2007年02月17日

[Seesaa]リニューアル

仕事が忙しくて全然投稿していないが、その間、Seesaaのブログがリニューアルしたようである。

リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

[コミケ]2日目参加レポート

コミケ初体験

以前の記事通り、コミケの2日目に参加してきました。目当てのジャンルは特撮と鉄道になるため、西へ東へと忙しなく回る状態になりましたが、思ったより会場内で費やした時間が少なかったです。

珍しく朝5時頃に起床

前日の夜、「怨み屋本舗」の深夜ドラマと漫画を読むためにインターネットカフェに宿泊したため、珍しく朝5時頃に起床となった。偶に早起きも悪くないが、殆どジャンクフードの朝飯しか食べずに出掛けたことが祟り、待機の列で待っている間、何度となく眩暈なのか睡魔なのか分からないようなものに襲われた。因みに、会場へは豊洲からゆりかもめに乗車して向かった。

朝7時30頃に会場に到着

休日早朝のゆりかもめは非常に空いていたが、東京ビッグサイトが見えてくると、もう既に人集りができていた。コミケカタログにも徹夜禁止(略して「徹禁」)のことが書かれていたが、今回も徹夜したような連中がいたのだろうか?早朝からの異様な人集りに圧倒されながらも、「最後尾」の看板を持ったスタッフの場所から、私もその異様な人集りに入っていった。朝7時30分であるが、若干蒸し暑い。
ワンフェスとかでもこのような人集りが発生することがあるが、コミケの場合、その人集りの出来具合がワンフェス等の比ではない。

列の移動が始まったのは朝9時30頃

スタッフはまるで小中学生の遠足で点呼を取るような感じで、列の移動の時間が8時45分であることを告げたが、自分のいたところの移動が始まったのはそれから30分くらい後のことである。尚、会場の開場直前には既にビッグサイトの建物の中にいた。

移動途中の状況

9時半過ぎには私のいた列は移動を開始したが、その途中でコミケカタログの販売ブースを見かけたが、列を外れてそちらに向かった人数は少なく、殆どの人が予めコミケカタログを購入済みであることが分かった。尚、ワンフェスとは違って、コミケカタログは入場チケットではないし、コミケは入場料を取っていないので、別にカタログは買わなくても良い。
また、会場は西と東の展示棟に分かれているため、移動途中で西に向かう烈と東に向かう列に別れた。因みに、私は最初に特撮関連を回る予定のため、東の会場に向かう列に流れた。

いよいよ開場

午前10時に開場となるのだが、放送が流れてからどこからともなく拍手が起きた。お陰で放送の後半部分が掻き消されてしまった。開場から10〜15分くらい後に漸く会場に入れた。

東の会場にて

まず、私は問題の「便利屋」の場所を探ったが、再確認のため、コミケカタログを広げようとしたところ、スタッフから赤線の枠内で立ち止まらないようにと注意を受けた。私は素直に移動したが、どういう基準でその領域が設定されたのかは謎である。
東では、例の「便利屋」の観察が主だった目的だったが、折角なので、仮面ライダーシリーズに登場した組織のステッカーを販売しているサークルで、スマートブレインのロゴのステッカー(500円)を買った。

思ったより大人しかった

東のエリアで用があったのは特撮関連のみで、10分も掛けずに全サークルを一巡できるくらいだった。
例の「便利屋」だが、以前ネットで書かれていた頃に比べてかなり大人しくなっている印象を持った。通りすがりの人間に誰彼構わずに吠えまくる様子もなく、その表情は比較的穏やかだった。一部、話しかける通行人(恐らく「便利屋」の知人か?)もいたが、言葉数は多くない挨拶程度の会話だけをしていたように見えた。尚、会話内容は離れた位置から観察していたため、聞き取れていない。また、「便利屋」の販売物は湯浅監督特集のペーパーと、「お詫び」と題された無料のチラシだけだった。私は、この無料のチラシを取ったが、「便利屋」は無言でチラシを持っていった私に対して、噂に比して紳士的な態度で「どうぞ」というような感じで声を掛けた。尚、チラシの内容は相変わらずであるので、これとは別の記事で取り上げることにする。
私は、「便利屋」からチラシを持っていった後の10時半過ぎには東の会場を後にした。

