知らせず、パチ物を本物であるかの如く出品するのはオークション規定違反である。詳細はこちらにあるので参照していただきたい。

最近起きた事件

前置きが長くなってしまったが、最近、Yahoo!オークションにて、アクロバンチの胴体を構成する飛行機(ファルコン・バンチャー)のパチ物が出品された。この出品者(kohji_moli_00)については後述に譲るが、表題は「DXアクロバンチのファルコンバンチャー ポプラ葦プロ超合金系」という物であるが、表題にアクロバンチとは無関係な「葦プロ」が入っていることはともかく、ネットで見つけた「DX 驚異合体5 魔境伝説アクロバンチ」を紹介するサイト(その1その2)に掲載されている物とは明らかに違う。

ニセファルコンバンチャーの特徴

この「ファルコンバンチャー」であるが、本物やアニメではマゼンタの帯となっている所がパチ物では葡萄茶色或いは臙脂色になっているし、最大の違いは本物の翼は赤1色であるのに対し、パチ物の翼の成形色が白である上、本物とは貼付されているシールの形・デザインが異なる。更に、パチ物は翼の丸のドーム状の突起に黄色が塗られており、真上から見るとウルトラマンのような顔に見えるという特徴がある。この偽「ファルコン・バンチャー」であるが、韓国で製造されたパチ物であるという情報があるが、いずれにしても、本物とは大幅に異なる特徴があり、明らかにパチ物である。

この手の出品物を見かけたら

このオークションは落札直後、落札者からいきなり「非常に悪い」がつけられた。そもそも、こういうオークションには落札せず、「利用者からのアドバイス」で忠告するのが筋である。問題のオークションにはそうしたアドバイスが送信された形跡がないので、一応やり方を説明すると、この場合、アドバイスページの「アドバイス」のドロップダウンリストに「違法コピー、偽ブランド商品:」を選択し、下の「コメント」に適切な内容を記述して、「送信」ボタンをクリックすれば、OKである。
落札の意志のない入札はYahoo!オークション規定の禁止行為「逆オークション、交換目的、掲示板としての利用など、Yahoo!オークションのルールを守らない出品をすること」に該当する恐れがあるので注意しよう。現に、このオークションは既に「掲示板としての利用」の状態になっている(評価欄連絡掲示板)。

出品者の見苦しい言い訳

出品者のkohji_moli_00という人物であるが、2ちゃんねるの玩具・特撮・同人・コスプレ関係で非常に有名な「dexiosu」という固定ハンドルネームで知られている人である。このkohji_moli_00ことdexiosuはあらゆる件で問題を起こしているが、いつも言い訳ばかり並べて自己正当化を図ろうとする癖がある。今回もその事例に漏れないものである。その一部を以下に抜粋する。
評価日時 : 2006年 5月 11日 0時 51分
また、商品が違うのに、という発言ですが、時期違いである可能性もあり、実際に商品が全く違うのかどうかは結局現時点の僕には謎です。背には国際映画社、日本テレビ、ポプラと書かれているので、DXとの判断はしがちなものであり、詐欺発言や警察に云々の方が余程物騒です。
この発言は、件の「ファルコンバンチャー」の件であるが、まず、本物の商品が生産されたのは放送当時の1982年頃と思われ、アクロバンチが全26話のマイナー番組だったこともあり、そう長く商品展開されていたとは考えにくいし、マイナーなシリーズだったことから流通量が少ないと考えられるので、大幅な色替えを伴うようなドラスティックな仕様変更するとは思えない。よって、「時期違いである可能性」は否定される。
次に、版権標記の件であるが、こうした「特定アジア」地域で流通するようなパチ物の場合、本物を製造している工場から金型を密かに流用し、版権標記を消さずに生産しているというのが殆どである。最近は「特定アジア」地域でもパチ物の取り締まりを行うようになったので、版権標記を消去した上で金型を流用するケースもあるが、版権標記を消さずにパチ物を製造した場合、未必の故意による著作権侵害で訴えられる可能性が高い。なので、「国際映画社、日本テレビ、ポプラと書かれてい」ても、それが本物であることを示す判断材料となっていない。それどころか、意図的に消費者を騙そうとする悪質なパチ物とさえ判断されかねない。
評価日時 : 2006年 5月 12日 21時 11分
この間、落札者と出品者の間で、激しい応酬があるが、Yahoo!オークションは落札者から入札取り消しを簡単に実行できない仕組みになっているので、出品者にそれを入札取り消しを通知し、それを出品者が実行しなくてはいけない。それはさておき、
アクロバンチのDXにはネットでも頻繁に目にするDX驚異合体5というものと、それより1サイズ上のDX魔境合体というものがあり、どちらもDXだそうです(まんだらけの店員さんによる)。DX魔境合体はネットにも出ていないのでより珍しいのだそうです。
という記述だが、この出品者kohji_moli_00なのだが、他人の話をまともに聞いていない可能性が否めない。一つは、この出品者のブログがあるのだが、番組視聴感想文の内容を見ると、的外れな所感が書かれていることが多々ある。詳細は2ちゃんねるの方に譲るが、要は、この出品者は「まんだらけの店員さん」の話を正しく解釈できていない可能性があるということである。
アクロバンチの件でネットを検索してみたところ、まんだらけのサイトに「DX 驚異合体5」とは別のアクロバンチの商品が紹介されている(その1その2)。これらの商品はネットでは余り見つかっていない(「驚異合体5」なら前述の2つのサイトで紹介されていたが)。このことから、「ネットにも出ていないのでより珍しい」というのはこの2つのことを指しているのではなかろうか。因みに、アクロバンチ関連で検索したが「DX魔境合体」という商品はなく、そもそもそんな商品は存在していないと考えられるが。どちらにしても、今回の出品物がパチ物であることは間違いないと見なしても良い。

続きはあるのだが

いい加減長くなってしまったので、ここまでにするのだが、出品者の見苦しい言い訳が過ぎるせいで、落札者の方は弁護士に相談するなど物騒なところにまで発展している。
また、この出品者は最近、「れくと」名義で牛島えっさい氏を非難するメールを知り合いのレイヤーに送信したという話がある(参照)。
この出品者の抱える少なくとも2つの爆弾は爆発寸前である。本当に大丈夫なのだろうか?もう手遅れかも知れないが。いずれにしても、このような出品者のオークションには関わらない方が良い。
追記
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

[ブログ観察]観察者のブログのコメントで暴れる人がいる〜第1話〜

プロローグ

平成18年のゴールデンウィーク、ステルスミッション#0作戦本部に、観察対象「デキシオス」が攻撃を加えた。その挑戦的且つ挑発的な態度に観察者達は一瞬戦いたが、直ぐに体制を立て直し、「デキシオス」に反攻した。

第1話「某人物って誰なんだい?

2006/04/29 19:17「外れてる所と嘘が殆どだぞ、君の文は。
「デキシオス」は某人物に対する回答を行わず、何の脈絡もなく
外れてる所と嘘が殆どだぞ、君の文は。
と威嚇射撃を行う。
更に作戦本部のプレスリリースに対し、
>自分にやましい所が無ければ
>IPを晒されて困るなんて事はありません。 
IP表示がされないからこそ書きこんでる人は大勢いるわけで、
何でこんな文面がいちいち削除されなきゃならないんだ?事実じゃないか。
ほー、面白いですね。
などと「事実」を以って相手を威嚇しながらも、明後日の方向に噛み付く。当然、作戦本部はダメージを受けない。大体、「デキシオス」のいう「事実」とは何を指すのか?「デキシオス」自身、それに関して何も示した例しがない。
更に
>B-maniacsでナチス軍服の現物やナチスコスプレを販売していらっし
>ゃいますよね、*っさいさん。(一部伏字)
最初これだけだった時点から消されまくりじゃないか。
どうやら、「デキシオス」は作戦本部に宛てた書簡を捨てられたことに怒りを覚えているようである。いや、待て、「B-maniacsでナチス軍服の〜」の件は「*っさいさん(一部伏字)」の所での話ではなかろうか。「デキシオス」は主語を暈かして相手を攪乱することを謀る癖があり、一筋縄には行かない。
続いて、
>(警視庁の方々、期限まであと数日ってところです)
期限を過ぎたから何だって事ではないかもしれませんが、僕は君のブログを警察に通報した事はいまだ無いですよ。ていうか通報自体を忘れてました。してよろしいですか?いいんですね?
というか、反論が可能である限りは、そっちでカタをつけてくれといわれると思いますよ。
該当人物の場合、削除人権限を利用して書きこみ者の内容文を、書きこみ者に疑いのまわるように改竄したり、IPを勝手に晒したり、
そういう行為に出る事が問題なわけです。フェアじゃないからなんですよ。
こんなことを書いているが、「警視庁の方々、〜」の件は「デキシオス」の巣にあったものである。それに対し、自ら噛み付くとは神経がいかれているとしか言い様がない。そして、例によって、権力を利用して自らの邪魔立てをする存在を抹殺しようとする「デキシオス」の陰湿で卑劣な脅迫を行っている。「業界」とやらの頂点に君臨する者故に、既得権力にしがみつく醜き権力者のようである。
2006/04/29 19:19「もとい。読みづらいのに送信ボタンを押してしまった。訂正。
続けざまに、「デキシオス」は
もとい。読みづらいのに送信ボタンを押してしまった。訂正。
などと前文を若干改竄して再掲載している。「デキシオス」には推敲という能力が一切備わっていないようだ。否、それ以前に「デキシオス」の文章は余りに論旨が破綻しており、どのような構成にしても読みづらいのに変わりはないが。以下、再掲載した文書である。
外れてる所と嘘が殆どだぞ、君の文は。
>自分にやましい所が無ければ
>IPを晒されて困るなんて事はありません。 
IP表示がされないからこそ書きこんでる人は大勢いるわけで。
それを勝手に気に入らないからといってIP表示してはいかんでしょ。

というか、何でこんな(下記参照)文面がいちいち削除されなきゃならないんだ?事実じゃないか。
ほー、面白いですね。
>B-maniacsでナチス軍服の現物やナチスコスプレを販売していらっし
>ゃいますよね、*っさいさん。(一部伏字)
最初これだけだった時点から消されまくりじゃないか。

>(警視庁の方々、期限まであと数日ってところです)
期限を過ぎたから何だって事ではないかもしれませんが、該当人物について連絡している事は色々とありますよ。
あと僕は君のブログを警察に通報した事はいまだ無いですよ。ていうか通報自体を忘れてました。してよろしいですか?いいんですね?
というか、反論が可能である限りは、通報した所でそっちでカタをつけてくれといわれると思いますよ。

該当人物の場合、削除人権限を利用して書きこみ者の内容文を、書きこみ者に疑いのまわるように改竄したり、IPを勝手に晒したり、
そういう行為に出る事が問題なわけです。
彼がフェアじゃないからなんですよ。
太字は前段においてなかった記述である。それにしても、自らの巣では誰もが反論できないように仕組んでいる癖に他人の家には土足で上がり込むという「デキシオス」の厚顔無恥さには呆れる。相手にハンデを負わせて、自らは好き勝手発言するような奴の何処がフェアなのだろうか?
2006/04/30 09:38「本物かどうかは判らないからあれだが
上記2件の後、作戦本部長のfox_zero氏及び、「*っさいさん(一部伏字)」こと牛島えっさい氏より、反論がなされる。それに対し、「デキシオス」は牛島えっさい氏に対し、怯えながら挑発する。
本物かどうかは判らないからあれだが、ナチスグッズをあそこまで代々的にキャンペーンしてるような奴に話す事など何もないね。
一言いうならコミケのコスプレ代表をやめろ、って事位だよ。
まぁこっちの希望であって、それであんたがやめるかどうかは全く別問題なわけだけどね。
話す気もないのなら、今後一切話題にするべきではない。この時の「デキシオス」はきっこ(*1)や大場武生(*2)を気取っているのだろう。きっこや大場武生の似てない物真似をしても、誰も騙されないのだが。
2006/04/30 14:56「別に嘘を書いてはいないんだが?
この後、fox_zero氏からの返答を受け、「デキシオス」は
別に嘘を書いてはいないんだが?ナチス軍服やナチス短剣等を彼が広告してることなんて、毎回のコミケカタログに載ってる広告見てれば誰でも判る事だし、その販売者が彼である事は彼のHPを見ている連中は誰でも知っている筈じゃん?
情報操作と印象操作は君らの常套手段だろうに。
などと、コミケカタログの広告の内容という小さな「事実」を基に「情報操作と印象操作」を試みていることがありありと分かる。どうやら「デキシオス」は第二の「大盛工業事件」を起こしたいようである。
2006/04/30 20:13「自分はそこまでクリエイターを名乗った事はないと思うんですがね
第二の「大盛工業事件」を起こそうと躍起になる「デキシオス」であるが、
自分はそこまでクリエイターを名乗った事はないと思うんですがね。
と「業界」の頂点に君臨し、タカラ(現・タカラトミー)の社長(恐らく、今のタカラトミー副社長佐藤慶太氏のことか?)と天空の友情で結ばれていたという「事実」を「デキシオス」自らの手で否定してしまっている。
あと、株式会社だったら株式総会でクレームがつけばヒメンですよ。
「株主総会」と書くべき所を「株式総会」と誤っていることはともかく、このような株主総会があるのなら、小川薫は乱闘をせずに済んだだろう。
コミケは株式会社ではなく、世間一般の常識が通じない閉鎖性があるってのは一目瞭然です。
ここまでは固有名詞を置き換えれば、かにれいる氏と何ら変り映えしない発言であるが、
言論の自由がこれほど重要なこの時代に、IP晒しや掲示板文面の削除改竄までして言論を圧する資格はあなたには無いですよ。
ナチスコスプレ反対論はこの世に存在すべきだし、存在すべきである論である以上、法的にも中傷性はなりたちません。よく覚えておくように。
などと、押しつけがましい「べき論」はみなと鉄道(現・ズンベロドコンチョ)氏そっくりである。或いは「言論の自由」を盾に傍若無人な取材を行う週刊誌記者の詭弁そのものである。「業界」の頂点に君臨していたような人とは思えないような雑草根性である。
2006/04/30 20:14「これはコミケHPの事ではなく、ヘブンの質問箱掲示板のことですが
続いて、「デキシオス」は以下のような変化した「もとい」を挿入。
>IP晒しや掲示板文面の削除改竄までして
これはコミケHPの事ではなく、ヘブンの質問箱掲示板のことですが。
主語を省いたような文章を書くとこのような手間が生じてしまい、如何にも効率が悪い。
2006/04/30 22:09「僕は97年からナチコスには反対し続けているよ
再び、「デキシオス」は持論を展開する。
僕は97年からナチコスには反対し続けているよ。
「ナチコス反対」ということと牛島えっさい氏に対する糾弾とが結び付けられたのはごく最近のことである。
観客を増やしたって仕方ないだろ?そんな釣りにはひっかからない。何を書きこんだ所でヘブン質問箱掲示板のように即時記事削除されるだけだ。
fox_zero氏は一切削除していない。また、観客を増やしているのは「デキシオス」が如何にもいきり立った調子で暴れているからである。「デキシオス」に限らず、この手の輩が暴れていると必ず、通りすがりの野次馬共がよって集って見に来たり、或いは野次を飛ばしたりという現象は全く珍しくない。「デキシオス」のやっていることは企業のサービスにクレームを付けるべくして、会社に乗り込み、喚き散らしているクレーマーそのものである。
いかに言っている事が間違っていても、結局コミケ等ではあなたの方が権力者なのは誰の目にも明らかだから、権力に擦り寄る人間はいくらでも出てくるだろ。
どうやら、「デキシオス」の弱点は「権力」であるようだ。出だしの「デキシオス」の威勢の良さは如何にも暴力団っぽいが、結局のところ、力あるものに取り込もうとする辺り、暴力団とよく似ている。やはり、「デキシオス」はコミケなどの同人オタク界の大場武生を目指しているようだ。
例えば。コミケで販売されているロリペド同人誌の悪質な類が問題になったからと言って、規制に反対するオタクは多くいる。
要はそれと同じ。権力構造的に言えば、元々の数が1VS数百スタッフの頂点というオーダーなわけだ。全て動因されれば、当然フェアな討論にはならない。

要はコミケはナチスコスプレ寄りの場所である、というそういう場であるってだけの話だろ?
僕は出禁を言われたわけだし行かない。事実04年夏から行っていない。来るなと言われれば行く気は無い。
まぁ B-ma**acsのプライベートドメインからの出禁メール(しかもわざわざ僕の誕生日を狙ったような怨念のこもったのまで届いてますが)にどんな強制行為があるのかといえば疑問ですが、実際ナチス軍服だの短剣だの拷問研究所だの薬物本だの死体本の販売内容までコミケの広告に載ってるような店なわけだから、こっちとしては恐怖からそれを飲まざるを得ないのが実情)
僕は来るなという所に一切行く気はないですが、批判は行う。それが言論の自由ってもんだよ。
ネットである以上、主張は双方存在しなければならない。判る?

言論の自由は、別にコミケで売られているようなロリペドスカトロ同人誌を頒布させるために存在しているのでは無い。以上。
後は、所謂プロ市民のアジテーションの腐ったようなものに終始している。しかし、「恐怖からそれを飲まざるを得ない」とは非常に情けない。「デキシオス」はコミケ参加者のために身体を賭けて戦っているのではないのか?正義のために戦っているのではないのか?
2006/04/30 22:13「もとい。 記事削除>コメント削除  研究所>研究書
いつもの「もとい」なので略。
2006/04/30 23:36「全ておまえら2ちゃんねらーの発言なので無視
今度は、fox_zero氏のブログに来た野次馬に対し噛み付く。本当に正義の人なら、わざわざ
全ておまえら2ちゃんねらーの発言なので無視。
つか普通のH系ならともかくそんな同人誌は落札してないぞ。
とことん嘘ばかりだな大手町。
なんていう余計なことは書かないものだ。「デキシオス」は所詮、大場武生にはなれない。が、迷惑度だけなら取り敢ず匹敵するものがあるが。
2006/05/01 09:30「ギャラリー全てあなたの味方じゃないですか?
野次馬に噛み付いた後、向き直り、「デキシオス」は
ギャラリー全てあなたの味方じゃないですか?あなたのイベントなわけですから。
などと、自らに味方がいないことを自覚しつつ同情を誘おうとする。大体、「デキシオス」の発言には一貫性がない。この牛島えっさい氏への「風説の流布」が第二の「大盛工業事件」に発展できないのは全て、「デキシオス」の論旨のハチャメチャぶりにあると言っても過言ではない。
>もし、お約束していて来られない場合は、
>著作権法に基づく複製範囲内の資料の頒布会を行いますので、ご心配なく。