西の会場にて

東の会場を出た後、今度は鉄道関連のサークルのある西の会場に向かった。着いたのは11時頃だったと思われる。
特撮とは違って、エリアが広く、また、鉄道関連では特別目当てなサークルがなかったので、ウィンドウショッピング状態で一巡することにした。

実在する雑誌の表紙を模倣した同人誌が目立った

以前からよく知っていたが、鉄道系のサークルでは、鉄道誌は元より中には「R25」を模倣した表紙を持つ同人誌が数多く存在している。しかも、その一部は本物と見間違えんばかりの精巧さのものもあり、鉄道マニアの表し作成センスには脱帽する。但し、これらのものは買わなかった。

架空鉄道関連

私は以前から、「野川電鉄」が「野鉄工機」名義でコミケに参加していることは知っていたが、それ以外の架空鉄道での参加者は知らなかった。
私は、鉄道系では唯一、「七草鉄道」という架空鉄道系サークルから15年の歩みと称する冊子と用語集(合わせて500円)を買っただけである。「七草鉄道」であるがダイヤ製作に重点を置く架空鉄道で、「中原急行鉄道」に近いスタンスである。因みに、私の「多摩急行電氣鐵道」は社史系、「紅岳原鉄道」は旅行記系になる。尚、「七草鉄道」の中身はしっかり読んでいないので、所感は別の機会にするが、これを購入したとき、2枚のチラシと「七草新幹線改正案」なる小冊子も貰った。まるでバーゲンセールの店のような対応だった。
尚、野鉄工機であるが、ここは架空鉄道関連の資料は一切無く、Nゲージ模型の型紙など、Nゲージ関連のものが販売されていた。人気があったのが宮城電気鉄道の旧型車の型紙だったが、私のような好奇者の興味を引いたのは4種類の「キリスト看板」だった。これを買おうか買うまいかで迷っていたが、Nゲージ模型への情熱が殆どない現状やまた次があるという考えから、今回はパスした。
そういえば、前述の「中原急行鉄道」の有高ケン氏であるが、アニメ関連にも興味があるため、熱心にコミケに参加しているが、サークル参加の経験はなさそうだ。

コスプレ広場と企業エリアについて

あのアイスピック(dexiosu)氏が出入り禁止となった、コスプレ広場であるが、西会場の屋上がその場所となった。こちらへの入場は「チェンジ」と称する入場票を買わなくてはならないが、コスプレは目当てではないので、開場前をスルーして即座に企業ブースに入った。コミケに参加している企業は殆どがアニメ・ギャルゲー関連の企業ばかりで、私にとっては取り立てて面白いものがなかったが、会場の外まで列ができるような所もあった。朝っぱらから並んで入場したというのに、また更に、買い物するために炎天下で待ち続けるとは脱帽ものである。入場を待っている間に眩暈のような睡魔のようなものに襲われた私では到底無理である。

昼12時半頃には一旦会場を後にする

取り敢ず、目当ての場所は巡れたので、昼12時半頃にコミケの会場を後にした。
参加者には外国人の姿もあったが、全般的に垢抜けない格好のオタク連中が多かった。あの「きんもっー☆」に関して大騒動となったが、それも頷けるものがあった。因みに、コミケ会場内では、ワンフェス等とは違って食事を販売する屋台は出店していなかった。そのため、昼食は会場の建物内のコンビニ等か会場外の店以外ない。まあ、入場にチケット等が必要ない出入り自由なイベントなので、その辺は考える必要は無かろう。