行かないし、約束なんてしませんよ。
ていうか、「会場内でのあなたの身の安全は」って、会場外はどうなるんですか?(爆笑)
身の安全云々とか、手を出す云々でなく、集団で笑い者にしようってのは見え見えで、ここまでの時点でヘブン掲示板にはIP晒しとかレス削除とか改竄を行われてるわけですから、到底そちらの主催する全てのイベントを信用できません。お断りします。
結局、「デキシオス」は直談判を申し込まれるや否や、即刻逃げてしまう。あのときの威勢の良さは何処に行ったのだ?他人を挑発しておきながら、いざ、相手が挑発に乗ってくれると、いや待てとばかりに止めに入るとは随分と卑劣である。こんなことを繰り返すのだから、「デキシオス」への信頼が薄れるのである。決して、牛島えっさい氏が煽ったりしているわけでもなく、また、ギャラリーが権力に擦り寄るような真似をしているわけではない。自ら考え、どちらが信じるに値するかを選び取った結果に過ぎない。
反ナチスコスプレはコミケに来るなというなら、行きません。
コミケに行きたくないのなら、最早「デキシオス」がコミケの運営等に口を差し挟む理由はない。
ただ、ネット上の主張は平等に存在しなくてはなりません。以上です。
ネット上の主張は平等に存在していないのなら、「デキシオス」のコメントもトラックバックもできないブログやホームページは一切合切存在し得ないだろう。勿論、他人のブログに土足に上がり込むような「反論」なるものもアクセス禁止の有無に関わらず書けないだろう。果たして現状はそうなのだろうか?
2006/05/01 13:33「愚かな負け惜しみ行為はあなた方の方です
「デキシオス」は一体何を求めているのだろうか?どうも、単にイチャモンを付け、相手を煽り立てて弄んでいるようにしか思えないと、書いているうちに思うようになってしまったが、取り敢ず、これとその次くらいは続けたい。
あなた方の発言が嘘ばかりだから、僕が相手にしたくも無いというのが判っていますか?
「デキシオス」は自分の思い込み以外は「嘘」と決めてかかる習性があることがよく分かる。
僕は盗撮魔ではありません。盗撮常習者であるかのようにえっさい氏はヘブン質問箱で書いているわけですが、実際僕は全イベントにおいてその手の注意を受けた事は一切ないし(コミケ含む)、
実際えっさい氏が関与してると思われるイベントには2004年1月の後楽園以外一切行ったことはありません。
コスプレイヤーの後姿をコミケで1回か2回スナップ写真として撮った事があると書いたのは事実ですが、
それは所謂正面からの股間撮影だの、コミケが捕まえる事すらできないトイレ盗撮だの更衣室盗撮とは違います。そういう性的盗撮ではありません。比較論として、あるレイヤーに2ch上で「性的食い捨て被害よりは、盗撮被害の方がまだいいんじゃないだろうか」的な事を書いた事はありますが、あくまでそれは比較論です。
盗撮魔であることと盗撮行為を擁護することには行動が伴っているのか口先だけなのかの違いしかなく、考え方としては類似しているということが「デキシオス」には全く理解できていない。また、「デキシオス」の行った盗撮行為は「性的」なものではないが、盗撮を擁護するような発言はイベント主催者には「危険」と見られても当然である。昨今、肖像権やプライバシー権などが主張されており、こうした世間の流れからして、「性的」であろうとなかろうと、盗撮行為は非難されるべきである。序でに、後半の比較論は「デキシオス」の潜在意識にある羨望或いは嫉妬の顕現とも言えるものがあり、「相手にしたくも無い」が。
しかしあなた方は、僕を性的盗撮の肯定者として晒し者にする事で、あなた方自らの悪質性をひたかくしにしようとしたわけです。僕が行かなくなった直後ごろから、えっさい氏の管轄する企業ブース等で、極度にナチスコスプレ等が幅を利かすようになってきたのがその証拠です。
「晒し者」にされるのはそうした盗撮擁護発言を繰り返し、「当局」にマークされた結果に過ぎない。しかし、「デキシオス」の悪事を糾弾することで、論客の悪事をひた隠しにすることなどできない。「デキシオス」が糾弾しようとしている悪事が余りに的を外したうえ、私怨に満ちているため、誰も真剣に受け止めないだけである。
ぶっちゃけた話、えっさい氏もあなた方も、僕が盗撮者であるなどという証拠は一切持っていないわけだし、過去コミケで注意を受けた事なども僕には全然無いわけです。あなた方の叩きは虚言に満ちています。
「デキシオス」は盗撮行為を注意されたことがないことを根拠に己の正当性を訴えているが、「デキシオス」の問題点は盗撮行為ではなく、盗撮を正当化する主張を行ってきたことにある。意図的に問題点をすり替え、己の悪事をひた隠しにしようとする「デキシオス」の面目躍如である。
LOFTであろうが、主催が質問箱の書きこみを削除したり改竄したり卑怯にもIP晒しを行ったあなた方である以上、嘘と捏造で支配されたトークショーになるのは決まっていますよ。馬鹿でも判る事です。
「デキシオス」は日本の誇るべき「オタク文化」の未来を守るべく、立ち上がった勇気のある運動家ではなく、それこそ、第二の「大盛工業事件」を起こそうとしている事件屋崩れの類でしかないことがこの文章から「馬鹿でも判る」。
あと、あなたが男性か女性かもわからないし、掲示板のサクラにしても悪質です。>優菜
あなたの書きこみは2ちゃんねる住人のそれと全く同じです。どちらにしてもあなたが無知なのは事実です。僕の知り合いのレイヤーの足元にも及びません。
それに、僕はあなた方に対する疑念について全てを書いているわけでもありません。全ては警視庁に連絡済ですが。
野次馬への噛み付きはともかく、警察に人脈があることを匂わせ、野次馬を追い払おうとしているが、このようなハッタリが通じるほど「デキシオス」のいう「2ちゃんねる住人」は甘くない。どうやら「デキシオス」は他人の齎す情報の裏を碌に取らずに鵜呑みに信じるという所謂「冗談の通じない奴」のような性質があるようだ。序でに、「デキシオス」の知り合いのレイヤーとは誰のことだろうか?このような出来損ないの大場武生のような奴の知り合いだと知られれば、レイヤーにとっては屈辱でしかないのだが。
2006/05/01 13:37「どこからをスナップ、どこからを盗撮と表現するかは、撮影者に悪意があるかないかが問題なわけです
立て続けに
大体において、それってまだ多方向スナップ写真がほぼ反容認になっていた頃の話ですよ。どこからをスナップ、どこからを盗撮と表現するかは、撮影者に悪意があるかないかが問題なわけですが、そういう価値基準は各イベントが最近は提示しているし、自分はそれを破るような撮影をしたって事は無いです。
牛島えっさい氏が「デキシオス」へイベント参加を禁止するように言い渡したのは、「デキシオス」の盗撮行為ではなく、盗撮擁護発言にあるのだが、意地でも自己正当化を図る「デキシオス」はあたかも無実の盗撮行為によって、イベントを締め出された悲劇のヒーローを演じている。そんなので同情を得られるほど世の中甘くはない。「デキシオス」が如何に世間の風に当たらず、「ママとボク」の狭いコミューンに閉じこもって過ごしてきたかがよく分かる。
それにも関わらずえっさい氏は僕の事を「撮影はしていますが、撮影者ではありません」とまで卑怯にも罵っているわけで(デジカメではなく6,70年代のマニュアルカメラを使用して撮り続けているのに)、
そういう卑怯な情報操作を散々されたヘブンだのなんだののイベント参加者に、2chの卑怯な名無したちの衆人監視の中、僕が何かを説いて聞かせるような必要性は一切無いです。
撮影者であるかないかは使っているカメラの種類に関係ないが、それ以前に「撮影はしていますが、撮影者ではありません」と罵られたというのがトラウマになっているようだ。シマウマではないぞ(魔弾戦記リュウケンドー5/7放送分参照)。
余談はさておき、「デキシオス」は散々牛島えっさい氏に関してあれこれ糾弾してきた。それにも関わらず、「衆人監視の中、僕が何かを説いて聞かせるような必要性は一切無い」というのは事実上の敗北宣言と捉えざるを得ない。ある時は「ネット上の言論は平等であるべき」と称して、己の情熱に満ちたアジテーションを行いながら、いざ、相手から直談判を申し入れられるとウジウジと逃げ回る。こんな奴に誰が付いていくのだろうか。「デキシオス」自身だって、威勢良くアジっていておきながら、相手から話し合いを申し入れられた瞬間萎縮したりするような奴を信じる訳がないだろう。
2006/05/01 14:08「うるさいぞプロ固定 >おーてまち
野次馬に絡んでいるだけなので略。
2006/05/01 14:55「昔だったら女の子が注意されるだろうね
「デキシオス」はいい加減自己正当化を図るのを止めたらどうなのだろうかと言いたくなるが、少し続ける。
昔だったら女の子が注意されるだろうね。犯罪でも何でもないものを過剰反応するなと。10年以上前の芸術系カメラ雑誌のスナップ写真系投稿を見るように。あそこら辺の写真で許可を得てるものなんて殆どないでしょ?それでも芸術系写真誌では問題は殆ど起こらなかった。
本当はこれの前に野次馬に絡んでいる駄文があるのだが、無意味すぎるので省略。「10年以上前の芸術系カメラ雑誌のスナップ写真系投稿」において「許可を得てるものなんて殆どない」という証拠はあるのだろうか?確かに、昔は肖像権などの問題はなかったが、それでも撮影する際にはちゃんと許可を取っているはずであるが。
現在の規制はカメラ小僧とかがそれこそ悪質盗撮をし続けたせいで出来たものであって、本来のブレッソンとか好きなアマチュアスナップ写真家にとっては、ひどい迷惑なんだよ。
ブレッソンが何者かは私にはよく分からないが、「デキシオス」が尊敬する何かのようである。それはともかく、自らをブレッソンに例え、「デキシオス」の下品な撮影行為を正当化するのは戴けない。因みに、現在の規制はカメラ小僧の「悪質盗撮」以外にも、週刊誌記者などによる過剰取材による肖像権の侵害の問題が発生したことを見落としてはならない。
>判断できるのは許可ならばスナップ、同意無き許可なら盗撮です。
それは違う。それが君の無知蒙昧な所だ。盗撮というのは、昔(本来)は性的なものか、悪意のあるもの、ゴシップ趣味的なもののみを指したんだよ。
「デキシオス」のいう「昔(本来)は」というのは、「デキシオス」の当てにならない記憶にあるものか激しい思い込みに裏打ちされた「願望」(人はそれを妄想という)であることは観察者の間で有名である。今も昔も無許可撮影は盗撮であることが変わりない。ただ、今の方がそうした無許可撮影に対する世間の目が厳しくなっただけに過ぎない。
それなのに現在コスプレイヤーを撮ってる人々はカメコ(カメラ小僧の略)と呼ばれてるわけで。カメラ小僧ってのは元来エロ系の投稿写真に被写体を無断撮影した写真を投稿してきた(で賞金とかをもらってきた)悪趣味連中に対する、アマチュアカメラマンからの蔑称でしょ?
カメラ小僧と性的なものを勝手に結び付け、自分はその埒外にあると主張し、芸術写真家を気取りたい「デキシオス」の願望がよく出ていて何よりであるが(後述も参照)、投稿写真誌ばかり読んで洗脳された結果とも言える。発想の乏しさに呆れる。序でに、カメラ小僧はプロより、アマチュアの方が多いのだが。
自分はアマチュア方向性でやってきたわけだからカメコとか呼ばれるのは絶対に嫌だ。虫唾が走る。
コスプレカメラマンを「カメラ小僧呼ばわり」しておいて、盗撮するなと彼らに言い続けてるのは、過去から撮り続けてるアマチュアの僕にとっては「頭がヘンになってる?」としか言い様がないよ。
前述の繰り返しになるが、「デキシオス」はアマチュア芸術写真家を気取りたいようである。
現在だったら女の子が拒否した事実が考慮されるんだろうけど、写真自体は肖像権問題こそあれ、
肖像権侵害自体は明らかに権利侵害(雑誌やネットに載るなど)されない限りは侵害しているとは認められないから、現場で注意って事になるでしょ多分。それが普通だ。
でも僕は80年代から撮影時にはちゃんと許可を得てるけどね。
どちらにしても君は何も知らな過ぎる。ていうか発言自体が因縁に過ぎないし、男か女かもわからないしな。 >優菜
最後の部分は野次馬に絡んでいるだけであるが、「デキシオス」は肖像権を意図的に縮小解釈し、善良な芸術写真家を是が非でも気取りたいという気持ちであろう。しかし、盗撮を擁護した事実がある以上、牛島えっさい氏管轄のイベントへの参加は到底難しいだろう。
というか俺はあんたらに晒し者にされるつもりはないよ。討論会なんてまっぴらごめんだね。
話は打って変わって、「討論会」になるが、前述の繰り返しを言うのも馬鹿らしいので、仮面ライダー龍騎の神崎士郎の口癖を以って回答とする。
戦え!
2006/05/01 14:58「あんた以外の他者に頒布するなよ
「デキシオス」は自らのやっていること或いはやろうとしていることが「名誉毀損」なり「風説の流布」当たることをよく自覚できている。以下、「デキシオス」の過去配布していたペーパーを有するものへの警告のような脅迫である。
悪意に満ち満ちている分際で善意者を語るな馬鹿。
撮っても自由だが、無断で雑誌だのHpだのブログに掲載したり、悪意をもってネットUPした場合は肖像権侵害で法にひっかかるからな。
要は個人で持っておく分には自由だが、あんた以外の他者に頒布するなよ、と俺の場合は言っておく。ガキでも判る理屈だと思うが?以上。
「デキシオス」は自らに盾突くものは全て悪意の存在と決め付ける癖がある。冗談の通じないほどコミュニケーション能力が極端に低いと、このような自己中心的な思考に陥るのは「デキシオス」に限らず、数多の事例がある。
それはさておき、ネット上では「公正な論評の法理」などと称して世間に問いかけていることも、過去配布した所謂「ペーパー」と呼ばれる機関紙の配布は厳禁している。内容的には現在「デキシオス」の主張と大差ない内容の代物であるが、著作権などを理由に配布・閲覧を禁止している。その当時の機関紙と大差ないような「デキシオス」の今のネット上の主張も一切止めるのが筋というものではなかろうか。このような矛盾した行為が、「デキシオス」への信頼構築の妨害となっていることに「デキシオス」自身が全く気が付かないのは哀れである。
2006/05/01 15:08「トウコウシャシンって雑誌があるが、あれ一誌の事を言いたいわけでは無いので訂正
非常にどうでも良い修正である。その間に「デキシオス」に反論した人へのレスはなし。
2006/05/01 15:13「ありがちなHNで書くより、自分のHP乃至ブログがあるならそこで書けば?
そこは「デキシオス」の管轄するブログではない。よって、fox_zero氏ならともかく、「デキシオス」に仕切られる筋合いはない。
2006/05/01 15:18「コピペの元レスがいつの事だかはわからないが
内容は前述の繰り返しなので略。それにしても、自分の発言を何時、何処でやったのかを全然覚えていないと言うのは何なのだろうか?もしかすると、記憶にない振りをして、「隠蔽行為」を行っているとしか言い様がない。
2006/05/01 15:21「企業ブースへの行列を入場整理しているさまがアウシュビッツのガス室送りの光景のようだったとか、2chにもレス書かれてるしな
ここも所謂「再放送」であるが、2ちゃんねるのネタ書き込みを真に受ける「デキシオス」レア!
2006/05/01 15:23「完全に2chヲチ板住人が入って荒れてきたようだし去るよ
いつもの「去るよ」宣言である。後の内容は「再放送」か野次馬への絡みなので略。
2006/05/01 15:32「だから、僕の書いたレス自体、5年近く前の比較論だと何度書けば
「デキシオス」はあらゆることを「比較論」という詭弁で誤魔化し、正当化する習性がある。これは前述にもある「盗撮」と「犯し捨て」との比較論が非常に有名であるが。「釣りと情報操作と誘導だけ」を行っているのは「デキシオス」の方である。
2006/05/01 17:36「ほんっとに嘘つきばかりだな
野次馬に対する捨て台詞である。
そういえば、大事なことを忘れていた。15時23分に去るよと宣言してからその9分後に再出現したのは如何なる意図なのだろうか?「デキシオス」は自らの吐いた唾を飲み込むとは如何にも信頼されていない人で何よりである。
2006/05/01 17:38「ていうか僕の場合、画chにも盗撮された顔写真とか勝手に貼られてるしね。明らかに被害者だから書けるわけでね
「デキシオス」の写真を無断撮影するのは戴けないが、「デキシオス」もまた以前、悪意の存在は別として、無断撮影を行った前科があることはよく知られている。要は、因果が巡っただけにすぎないということをよく知るべきである。
2006/05/01 17:43「ていうか2chヲチ板住人でここの連中が固まっているというのはよく判った
「2chヲチ板住人」であろうとなかろうと、「デキシオス」の矛盾した態度を見れば誰もが呆れ返る。少なくとも積極的に擁護するような人など出てこないのは当然である。
2006/05/01 18:59「『というか、結局IP晒してレス削除改竄を行ってたヘブン質問箱掲示板の常連ばかりの情報操作じゃないか。このコメント欄
自分の意見が通らないと知るや否や、このような捨て台詞を吐く。「デキシオス」の敗北宣言と受け取ろう。

以上が第1話である

いつものような責任転嫁と情報操作を試みるが、下手くそ過ぎて誰も騙せないし、ある程度の善悪の判断が付くせいで、ネットでは大々的に喋っていることも、機関紙のような形で配布されたものの頒布を拒絶する(ネットの主張内容とは大して変り映えしないのに)という矛盾した行動に出ている。
私が今回の「デキシオス」に与える称号は
出来損ないの大場武生
である。大場武生に関しては脚注にも若干記したが、風説の流布で株価を吊り上げたという「大盛工業事件」を起こした人物である。今回の「デキシオス」は牛島えっさい氏に関して風説の流布を試み、貶めようとする行為はこの「大盛工業事件」にインスパイアされたとも言える内容であるため、上記のような称号を「デキシオス」に与えるに至った。
それにしても、特に一人の人に絞った観察ブログにて100以上という在りし日のホリエモンブログ並みのコメント量に驚愕を禁じ得ない。
(次回に続く)

株主総会で乱闘を行い、有名になった「ミスター総会屋」の本

脚注
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

[ブログ観察]思わず思い出したあの頃の話

ゴールデンウィークなのに

他人のブログで暴れる愚か者がいる。その愚か者が誰であるかは敢えて言う必要はないが、そこでのやりとりを見て思い出したことがある。

一度嘘をつくと(それを隠すために)百の嘘をつかねばならない。

これは以前、かにれいる氏か通りすがりの堀田氏かの関連での花電車氏の名言である。色々ネット観察していると、この言葉を観察対象に言ってあげたくなるシチュエーションが多々あるが、今話題のアイスピック氏など、その代表とも言える。アイスピック氏の場合、己の体裁のためについた小さな嘘が大きく膨らんで本人でもコントロール不可能になってしまっている状態である。しかも、アイスピック氏の場合、本質的に正直者なので、嘘のキャパシティが著しく低く、どんなに「上手い嘘」を並べ立てたつもりでも、周囲に即座に看破されるのだから世話が無い。

上記の花電車氏の名言を探している途中でこんなものも発見した

それは過去の私の発言である。これは、嘗てかにれいる氏が起こしたトラブルの件で、東海氏がかにれいる氏に直談判を申し入れたとき、かにれいる氏がそれを拒んだ(約束の場所に一向に現れなかった)ことに対する私の所感であるが、丁度、アイスピック氏の方でも、似たようなことが起こっている。これに関する詳細なツッコミは別の記事にまとめる予定であるが、かにれいる氏にせよ、アイスピック氏にせよ、申し開きのチャンスを自ら棒に振るとは何とも不思議な話である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

[ブログ観察]謎の独り言が増えてきた

久しぶりに特に一人の人関連を見てきたら

もう何ヶ月もブログを更新できない状態であるが、ゴールデンウィークともあり、この機会に特に一人の人関連を見てみた。

謎の独り言

まずは土方氏のブログより。
あんたの家に電話したのは一度だけです。
大体、私の声もわからないのに、何故私が悪戯電話をしたと思えるのですか?
今後2度と間違えないように、
あんたの耳に私の声をしっかり焼き付けてあげますよ。
別に行こうと思えばいつでも行けるし。
この「独り言」が誰に向けられているのか、私は素で分からなかったが、どうもアイスピック氏に向けたもののようだ。それにしても、独り言なのに「あんた」という二人称が出るのは如何にも不思議である。やはり、特定の誰かに向けたメッセージであるというのが自然だろう。
しかし、冒頭でいきなりこんなことを書かれたら、RSSリーダーで見ると、「2ちゃんねるのようなところで叩かれている人がキレている」という風にしか見えないし、場合によっては頭がおかしいと見られる。少しは考えて欲しいものである。

2人の「某人物」の謎

さて、そのアイスピック氏であるが、「順次更新予定エントリー」という謎の記事で意味不明な自己正当化を図っている。まるで、ロッキード事件を追及されたときの小佐野賢治状態である。否、それ以下である。
その中で一際目立つのが以下の記述である
■ 某人物が4/27の某人物のブログでまた嘘。
  僕を確定申告していないかのように脱税犯呼ばわりし、僕が盗撮を肯定しているかのような虚言を警察等に偽通報したり、こちらの書いたレスの内容を掲示板管理者権限で改竄したりIPを晒したり、配下のミリタリーマニアやインディーズ監督に命じて叩かせたような人物に、正当性など一切ありません。

  また、それらとは関係ない他の件ですが、当方は警視庁に一応連絡済です。(警視庁の方々、期限まであと数日ってところです)                  (2006_4_27)
この2つの「某人物」であるが、一体誰と誰を指しているのだろうか?全くよく分からない。アイスピック氏は三流ゴシップ誌仕込みの伏せ字を用いて、固有名詞を暈かす癖がある。「公正な論評の法理」に基づく発言であるのなら、固有名詞を暈かしたり、やたらと「〜性」「〜的」などといった語尾を多用したり、「〜と思う」や「一応」などといった婉曲・推量の表現を多用するべきではない。きちんと断定の形で書かなくては説得力がなく、「叩き」にからかわれるだけで終始するのは論を待たない。
やはりアイスピック氏には自らの発言に 責任性 を感じていないようである。 一応

「記憶にございません」の記憶の記録

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

[アイスピック]テメ、一線越えたぞ!

人の死にたいするデリカシーの無さに呆れる

最近は仕事が無茶苦茶忙しい上、風邪をこじらせてしまい、ブログをサボりまくってしまったが、特に一人のコミケ出禁ことアイスピック氏が遂に一線を越えるような発言をしてきた。内容が余りに酷いので転載はしないが、アイスピック氏の数ある暴言/妄言の中でも1,2を争うほどの苛烈な罵詈讒謗であることは論を待たない。

遂に堪忍袋の緒が切れた

これを受け、牛島えっさい氏はアイスピック氏のこの暴言に対して警察に届けることを示唆した。事態はますます深刻な状況になってきた。少しは危機感を覚えて貰いたいものだが、アイスピック氏は飽くまでも自分が絶対的に正しいと信じて疑っていないから、えっさい氏とアイスピック氏との全面対決は不可避であろう。

序でに

アイスピック氏をからかう目的で作成されたアスキーアートが遂に本人公認となった。ここでもえっさい氏を「殺害」している。最早怒りを通り越して、呆れること甚だである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 22:02| Comment(7) | TrackBack(3) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

[アイスピック]断末魔の叫びか?