15時過ぎに再度戻る

暫く、トヨタのMEGA WEBを巡った後、突如の大雨が止んだ後、再び、ビッグサイトに戻ってきた。東の会場の「便利屋」の様子を見るためである。
その「便利屋」であるが、私が15時過ぎに東の会場に来た頃には既に撤退済みの状態だった。こんなんなら、後1時間早く戻るべきだったと後悔した。因みに、閉場は16時なのだが、この「便利屋」以外にも撤退したサークルが目立ち、このくらいの時間に来るとかなり寂しい状況になる。また、コスプレ広場は昼過ぎの俄雨のせいで誰もいないような状況だったっぽい。
また、この時間帯は入る人より、出る人が多くなり、ゆりかもめやりんかい線が込むようになる。ただ、私はMEGA WEBでハイブリッド車の試乗に参加するなどしたので、コミケからの帰りの混雑に巻き込まれずに済んだ。正直、かなり疲れてしまい、家に戻って直ぐにブログを書ける状態ではなかった。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

[コミケ]8月7日の訂正と特に一人のコミケ出禁について

先ずは訂正記事より

当ブログの8月7日のエントリにて、「2日目と3日目に参加予定」と書いたが、その時の記事のコメントにて、鉄道・旅行関連が特撮と同じ2日目の配置であるとの指摘があり、コミケカタログを確認したところ、実際にその通りだったので、ここに、2日目のみの参加と訂正することにした。
あの記事を書いたとき、仕事疲れなどから、コミケカタログの内容を誤って理解してしていたようだ。我ながら情けない。指摘して下さった あふやうち氏には、この場を借りて御礼申し上げる。

話は変わって、アイスピック(dexiosu)氏について

私は今回、2日目のみではあるが、コミケに初参加となることが決定したが、コミケ出入り禁止(正確にはコスプレ広場のみであるが)2周年を迎えたアイスピック氏は相も変わらず、負け惜しみを展開している。まあ、「来るな!」に対して「行くもんか!」と応酬しているのだから、互いの利害がぴったり一致しているから、その部分だけは全く問題ない。
しかし、問題は「行かない理由」の中において、アイスピック(dexiosu)氏のみにとっての「事実」即ち一般人にとっての流言飛語を並べ立てていることにある。詳細は触れないが、要は、アイスピック(dexiosu)氏をコミケのコスプレ広場から締め出した牛島えっさい氏に対する逆恨みとも言える記述が満載である。尚、「某コスプレ系の2ショットライブチャット」については、以前に当ブログでも取り上げたので、参照していただきたい。

コミケの話題から離れてしまうが

一応、この記事はコミケ関連の記事であるが、最近のアイスピック(dexiosu)氏の動きに異変が出てきている。以前、kohji_moli_00のYahoo!IDで開設しているYahoo!オークションにて、「DXアクロバンチのファルコンバンチャー ポプラ葦プロ超合金系」なる出品物を巡って、落札者と応酬合戦が繰り広げられたが、また最近も蒸し返された。この落札者もなかなか挑発的であるが、その挑発に勢いよく飛び乗るアイスピック(dexiosu)氏もアイスピック(dexiosu)氏である。自分が正しいと信じて疑わないのなら、出るとこ出て正々堂々と戦うのが筋というものであるが。

コミケ2日目は西へ東へ大忙し

話は、私のコミケの参加予定の話に戻ると、東地区で特撮関係を巡りつつ、西地区で鉄道関係を巡るという如何にも慌ただしい動きになりそうだ。東の特撮関連は「まほろ駅前」に張り付いている状態かも知れないが、西に鉄道関係があるため、時折、「まほろ駅前」から離れることにもなる。観察目的もあるが、なるたけ、正しい意味での参加もしたいので、鉄道関係の西地区にいるように努めたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

[コミケ]今回初参加予定

オタク色の強い趣味を持っているが

コミケ自体は、元々、鉄道や特撮といった割とオタク色の強い趣味を持っているため知ってはいて、馴染みもあった筈だが、参加経験はない。何て言うか、アニメオタクの祭典というイメージもあり、参加する気がなかなか起きなかったのも一つの理由である。