往生際が悪いぞ

アイスピック氏は自分の思い込みを「事実」と強弁し、自らの正当性を声高に主張している。
自分が正しいことを言っているのなら、ある程度支援する人間が出てきてもおかしくもないが、アイスピック氏に限ってはそれがない。それどころか、あるブログにてアイスピック氏のことを紹介したら、「調べてみたら恐ろしいヤツですね」などと言われた記憶がある。アイスピック氏を初めて見た人のストレート且つ素朴な感想であろう。それを自覚できていないのはアイスピック氏本人ばかりである。

真実の証明なき公正な論評の法理は無意味だ

アイスピック氏は冒頭から
 なんかまた言われた気配。
 色々と暴露された側が逆ギレしてきてる雰囲気です。
 で、対応中。というかどういう考えで言って来てるなのか質問中。削除期限は来週の金曜らしいので、まだ時間はある感じではあるのですが。

 ていうか、要請自体は単純なんだけども、
 >お客様のスペースから、個人を攻撃する内容を削除してください
 っていうんだよね。でも自分は先から書いてる通り、
 異常な形で攻撃されたりストーカーされたり中傷されたりしない限りはその人物を攻撃はしてないわけで。 で、話題にするとしたって、一応は「公正な論評の法理」に基づいて書いてるわけでしょ?
などと、同情を引こうと必死になっている。「公正な論評の法理」には「真実の証明」が対になっていることを意図的に見落としている。論拠を第三者にも分かる形で提示できないのなら、単なる言い掛かりでしかない。まさか、「自分が知っているから事実だ」などと考えていないだろうか?

虐げられる少数派を演じる暇があったら、第三者にも分かる証拠を提示せよ

最後の方で、アイスピック氏は
 例え事実を言っていても、少数派はブログですら表現する自由はないのか?
 少数派の意見はネットに(この場合MSNに)存在する権利すら無いのか?って事なんですよ。
などと、まるで「ブサヨ」の如く嘆く。事実であるのなら、その証拠を見せろと言われているのに、のらりくらりと証明を先延ばししたり、証明にならない証明(自分の書いた記事や作成した本人が嘘であると言い放ったものを根拠にする証明)をしたりして自らの手で事実ではないことを証明してしまっている。つまり、アイスピック氏は名誉毀損で訴えられても当然と思われる行為を重ねてきた訳である。

MSNから追放されるのも時間の問題か

以前から、MSNのブログが削除されるという情報が流れたが、全部不発に終わっている。一応期限が切られているとはいえ、アイスピック氏はあれこれ姑息な手を使って何とか存続できるような状態になるのかもしれない。こういうときだけは知恵が回るのだから、恐ろしい。
なので、私は多くのことに期待はしていない。削除されればそれも良し、存続するならそれも良しである。その代り、存続する場合、今までのようなことを繰り返していると、ますます訴えられる危険性が増すと言っておこう。
以上、自分の中では悪と戦う孤独なヒーローのつもりでいる特に一人の人の話でした。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:07| Comment(3) | TrackBack(4) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ブログ観察]批判なら罵倒の言葉は避けるべし

キレる人が爆発的に増加中

最近、老若男女問わずキレる人が多すぎる。教育政策の問題もあるが、最終的には本人に帰属する問題である。にもかかわらず、そうしたキレる人達は自分の問題さえ、他人に責任転嫁しようとする。どんなに諄々と説得しても、キレる人達は自分の殻に閉じこもったような人達が多く、全然言うことを聞かない。こうなってくると、周囲も段々、キレる人に逆鱗に触れることを忌み避けるようになり、キレる人は誰からも注意されないことを良いことに増長するようになる。

インターネットの危ない話」という記事はご存じか?

昨年から連載のあった記事だが、「ブログで自滅する人々」という名前でよく知られているものである。ここ最近では、ブログ絡みでこうしたトラブルが後を絶たず、ジャーナリストの及川政治氏や作家の渡辺淳一氏、コミケのホットドック売りの女子大生など有名人無名人問わずブログで書いた内容がきっかけでトラブルを起こしてしまう人が多い。だが、こんなのは氷山の一角に過ぎない。
自分が嫌う対象について悪し様に罵りながらも、これは正当な批判であると居直るような輩を私は何人も見てきた。その中にこのブログでも取り上げている、アイスピック氏やその敵対者である土方綺麗氏も含まれる。

ブログ普及前からも似たような事件は多くあった

だが、このような事件はブログ普及前からも随分とあった。例えば、特撮関係なら、柴田政寛(通称しばやん)氏がいるし、鉄道関係なら、趣味列車氏、浅妻茂氏、紅山尚人氏、THEある日氏、かにれいる氏、みなと鉄道(旧・阪神難波線、現・ズンベロドコンチョ)氏そして通りすがりの堀田氏など、彼らの起こした事件は枚挙に暇がない。
これは、上記で取り上げた人の内、通りすがりの堀田氏(以下、堀田氏)がチャットで他のユーザーを不快にさせた記録である(「堀田」の名前が堀田氏である)。因みに、内容は鉄道関係の話題である。
事件が起こったのは2003年頃で、既にオリジナルのログは削除済みであるが(このログを保存していた人が元のサイトを閉鎖したため)、後学のためにアーカイブサイトに保存されたものを公表する。
尚、チャットのログのため、下から上に向かって話が進んでいることに注意して戴きたい。

堀田氏と周囲との会話の流れ

一部端折る形で引用しておく。
雲仙普賢岳噴火と阪神大震災1
一番最初の所では、関東私鉄の批評となっていたが、突然、堀田氏が
いやぁ、阪神は絶対大丈夫だと思ってましたよ。あの島原鉄道が放棄しなかったんですから。
と発言。これに対し、(ω・ミэ )Э氏(このチャットのログを保存していた人、以下、あざらし氏)が
それは、震災の現場を見た上での発言か?
震災、シャレにならんほどひどかったんだぞ。
と応酬する。このやりとりが事件の始まりだった。
その後も、堀田氏は「噴火の災害から島原鉄道が復旧できたのだから、震災で阪神電鉄が復活できたのは当然」というようなことを主張し、あざらし氏は「震災で身内が被害を受けたので堪えた。訂正して貰いたい」というようなことを主張し合う。

東武とTX

この間、堀田氏は東武の話題にも触れており、
っつーか、北千住からの地下鉄乗入れを半蔵門と日比谷に割ったのは間違いだと思ってます。
と東武批判を繰り出す。それに対し、東海氏が
間違いっていうか、しょうがないでしょう。つくばエクスプレスに乗り入れたらよかったけど。
と反論される。それに対し、堀田氏は
TXは赤字ですよ。ずっと。
と見下すような発言をする。東海氏は
関係ないんじゃない?<TXの赤字と東武がTXに乗り入れるの
と返される。確かに、TXが赤字であることとTXが地下鉄(東海氏は「東武」と書いているが、前の記述内容を勘案すると東武ではなく半蔵門線のことかもしれない)に乗り入れることに何の因果関係もない。
雲仙普賢岳噴火と阪神大震災2
東武の話題が東海氏の反論で終わる中、2つの天災に関する話題が沸騰し始める。堀田氏は
あくまで現象的にはって話です。それに、なら、雲仙の火砕流で死んだ人間の命は阪神大震災で死んだ人たちのそれより軽かったんですか?ってコト言いますよ?私ゃ。
と震災での被害を「強調」した(と堀田氏が見なしている)あざらし氏等にピント外れの反論をする。災害の種類・大きさ・状況の差異に関わらず人の命の重さは変わりないのだが。
段々苦しくなってきたのか、堀田氏は
だから現象そのものとと犠牲は切り離して考えましょうよと言う話です。
という。飽くまで「中小私鉄の島原鉄道があんなに大きな災害で復活したのだから、大手私鉄の阪神が震災如きで潰れる訳がない」と強情を張る肚であろう。悔しい堀田氏は
“身内が被災した俺としては、今の発言は正直こたえたよ。”
と鸚鵡返しし、更に返す刀で
暗に、「島原の被害なんさ俺に関係ねぇんだからいいんだよ」って思いませんでしたか?
などとあざらし氏等を決めつけで挑発する。当然、あざらし氏、東海氏は「思っていない」と答える。だが、堀田氏はそれをシカトし、
あるいは「あの阿鼻叫喚の阪神の被害量に比べたら、過疎地域の島原の被害なんて知れたものだ」って。
とか
思ってるから、「阪神より島原の方が大した事ない」なんて言えるんですよ。
などとヒートアップしていく。それまで、冷静に対処してきたあざらし氏や東海氏さえも段々感情的になっていく。暫くは、堀田氏の
ただでさえ幸先が見えない九州の端の中小鉄道が、いつ復旧できるかもわからない被害にあってさえ諦めなかった、だから阪神は大丈夫だ、自分はそう言ったつもりでした。
その反論に、「一瞬か〜堪えたよ」ってぇのはつまり、身内が死んだ大震災の方が俺にとって重かったんだぞと暗に言ってるなと、そう思ってしまったしだいでした。
という主張とあざらし氏や東海氏などの「島原だろうと阪神だろうと被災したという意味合いでは同じ。寧ろ、自分の関係者が被災した災害について軽々しく口にするな」という主張の堂々巡りとなる。
前半の最後に、東海氏は
んで、JR東嫌いの件もそうなんだけど、堀田さんは自分の言ってることは他人にとっても同じように思うべき、と言ってるように聞こえる。これは俺の主観だけどね。だから、反発されるんだよ。と、これは老婆心。
と総括する。これは、みなと鉄道氏の神戸空港反対の件や、土方氏のリュウケンドー批判などにも当てはまる。
ここまで堀田氏は明確に他人を罵倒する言葉を用いていないが、阪神大震災を雲仙普賢岳噴火よりも「軽い災害」と受け取らせるような発言があざらし氏等の感情を逆撫でしたというものである。要は、明確に他人を罵倒する言葉を用いていなくとも、他人の感情を逆撫ですることはあり得るということである。ましてや、罵倒する言葉が含まれれば、感情悪化も一塩である。
因みに、堀田氏のJR東日本批判はログの前半部には出ていないが、以前からJR東日本批判を繰り返していたようである。また、これは後半の主題になっている。
JR東日本批判
途中、ログが取得されていないが、この間、堀田氏は自らの沿線である常磐線の「惨状」を訴え、JR東日本の批判をしていたようである。それに対し、堀田氏は東海氏等が自分の意見を認めないと見るや、東海氏等に噛み付いたようである。議論が堂々巡りであることなどから、引用は略すが、気になる発言は取り上げる。
東海氏曰く、
主張って引きどころを間違うと、押し付けに聞こえるんだよ。当人にその気がなくてもね。
俺は、別にどんな角度から見てても構わないと思うけど、ただ、意見が違う人もいることを許容しないのだけは、許せない。
嫌いなものにかたくなでもね。俺がそうだし。
花電車氏曰く、
人の意見を真正面から受けるのも大事。嫌いな物を別の角度から見ることも大事。そうおいらは思う。
この間、堀田氏は一方的に常磐線の「惨状」を訴え続け、それに「聞く耳持たない」でいる(実際は会話が成り立たないで呆れている)東海氏等に噛み付く。途中参加の雄鉄氏など訳が分からない状態である。