以前、一度参加しようとしたことがあった

3〜4年ほど前であろうか、かにれいる氏絡みで、コミケに参加しようとし、カタログも買わずに、会場(東京ビッグサイト)まできたが、地べたに座って同人誌を読んでいる人集りに圧倒され、遂に会場には一歩も足を踏み入れることがなかった記憶がある。

丁度良い機会なのでカタログを買った

コミケに関わる理由が悲しいことに、前述のかにれいる氏といい、アイスピック(dexiosu)氏といい、観察対象絡みであるが、例え観察目的とはいえ、良い機会なので、カタログ買って、アイスピック(dexiosu)氏が出入り禁止を言い渡された(正確にはコスプレ広場だけだが)というイベントに参加しようかと思っている。

2日目と3日目に参加予定

初日(11日)にも、目当てのサークルが出展しているのだが、残念ながら仕事の都合が付かず、参加を見送ることにした。因みに、目当てのサークルは蓬莱学園関連である。
2日目は特撮関連の所に行く予定だが、まあ、三浦しをん氏の直木賞受賞作品の主人公と同じ苗字の「準備会事故用スペース」に張り付くだけかも知れないが(苦笑)
3日目は鉄道関連を巡る予定。こちらは観察対象とは無関係で、正しい意味でのコミケ参加となる。また、予算の折り合いが付けば、幾つか同人誌を買う予定である。
続きを読む
ラベル:コミケ
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 02:22| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

[ブログサービス]ブログの電車が出発進行

また新たなサービスが誕生

ブロ電というブロガー向けコミュニティサイトが出現した。各ブログが「乗客」となるものであるが、電車なのに「鉄道」のカテゴリーがないのが悩ましい。因みに、私は「社会&学問&ニュース」のジャンルに登録したのだが、最近の記事は自称dexiosu関連の記事と仮面ライダーの記事しかない。
そろそろ小沢一郎氏に党首交代した民主党の話とか、最近、普通のブロガーになってしまったような杉村太蔵氏の話題などもしなくてはなるまい。とはいえ、仕事が多忙すぎて、政治ネタにまで気が回らないのが現状である。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

[アクセス解析より]総選挙の影響で多数のアクセス

9月1日は200件強くらいのアクセスだったのに

総選挙関連の記事を書いてから、アクセス数が600件くらいとなり、総選挙前日の11日には1200件のアクセスとなった。ユニークユーザーも同日は800人くらいで、やはり総選挙が如何に関心が高かったのかよく分かる。
現在は1週間くらい前のアクセス数くらいに落ち着いてき始めているが、選挙の余熱は冷めていないようだ。
ただ、アクセス数に比べてユニークユーザーの減りが激しい。例の件絡みなのだろうか。あれは互いの事情を知らない人から見れば、確かに醜い争いなのかもしれない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 10:08| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

[日記]同じことの繰り返しでウンザリ

蒸し返すのは嫌なんだが

土方氏に関しては1件の独立した記事で書くほどの量でもないとして、この記事の追記という形にした。あんまり追記追記やっているとアイスピック氏みたいになりそうだ(苦笑)
因みに、コラムの方にも追記しておいた。こちらは白票が不信任を意味する有効票となった場合の問題点を取り上げている。
当選に必要な最低投票数を表す「法定得票数」と呼ばれるものがある。これは公職選挙法第95条に明記されている。比例代表の分まで全文引用すると物凄く長くなってしまうが、衆議院総選挙の小選挙区では
有効投票の総数の6分の1以上の得票
が所謂「法定得票数」である。無効投票を含めた全投票数ではなく、有効投票の総数をベースにしているのに注意して貰いたい。
嫌味を言うのは嫌なんだが、土方氏は公職選挙法を読み直すように。

あの手の輩を相手にしたのは初めてではないが

今回のようなことは初めてではない。私自身、2ちゃんねる鉄道板の東急関連スレッドや鉄道オタク地位向上スレッドでも随分とこの手の輩を見てきた。この経験があるから、私は2ちゃんねる鉄道板住人は生真面目で意固地な奴が多いと思うようになった。
つまり、土方氏のような生真面目な性格の人間をよく知っているのである。但し、そうした人間を多く知っているが故に、そうした人間の持つ「弱さ」が何か許せない。

悪し様に罵ることが批判なのか?

土方氏は最新の記事
それと「現政権への批判」が何故
「政治家のせいにして自分自身は何も努力しない」になるのか?
と言っている。「政治家のせいにして自分自身は何も努力しない」とは文句ばかり垂れる態度を意味しているのだろうが、そもそも、土方氏の「現政権への批判」というものが如何にも悪意に満ち溢れた雰囲気を感じさせる書き方であることが問題である。以下はその1つである。
どうやら不況にあえいでいるのは私を含めた少数らしい。
まさか小泉"ペテン"政権で不況脱出できると思っていると
本気で考えてる者はおるまい。だとしたらキチガイだ。
このように、他人を罵倒する言葉を付け加えたものは正当な批判ではないと何度繰り返したら分かるのだろうか?そういえば、似たようなことを私はアイスピック氏の記事でも書いた覚えがある(参考1)。これは飽くまでアイスピック氏に向けたものであるが、土方氏の上記の一例においても同じようなことが言える。他人を悪し様に罵る言葉が含まれるのは正当な批判ではない。
こういうのも、木村剛氏の言うところの「憶測で厳しくコメントすればいいというサディスト」なのだろうか(参考1)。

批判記事を書くにせよ

私は批判すること自体は問題視していないし、その内容に関しては表現の自由だから、誰にも阻害されないものと思っている。しかし、ネットで晒す以上、常に誰かの目があるということは忘れてはならない。似たようなことはfox_zero氏のブログにも書かれている。尤も、これはアイスピック氏や土方氏以外の人にも当てはまる話であるが。
どうせ批判するのなら、面白おかしくとまでいかなくても、相手の反感を買わないように書けないものだろうか。
小泉政権批判とは外れるが、うちのブログでは辻元清美氏他の立候補に関する批判記事を書き、多数のコメントを貰った。中には私の意見(辻本氏他の立候補反対)に対する批判もあったが、私はその人の記事に対しては「感情的」な反応していない。それは、私を批判した人が冷静に語っていたことが大きいと思われる。

罵倒で掲示板を荒らした人達

他人を罵倒しながらの記事は如何にも印象が悪い。ましてや反対意見を持つ者にとっては不愉快さも一塩である。こういった罵倒を書き連ねる者は俺様中心思考が強いという印象を受ける。
嘗て、鉄道板で話題になっていたみなと鉄道氏もまた、神戸空港反対の件で関西私鉄サイトの掲示板を荒れさせていた。荒れたのはみなと鉄道氏が神戸空港賛成派の意見に全く耳を貸さなかったことに原因がある。更には、当時の神戸市長を罵倒さえした。その他、阪神西大阪線の延伸が妨害されているのは九条の住民のエゴのせいにするなど、枚挙に暇がない。
また、今回の総選挙に出馬した山下万葉氏も狛江市の矢野市長の掲示板でアニメや声優の話をして、それが批判されると突然キレ出すという醜態を演じている。山下氏の公約に「ストップ・ザ・矢野〜」というのがあったのはこの掲示板で山下氏を批判したしま氏への罵倒のドサクサでいきなり矢野市長を叩いたというおかしな由来がある。
その他、2ちゃんねる特撮!板で話題になったしばやん氏など数多事例がある。この手の輩にはいい加減ウンザリである。
余談
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