変わって土方氏

最近、土方氏は自らのブログにてリュウケンドー響鬼最終回について、作品はおろかファンさえを敵に回しかねない挑発的な文章をブログに堂々と公開した。土方氏のブログにはコメント欄が設置されていないので、祭りに発展していないが、コメントが書き込めるような状態なら、間違いなく祭りになっていただろう。土方氏は「どうせ身内しか読まない」とタカを括っているが、ネットに晒した以上、身内以外からも読まれる可能性を頭に入れた方が良い。土方氏の周りには土方氏の問題点を忌憚なくできる人がいないのだろうか?注意を受ける度に「中傷」だと決めてかかられるようでは、周りも注意もしにくくなるのだろうな。

ネットはサンドバッグではない

普段大人しそうにしている人でもネット上では異様に強気になる人が少なくない。恐らく、前出の堀田氏や土方氏などはそのような類の者だろう。こうした者は大体、日常生活に鬱屈していてストレスを溜め込んでいる。そのストレス発散にネットを使っているのだが、そのネットでストレスを新たに溜め込むのだから世話がない。
ネットの向こうにいるのは自分と同じ人間である。だから、ネットを介しているとはいえ、リアルに人と会話していることには変わりない。自分の投げた言葉がどのように受け取られるか、しっかりと考えておかないと、前述のようなトラブルが起きてしまう。ネットに限らず、コミュニケーションは奥が深く、難しいものである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:15| Comment(2) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

[アイスピック]裁判を起こすそうです

fake氏のブログに出現

向こうでも書いたのだが、裁判を起こすというのなら、とっとと起こした方が良い。
日本の裁判所は「仕事の遅い役所」と呼ばれているくらいだから、早くしないと「時効」が来てしまう。
とにかく、「やる」と言った以上は、四の五の言わずにやって戴きたいものである。
まあ、いつものように実際には裁判を起こすことなどせずに、相変わらずネット上でぶしゃるだけに留まりそうだが。

知らない間に消えていたfake氏の別のブログ

fake氏はmsnにブログを作っていたのだが、昨年8月くらいに書かなくなり、それから暫く経ったくらいの頃に消滅していた。以前の記事で取り上げたOLさん同様に、アイスピック氏が削除依頼したのだろうか?
こういった「臭い物には蓋をする」ような隠蔽活動をしては、fake氏を訴えても、元のブログがないので「証拠不十分」として退けられそうな気がするけどね。「ハードコピー」とやらを取っていても、モニタの走査線が写ったようなピンぼけ写真では、証拠能力が低そうだ(細かい文字の判読が困難だ)。

ついでに

またまたYahoo!の掲示板が荒れている。コミケトピの住人が迷惑しているので、「kohji_moli_00」なるIDでの投稿にいちいち返答しないように要請する。
尚、こういう「突撃厨」の迷惑については別の機会に触れたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

[アイスピック]Yahoo!掲示板に棲み付くのに失敗

うちが閉鎖するとかいう根も葉もない噂が流れているようであるが

閉鎖するならその旨をきちんと書くのが常識だし、Yahoo!からこちらに移転したとき、きちんと知らせたのだが。1ヶ月くらい放置すると、どうやら「逃げた」ように思われるようだ(過去にも随分と長期間放置してあった時期があったのだが)。
多忙のため、1ヶ月以上ブログ更新を停滞したくらいでそう見られるのだから、結構ここは見られているのだろう。

年明けからアイスピック氏は絶好調

それはさておき、年明けから、自分の汚いデスクトップを晒し、人々に笑いを齎したアイスピック氏であるが、美化し切れていないアバターにYahoo!オークションで高評価を貰った人限定の「ゴールデンハンマー」を持たせ、唯一の「社会的評価」を無意味にアピールしている。Yahoo!オークションの取引件数など、オークション外では自慢にもならないと言うのに。

再びコミケトピに出現

昨年末に続いてアイスピック氏はYahoo!掲示板のコミケトピに再出現した。既に、本人などから削除依頼が出され、本家大元では記事が削除済みのため、こちらのアーカイブを見て貰うしかない。内容に関しては相も変わらず「公正な論評の法理」を根拠に自分勝手な妄想を強引に正当化しているもので、下北沢の稀覯書などを扱っている店の店主を腐している。

「公正な論評の法理」ってなに?

アイスピック氏曰く
公共の利害に関する事実、又は一般公衆の関心事であるような事柄について、なにびとといえども論評の自由を有し、それが公的活動とは無関係な私生活の暴露や人身攻撃にわたらず、かつ論評が公正であるかぎりは、いかにその用語や表現が激烈・辛辣であろうとも、またその結果として、被論評者が社会から受ける評価が低下することがあっても、論評者は、名誉毀損の責任を問われることはない
であるが、アイスピック氏の語っていることは「公共の利害に関する事実」とは言い難いし(殆ど私怨である)、そもそもコミケスタッフに関わる「業界の裏情報」的なことが「一般公衆の関心事」とは思えない(一般公衆の関心事と思えるのなら、週刊誌が挙って記事に書く筈である)。
それ以前に、アイスピック氏の場合、己の思い込みありきなので(第三者に客観的な証拠を提示した例しがない)、「論評が公正」とは言えないが。

「プロ固定」騒動に見るアイスピック氏の頑迷さ

アイスピック氏は所謂「冗談の通じない奴」であると私は考える。その一例があの「プロ固定」に纏わるエピソードである。
アイスピック氏が「プロ固定」の存在を思い込むようになるきっかけは、2ちゃんねるで誰かが「プロ固定」の存在を仄めかすような冗談を言ったことにある。アイスピック氏はそれを聞いて、自らに都合良しと見るや、事ある毎に「プロ固定」からの被害を吹聴する。
更に、所謂「ヲチャ」と呼ばれる観察者達が続々とアイスピック氏を揶揄する目的で「プロ固定」を勝手に自称するようになり、アイスピック氏の暴走を助長させた。
こうした状況にピリオドを打つべく、2ちゃんねるの「プロ固定」サイトの作者金土日氏及び犬神明氏が「プロ固定」はネタ即ち偽情報であると公表。しかし、アイスピック氏はそれを理解しつつも、負け惜しみを展開している(2005年9月8日の記事参照)。
そして、今も尚、アイスピック氏は「プロ固定」ネタに執着し続けるのである。

アイスピック氏が「プロ固定」ネタに執着する理由

アイスピック氏は思い込みだけで語った「事実」が無条件に他人に伝わると信じて疑っていない。これは取りも直さず、アイスピック氏が他人の言葉を鵜呑みに信じやすい性質があることを物語っている。
前述の「プロ固定」だって、「叩き」の一人が冗談で言ったことを鵜呑みに信じたことがきっかけとなっている。
そして、その鵜呑みに信じたことが否定された場合、この手の輩はその否定を許さない態度に出るという特徴も合わせ持っているである。前述の「プロ固定」ネタの場合、そのネタを広めさせた本人から「プロ固定」の存在が否定されているにもかかわらず、その否定宣言を受け入れないと言うところに現れている。
信じやすい性質の癖に相手の言うことを無条件に否定するとは如何にも矛盾しているように思えるが、「無条件に信じる」ような性質のある人間は「無条件に否定」する態度に出ることは珍しくない。否、「信じる・信じない」の問題ではなく、「無条件に」の方が重要なのだろう。

許せないのは「騙された自分」である

この手の「冗談の通じない」輩は概して「プライドが高い」という性質がある。アイスピック氏もその例に漏れず、レアアイテム自慢を試みるなど、悪い意味の「プライドの高さ」を窺知できる。
恐らく、アイスピック氏はそうした「プライドの高さ」故、「プロ固定」ネタに騙されたのが口惜しく思えるのだろう。それ故、2005年9月8日の記事にも書いたが、負け惜しみを展開している。
責任転嫁で有名なアイスピック氏であるが、こういう負け惜しみをする場合、大概「騙された自分」を憎たらしく思っているのだろう。だから、「プロ固定」ネタに拘り続け、その存在の否定を否定するのである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(2) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

[アイスピック]Yahoo!掲示板に棲み付く

Yahoo!で大暴れの主賓

私が政治関連(先の総選挙及び杉村太蔵氏関連)でADON-K氏他との論争が片付いてきた状況だが、アイスピック氏はその時期に前後して今も尚、Yahoo!掲示板に張り付いている。
Yahoo!掲示板のアイスピック氏の発言は日々是更新のID検索にてどうぞ。

相変わらず自作自演擁護する

大昔、「トランスフォー麺」関係でも似たような自作自演が行われていたが、今回の自作自演ゲストは「level_art_love」と「land_super050」である。因みに、昔の自作自演IDは「pylon_sphere」だった。2ちゃんねるの自作自演ゲストの「裏究極TIGER」及び「紅蓮発狂猿」の復活だろうか。
以下、数多あるアイスピック氏(Yahoo!ID:kohji_moli_00)の発言の一部を紹介する。

日本の裁判官は3人だそうだ

今、小泉政権では公務員の削減が取り沙汰されているが、殆どが行政関係である。日本の裁判所は「業務の遅い役所」などと言われているので裁判所改革もやって欲しいところである。
と、余談はさておき、アイスピック氏は三審制度を理解していないようだ。曰く、
結局どっちが正しいかを決めるのが裁判だっていうんなら、
結局どっちが正しいのかを決めるのは、地方、高等、最高の、各裁判官でしか無いじゃん。たった3人。所詮たった3人の人間ですよ。
結局どっちが正しいかを決める」を2回も繰り返していることや、いつもの「やらない言い訳」の一種であることはともかく、各裁判所に裁判官は1人しかいないという「専修大学法学部中退」を騙っていた人とは思えない無知蒙昧ぶりが笑える。公民の教科書をもう一度読み返してください。

「叩き」のブログの主とYahoo!の住人を取り違える

民主党の西村眞悟議員が弁護士法違反(非弁活動)で逮捕された件に絡み、東京中日スポーツの11月30日の記事にて、西村智奈美議員の事務所が
西村智奈美が逮捕されたり、除籍処分を受けたかのような誤解を招く恐れが生じている。今後はフルネームで報道されたい
と各マスコミに書面を送付したという(参考)。これを見て、私は苗字が同じだけで同一人物扱いする特に一人の人を思い出した
最近ではこの前起きた広島の事件で被害者の苗字がとあるアニメのヒロインと同じだからどうのこうのと意味の分からないことを2ちゃんねるかどこかで書き連ねていた(場所失念)。
それと同じようなことがYahoo!掲示板でも起こった。ここは既に削除されたが、とあるYahoo!の利用者のIDとこのブログのIDに共通の文字列が含まれていることを理由に同一人物扱いしたという(参考)。それに対してアイスピック氏は以下のようにコメントした
なるほど。そちらとは別人である、と・・・。
でもそのブログの人物もあんまり自分に対していいレスはしてないんですけどね。
8/24なんかは僕に対して言いたい放題だしな。よって詫びは無し。むしろ恥じろと。
完全に踏ん反り返っている。因みに、そのブログの人はこちら。恥じるべきなのはアイスピック氏の方である。