[日常の話題]ファミリーマーケット限定ヤッターマンつながるフィギュアストラップ

もう既に会社近くのファミマでは終わってしまったが

コカコーラのペットボトル系ドリンクに「ヤッターマンつながるフィギュアストラップ」なるものが付いてきた。
アイテムの種類はガンちゃん、アイちゃん、オモッチャマ、ドロンジョ、トンズラー、ボヤッキー、ヤッターワン、ヤッターペリカン、ヤッターアンコウ、ヤッターパンダ、ヤッターコパンダ、おだてブタとシークレットの13種類。シークレットが何かよく分からないが、恐らくヤッターキングあたりじゃなかろうか。少なくともゼンダライオンではないだろうと思う。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

[日記]ブログ更新する気力のない状態が続いた今週末

選挙で盛り上がるけど

私は事務書類のチェックだけでクタクタである。大人になっても書類の一つきちんと書けない連中が多いのは意外だ。差し戻しに質問の対応…、管理職の苦労がよく分かった。まあ、私は他人の面倒を見るのが好きな方なので、さほど苦にはならないが、出先で仕事している人の対応には骨が折れる。お陰で昨日は寝込んでしまった。

序でに選挙への参加の呼びかけ

今回の選挙は今後の国政のあり方を問うものである。政治に対する無関心が悪政を生むという過去の歴史があるのだから、是非とも選挙に行って、自らの主義主張に合う政治家に一票投じて戴きたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

[BlogPet]こんなん言われた

2005/08/09

2005/08/09のボルキャンサー
「クララベル3世」とはこのブログのBlogPetである。「コピペ」って言われて嬉しそうだ。

2005/08/10

2005/08/10のボルキャンサー1
再びへたれに何か言われたようである。「校生」って何だ?
2005/08/10のボルキャンサー2
「スミス」とはこのブログのBlogPetであるが、何の番号のことを言っているのだろうか?

2005/08/11

2005/08/11のボルキャンサー1
私も全く分からない(笑)
2005/08/11のボルキャンサー2
これも全く分からない。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

[アクセス解析より]特に一人の人のブログから密かにチェックされている?

アクセス解析のリファラを確認したら

こんなアドレスからうちのブログにアクセスしてきた者がいた。
http://spaces.msn.com/members/nectaful/SettingsContainer.aspx?part=stats
http://spaces.msn.com/members/nectaful/」というのは、あのアイスピック氏のブログのアドレスに他ならない。ということは、MSNスペースの何処かにアイスピック氏がうちのブログを登録したということなのだろうか?
謎だ。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 11:15| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[BlogPet]こんなん言われた

2005/08/07のボルキャンサー
特に一人の人へ、自分の発言を裏付ける証拠を早くあげてください。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

[BlogPet]こんなん言われた

2005/08/06のボルキャンサー
「へたれ」っていうのはこのブログBlogPetの名前なのだが、私は「改竄」と言われるようなことはしていませんよ(苦笑)
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

[Seesaa]ここ最近ブログが重い

大体、夜中なのだが、Seesaaのブログが重たくなることが多い。再構築とかがエラーで終わったりしてしまうことが多く、以前、トラックバック付きの記事が投稿できていないと思って、2件重複登録したことがあった。(「有害図書撲滅」関連)
真っ昼間でも重いYahoo!に比べれば、まだマシかもしれないが、アクセスが集中している時間帯故なのだろうか。

余り関係ないが、特に一人の人関連のブログが続々Seesaaに移転している。「ブログ重〜い」という声はないのだろうか?
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

[検索ワード]本日の謎

東京メトロ05系


どうも、東京メトロ南北線のことを扱ったこの記事が引っ掛かっている。日付が「05/10」などと打たれているため、そこの「05」に「05系」が掛かったのだろう。
一応、鉄道を扱っているブログだから、ある程度は仕方ないが、05系(東西線の車輌)の記事は今のところないのであしからず。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

[アクセス解析より]右翼団体のサイト?

アクセス解析を見たら、何故か「右翼団体のサイト」という検索ワードでうちのブログに来ている人がいるらしい。
どうも、この記事の記述のためだが、「右翼団体のサイト」の何を調べているのだろうか。少し気になる。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。