反・嫌2ちゃんねるなのに…

討論に行き詰ったアイスピック氏は「捨てハン乙」などと2ちゃんねる用語を使う。これで「反2」などと言えるのだから大したものである。
余談だが、こちらの最後で結構良いことが書かれている。
2ch用語やルールを他所でも押し付ける

ニートの2chねらを代表する存在でしょうね。
何でもかんでも嫌韓に結びつけて自我を保っている一部の2chねら達、あんまり頭を使わないとこんな駄目オジサンになっちゃうぞ。
全く同感である。

寒いギャグも炸裂

12月に入って大分冷え込んできた。
さて、アイスピック氏は「nan_dai_3」というIDの人が気に入らないらしく、「煽りID」と決めてかかる。更に、
要はあんたらの僕に対する暴言レスばかりが検索にひっかかるので、
僕のオクに入札したくてもしてしまうってのが本当じゃないの?
などと自己憐憫をする。その自己憐憫の中に「僕のオクに入札したくても臆してしまう」などと寒いギャグがさりげなく含まれているのも見逃せない。笑いを取ろうとしているが、誰も笑わない。

「アバター」を知らない哀しいアイスピック氏

ここで、
本当の姿ってのをアバターで見せてくださいよ。
パクられた証拠を見せてくださいよ。
売り上げの推移と2ちゃんねるの関係なんてものを見せてくださいよ。
と言われるも、アイスピック氏はこう噛み付いた。曰く、
そんなもんを見せてるヤフー住人がどれだけいるというのかそれこそ小1日位おまえを問い詰めたいとは思うが、2chストーカーのシンパとは会いたくも無いよな。
小1日位」と吉野家コピペからインスパイヤされたような言い回しはともかく、「2chストーカーのシンパとは会いたくも無いよな」などと噛み合っていない「反論」を繰り出す。誰も、アイスピック氏と会って話をしたいとは言っていないのだが。こうやって、のらりくらりと逃げつつ追い詰められる。

締めは2ちゃんねるで

Yahoo!で火達磨になったアイスピック氏は2ちゃんねるに出現。
380 :dexiosu森本 ◆LKzKzDObtE :2005/12/09(金) 09:07:15 ID:nGv5zn70
>>353
そんなもんはいくらだって作れるから、ガンダムやライダー描くのが楽しいんじゃん
純粋なオリジナルを作っても以前みたいにパクられるのは判ってるしなー
だったら最初から提示として描いた方がまだいい。

>>350
2ちゃんねる住人が嘘連呼して削除依頼してるだけだろ。
描きこんでるのが2ちゃんねらーばかりなんだから、俺がいじめ受けるのも当然。
気づかないで削除してるヤフー掲示板の管理者が馬鹿
文末に「w」を付け、2ちゃんねらーぶりを晒していることはともかく、「俺がいじめ受けるのも当然」といじめられる原因が分かっているような振りして自己憐憫したり、Yahoo!のスタッフを扱き下ろすことを忘れない。それに対するYahoo!の方の反応は、「ヤフーも馬鹿扱いですか・・・ 流石に呆れてしまいますね。」とか「kohji_moli_00さんの中では「自分の意見が通らない=いじめ」なんでしょうね。」などと当然の反応が返る。
いい加減、女系天皇の件でも意味不明なコメントを出した「反・嫌日」のアイスピック氏は日本から亡命した方が良いかと思います。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 14:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

[アイスピック]再びYahoo!掲示板にて暴れる他

「のまネコ」のトピックスにて出現

Wikiの「第3回Yahoo!掲示板dexiosu劇場」「第3回Yahoo!掲示板dexiosu劇場Vol.2」「第3回Yahoo!掲示板dexiosu劇場Vol.3」にて纏められている。自作自演用ID「level_art_love」などを用いてアイスピック氏の宣伝をしているようだ。イメージアップを図るつもりがイメージダウンばかり誘うのは皮肉だろうな(笑)
因みに、Yahoo!では自分の本来のID以外に別名も登録でき、プロファイルも別に作成できる。この「level_art_love」も「kohji_moli_00」の別名として登録されたものなのだろう。
詳細はYahoo!掲示板の荒らされたトピックスの典型なので、割愛。

土方氏を騙る何者かに悪戯電話される

アイスピック氏は「プログ」にて、今回の荒れた件と併せて、土方氏を騙る何者か(或いは単に同じ苗字の誰か)に悪戯電話されたという。土方氏のブログにはアイスピック氏に関する記事は11月18日にて
問題は特に一人のコミケ出禁宅への再来訪の時にどうするか
という事だが、今度は一人では行かないので大丈夫だろう。
後は予算だな。貧乏だし。デジカメ買い替えも控えてるし。
のように若干触れられているだけであるが、単なる再訪問予定に関して少し書かれているに過ぎない。恐らくはこれを見た誰かがそのような悪戯電話をしたのではないのかというのが私の推理である。少なくとも、土方氏自身は電話を掛けたということを一切書いていない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

[ブログ観察]オタクと社会問題を扱うブログのコメントにて

この記事のコメントにて

以前の記事の2002年4月26日に出版社へ殺人予告した男がその殺人予告を正当化する発言を行ったので、引用しておく。
先方漫画団体のようなパクリ集団を擁護するなら、例え角川と言えど容赦はしないって意味だよ。
別に実際に金属バットで突撃かけると言ってるわけじゃないし、僕の言いたい事は編集部はとっくに判ってるでしょ。
金属バット発言を真に受けてて、こっちの主張をはなから全部無視してるならとっくにこっちを訴えて、返す刀で編集部全員敗訴で総切りされてるわけだからさ。でもそーなって無いでしょ?
あのー、金属バット発言を真に受けたら、「こっちの主張をはなから全部無視」したことにはなりませんよ。
avex殺人予告犯は捕まったのだから、この角川襲撃予告犯も捕まえて欲しいものである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ブログ観察]賢こぶるためだけの政治論評は控えて欲しいものだ

毎度おなじみの某ブログにて

親米なのに憲法9条を守れとか言ってみたりして、言っている内容が右に寄ったり左に寄ったりチンプンカンプンで訳が分からない。序でに、「小泉大統領」って誰ですか?「フジモリ大統領(今は現職ではないが)」なら知っていますが。

あのブロガーと比べると杉村太蔵は立派過ぎるくらいに見える

この毎度おなじみの某ブロガーを見ていると、如何に杉村太蔵というこのブロガーよりも遥かに年下の若き政治家が立派なのか無意味に再認識させられる。つか、このブロガー以下の知性の持ち主は未だ嘗て見たことがないと言っても過言ではない。

皇族の呼称についての間違いを全く理解していない

結びで、何がしかの「警告」メールに関して触れているが、この記事において、秋篠宮殿下のご息女(眞子様、佳子様)をこう呼んでいた。
まこちゃんかこちゃん
時代が時代なら、不敬罪ものである。このブロガーはどういう育てられ方をしたのだろうか。何か、日本人離れした教育を受けていたとしか言い様がない。
それに対する警告メールが来ていたのだが、謝罪しても明後日の方向である。
 うーん、どう書けばいいんだろうね?こういう書き方をしてくるこの人も判ってないなぁとは思うんだけど(いやどこの誰が何を判っているのかってのもあるが)、とりあえず、秋篠宮殿下を礼宮様と書いてしまった事については、ごめんなさい、と書いておきます。とほほ(;
「礼宮様」なんていう記述、どこにも見当たりませんよ。まあ、このブロガー、自分を「キリストの生まれ変わり」だとか気の触れたようなことしか言わない人だから、どんな文章書いても説得力ないのだが。
とはいえ、賢こぶるためだけに無理やり政治や社会の話題を取り上げて欲しくないものである。そのブログの主題どおり、「アニメ・おもちゃ・カメラ等が趣味な日常」だけで十分ではないか。尤も、それすら満足に書けないものだから、ああいう話題に流れてしまうのだろうけど。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

[ネット観察]黙殺は最大の罵倒である&人間は認知動物である

表題は開高健氏の言葉より

最近、アイスピック氏の「ヲチャ」のブロガーの間で「特一シカト大作戦」なるものが提案されている。「黙殺は最大の罵倒」ということなのだろう。
ここ最近、アイスピック氏は大嫌いな2ちゃんねるで大好きなヒーローや玩具の話をしている(今までもあったが)。反論のために来ていたのではなかったのか?
そういう状況から、アイスピック氏にレスをつけるとアイスピック氏が調子に乗ってしまうということを知った一部の「ヲチャ」の間でこのような運動を展開しようという動きが発生した。まあ、アイスピック氏が高校生の頃から今のような見栄っ張りであることがよく分かったので、私としては一定の収穫があったとして、敢えて突っ込んだ話まで聞かなくても良くなりつつあるのだが。

黙殺より抹殺を考える人たちもいる

私も嘗て、架空鉄道界でかにれいる氏が問題を引き起こし、「ヲチ」と「糾弾」の入り混じった「祭り」があったとき、かにれいる氏が叩かれていることを逆手に取った行動が目立ったので、この村正氏と同じようなことを提案したことがあった。しかし、いきり立っていた人が多かったのせいで(鉄道オタクは土方綺麗氏並に生真面目なのが多い)、私の提案は事実上潰されてしまった。
今回のアイスピック氏の件の場合、これに近いスタンスを持っているのが氏だが。尤も、薫氏はいきり立っているとはまた違う状態であるが。

じゃあ私は?

では、私はどうするかというと、結論は「成り行き任せにする」ことにした。
理由は、アイスピック氏に関して「面白い」話が出にくくなり、取り立てて話題にする程でもなくなってきたが、それでも若干食指を動かすようなネタが時折出てくることもあるからである。
このブログでは元々鉄道と社会問題を扱うブログで、アイスピック氏の件も社会問題の1つとして扱っているに過ぎない。だから、アイスピック氏の話題がなくなってもブログのネタに困り果てることはない。しかも、ここ最近、
  • 杉村太蔵議員関連
  • それから派生したニートの問題
  • 東武野田線運転士懲戒免職問題
の話がホットになっており、こちらの対応を優先したいので、それにより、アイスピック氏を「シカト」するのに近い状態に移行せざるを得ない状況である。但し、食指の動く話題が出た場合はそれを取り上げることにするが。

最後に

自己憐憫の心の闇
アイスピック氏は「プログ」にて、
そういう僕も骨髄バンクへの登録をまだしていない。人に軽んじられ汚物のように言われている自分の骨髄なんて、僕が誰かにあげる筋合いは無い。そう思ってしまっている。それが、自分なりの心の闇なんだと気づいて、また悔しく悲しくなる。
と書いている。アイスピック氏が自らの存在の小ささを認める発言として注目している。但し、「人に軽んじられ汚物のように言われている自分」に対する自己憐憫の念が「筋合いは無い」に凝縮されている点も見逃せない。
見栄っ張りは甘やかしではなく、軽んじられてきた証拠

アイスピック氏は高校時代から見栄っ張りだったという。それで「出来損ないのスネ夫」と言われていた。この見栄っ張りの原因は何かといえば、私はアイスピック氏の家庭環境にあると考えている。それは一部の「ヲチャ」のいう「甘やかし」ではない。
甘やかされて育ったのなら、「人に軽んじられ汚物のように言われている自分」などというような言葉は例え嘘でも出てこない。杉村太蔵議員を見れば分かるように苦労を知らずに甘やかされた人間は自己憐憫する必要がないからだ。
このことと見栄っ張りな性格を鑑みるに、アイスピック氏は家族からも「軽んじられ汚物のように言われて」きたのではないのかと思える。アイスピック氏には障害を持った弟がいるという。これは裏が取れていない情報ではあるが、アイスピック氏がちょっとした失敗さえも、見栄を張った言い訳をする(単に躓いて傷を負った程度でも喧嘩に巻き込まれたかの如く吹聴するなど)ことを勘案すると、両親はその弟の方に愛情を注ぎ、アイスピック氏には構っていられなかったのではないかと考えられる。
人間は認知動物である
自分を大きく見せようとする人は存在感のなさに懊悩し続けている。その結果、凶悪犯罪に走るケースさえも見られる。アイスピック氏もそれと似たような状況にある。
私はアイスピック氏は哀れで小さな人間でしかないと見ている。しかし、如何に小さな存在だからといって、今までの悪行が許されるものではない。アイスピック氏には自らの本当の「心の闇」に逸早く気付くよう祈るや切。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:42| Comment(4) | TrackBack(2) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

[ブログ観察]アイスピック氏に憧れる人出現?

エグゼクティブ・ニート?

アイスピック氏は嘗て「気が付けば定年のノリ」とのたまい、今も尚ニート生活を謳歌している。ニート生活20年以上の「ほんまもん」のアイスピック氏に憧れる人がこのブログで紹介されている。
因みに、このDr.トドー氏はニートではない。ちゃんと仕事をしている人である。が、こんなことを言っているという。
できることなら仕事はしたくないよ。基本的に嫌いだから仕事って。毎日遊んでいたいよね。そうだなぁ、オレが目指すは『エグゼクティブ・ニート』かな?ハッハッハ
アイスピック氏の「気が付けば定年のノリ」にそっくりな発言に私は戦慄を禁じえない。Dr.トドー氏がアイスピック氏のようにならないよう祈るや切。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:46| Comment(6) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

[アイスピック]再び2ちゃんねるに降臨

中学からバイクを乗り回す不良少年だった?

2ちゃんねるが大好きな反2ちゃんねる活動家であるdexiosuことアイスピック氏(37歳無職)が高校時代のエピソードに噛み付いた。
桃山学院関係者によると、アイスピック氏は
高校に入る前から、単車を乗り回し、一発試験に通る程の腕前でありながら、免許制度に納得がいかないので、取得しない
と豪語していたという。高校時代から既に見栄を張る習慣が身に付いていたようだ。まさに、「出来損ないのスネ夫」である。このことだけでも、同級生は疎か家族にさえ無視されていたアイスピック氏の悲哀が手に取るように分かる。
因みに、高校時代は現在のように太っていなかったという。まあ、アイスピック氏の場合、成人してからの生活習慣の悪さで太っただけなのだろうし。
更に、桃山学院関係者によれば、
アクセルを開ける仕草を「両手」でしていた
という。
アイスピック氏がバイクに乗ったことがないのがよく分かる話だが、仮に、「高校に入る前から、単車を乗り回し」の話が本当だとしたら、アイスピック氏は中学の頃からバイクを乗り回していた不良少年となる。どっちに転んでもアイスピック氏にとっては面白い話ではない。例によって、アイスピック氏は全否定する。曰く、
953 :dexiosu森本 ◆LKzKzDObtE :2005/11/08(火) 09:04:52 ID:m5XWgkPS
>>637
そんな事は言ったことないぞ。どこの誰だそれは。
つかここ関西人常駐してるだろ。関西人はネタ扱いされるならとことんホラを吹きまくる人種なので信じない方がいいぞ。>例:先方
アイスピック氏は関西人に何か恨みでもあるのか?ということはともかく、1000レス近くになって300レスくらい前に「亀レス」して、単車の件を全否定している。アイスピック氏は自分に不利と分かるといつもこのパターンで逃げを図る。「コメヘン(精神障害者)」とは思えない実に狡知に満ちて且つ分かり易いスキャンダル隠蔽行動である。

自分が正しいと思うのなら、堂々と戦え

更に、アイスピック氏は
986 :dexiosu森本 ◆LKzKzDObtE :2005/11/08(火) 09:39:38 ID:m5XWgkPS
>>972
うーん、でも僕の場合は、一連のこのストーカースレについて、
「2類だから削除しない」とか言われてるんだがな。
別に係争になった事なんか1度も無いのに。
伝聞と憶測だけで物を言っているのは2ちゃんの側だと思うんですが?
馬鹿に言っても仕方ないか・・・2ちゃんって「バカの壁」そのものだし。
972番のレス(ひろゆき氏が敗訴続きだということに対する反例)と話が繋がっていないことはともかく、自分が「反論」に来るくせに、スレッドの削除を願い出るのは、正々堂々と戦うことをせず、スキャンダルを隠し通したい防衛本能の顕現だろうか。こんなところだけ、追及を受けている「大物政治家」や「企業経営者」みたいな感じのアイスピック氏である。
序でに、自分を追及する人たちを「ストーカー」呼ばわりか。2ちゃんねる鉄道板にもそんなのがいたなぁ。飽き飽きする。

おまけ

次スレッドに移行する直前、こんなことが書かれた。
998 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2005/11/08(火) 09:46:34 ID:7G+vJbcc
>>986
いのちの電話に電話かけたか?


999 :dexiosu森本 ◆LKzKzDObtE :2005/11/08(火) 09:47:49 ID:m5XWgkPS
>>998=御手洗薫
「御手洗薫」って誰?
余談だけど、経団連のトップがトヨタの奥田碩氏からキヤノンの御手洗冨士夫氏に代わった
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

[アイスピック]仮想と現実の区別の付かない今年で38歳の男

トラックバック下さい

うちのこの記事に関して何か言いたいようだが、反論ならトラックバックして下さい。

アイスピック氏は仮想と現実を区別して下さい

アイスピック氏は文末にて、
(まぁ、悪徳刑事仮面ライダーのシザースに極度にいれこむような叩きなんで仕方ないか・・・;)
などと言っている。流石、「ダッキ級の悪党のコスは悪党と思われレイープされても仕方がない。」と言った人だけある(このスレッドの956レス目)。
因みに、私のハンドルネームの由来はYahoo!時代の記事を参照。まあ、「蟹」がモチーフの特撮ヒーロー(仮面ライダーシザースはヒーローと言い難いが…)なら、セイザーギャンズでも良かったかな?
それはともかく、私は「極度にいれこ」んでいない。まあ、ダッキ(封神演義の悪役)のコスプレした人は悪い人だとか言ったり、自分を数々のアニメの主役のモデルになった(あまつさえ、それを「事実」と吹聴する)などとほざける人には分からないだろうけど。

アイスピック氏に聞きたいっ!

ここで2ちゃんねるの桃山学院高等学校関係者に反論しているつもりだが、内容をざっと見たところ、アイスピック氏はその桃山学院高等学校関係者の発言を何の根拠もなく「嘘」と決め付けているだけである。自分の知っている「事実」さえ全く書かない。やはり、桃山学院高等学校関係者の証言は本当なのだろうな。尤も、私は桃山学院関係者ではないが。
「我こそは事実を知っている」というアイスピック氏へ、是非、高校時代の「事実」を洗いざらい話して下さい
。そうすれば、「叩き」の「嘘」も論破できるでしょう。無根拠な決めつけを無根拠に信じる人など、この世にはいませんから。是非お願いします。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

[アイスピック]nectaful、反日に傾倒か?

Yahoo!偽ニュース事件に託ける

この前起こった、Yahoo!偽ニュース事件に今更ながら託けて、2ちゃんねるのヘビーユーザーであるアイスピック氏が2ちゃんねる叩きをしている。しかも、アニメの感想文(?)の末尾で追伸というか余談という形で行っている。独立したエントリで書けばいいのに。

差別用語を嫌う差別主義者

アイスピック氏は「天安門事件以来中国政府も嫌い」としながらも嘗て「土星」で言われた「チャンコロ(「土星」の用語で2ちゃんねらーの蔑称)」について愚痴愚痴言う。確かに、「チャンコロ」の元々の意味は中国人に対する蔑称なのだが…。
こんなアイスピック氏であるが、2002年4月25日の朝に「叩き」を障害者呼ばわりする書き込みを行ったという(恐らくここか?)。随分なダブルスタンダードぶりである。
障害者差別をしておきながら、差別用語を嫌う。矛盾した態度である。
序でに、
逆に言えば、「反2chは人種差別主義者である」ってROMに思わせるための、2ちゃんねらーによる自演ブラフである可能性がある。
と意地を張った情報操作も忘れない。

中国や韓国を煽ることに警戒心を抱くアイスピック氏

最後にアイスピック氏は
 ただ、中国や韓国の嫌日について、2ちゃんねるが火に油を注いでいる要素は確かにあるようで、
http://www.doblog.com/weblog/myblog/22179/2005006#2005006
 のブログでも指摘されてるような犯罪そのものの行為(偽ニュース「中国軍沖縄侵攻」掲載)もあったりはする。中国韓国がどう反応するか考えると怖い。というかこういう人物は仮にそれで戦争になるとしても、日本や世界が壊れることなんて何とも思ってないのだろう。
 同様の、中国韓国側に立った、彼らへの煽り行為は2ちゃん上には異常に多い。)
と締めている。
確かに、2ちゃんねるを中心とした反中反韓世論を煽ることについては私も良くないことと思っている。ただ、アイスピック氏は「嫌日」だとか「日本や世界が壊れる」だとか「中国韓国側に立った、彼らへの煽り行為」だとか首を傾げるような表現が目立つのが気になる。
それはさておき、2ちゃんねるには過激なものから穏健なものまで様々だが、反中・反韓(嫌韓)論を唱える連中が少なくない(特に嫌韓は非常に根強いようだ)。
2ちゃんねるを嫌うアイスピック氏が2ちゃんねらーの憂国論に盾突いて、反日・自虐史観に傾倒する日もそう遠くはないだろう。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。