2009年02月17日

[ネット観察]久しぶりに書いてみるのでダイジェスト

久しぶりである

もう半年近くブログをやっていないが、ネットは相変わらずの様子だ。
このブログでは初めて取り上げる観察対象を含み、近況をダイジェストしてみたい。

アイスピック氏

まずは毎度おなじみの某ヤフオクショニアから。
ヤフオクでまたトラブル
2009年1月頃、その毎度おなじみの某ヤフオクショニアはまたまたヤフオクでトラブルを起こした。ネタが古いため、詳細は古参の観察者であるfox_zero氏や新参の観察者であるさきっちょ氏に任せるが、今回の相手はかなりのクレーマー体質の落札者である。
それ故、ヤフーオークション最低最悪ともいえる泥仕合を展開したのだが、事の発端は、例によって毎度おなじみの某ヤフオクショニアが銀行への入金確認をサボったことと、発送を忘れたことである。相手が普通の人ならここまで酷い泥仕合にはならなかっただろうけど(それでも不誠実な出品者の側に「悪い」乃至は「非常に悪い」の評価が付くのだが)、クレーマー体質であるために訴訟を起こすことを匂わせる発言まで出して激しく喧嘩した。端から見るに「とっつぁん坊や」の低俗で痛々しいバトルでしかない。
年明けにクリスマスの人形劇を公開
続いては、毎度おなじみの某ヤフオクショニアが年明けになって、クリスマス頃に新宿東口にてロケを敢行したリカちゃん人形による人形劇が年明けになって公開されたという話である。
大体、2009年2月17日21時現在のトップページに「Merry Christmas!!」と記述している側で「大晦日です〜っ(へなへな)・・・って事で、」などと時節を弁えないような挨拶文が掲載されている。まあ、この人、どこか時間の感覚がおかしいところがあるから、仕方ないのかもしれないが。
今日も今日とて盛り上がる2ちゃんねるネットwatch板のスレ
その他、「コスプレ研究」なる「プチ日記」第2シーズンのようなコーナーを開設したりと変な意味でハッスルしているが故か、2ちゃんねるネットwatch板等では今日も今日とて盛り上がっているのである。日に100レス以上付くハイペースな展開となっているが、殆ど再放送みたいな内容でこっちとしては食傷気味である。
観察者も飽き始めているのか?
当ブログでは「ブログリンク(ネット観察1)」という所にその毎度おなじみの某ヤフオクショニアを取り上げたブログのリンクを張っているが、その毎度おなじみの某ヤフオクショニアの嘗ての「プログ」を始めとして、デッドリンクなどが発生している。これを機にリンクからデッドリンクとなっているようなブログのリンクを外そうかと考えている。

鉄チャンのNARU氏

さて、今度は鉄ヲタ界において、前出のアイスピック氏のような状況へまっしぐらの鉄チャンのNARU氏(自称「鉄道趣味の鉄人」)である。このNARU氏だが、2ちゃんねる鉄道総合板のスレッドを見ると、以前の「ネカマ釣り」みたいな動きが見られて、嫌な気分である。
正直、NARU氏に同情する気はないが、ああいういじめ紛いのことはやはり現に慎むべきだろう。
とはいえ、NARU氏もNARU氏である。仕事もせず、家に引き籠もってぐうたら過ごしていることは褒められた話ではない。年齢的には前出のアイスピック氏より年下だが、将来はアイスピック氏のようになることは想像に難くない。やり直しの利く内に何とか立ち直って貰いたいものだ。

山田AG氏

私は割と最近になって、弁護士に喧嘩を売った身の程知らずの世間知らずの存在を知った。それが山田AG氏である。
山田AG氏のネット活動歴は非常に長く、過去から自己中心的な言動でネットを暴れまくっていた古参のネット荒らしとして知られている。「と学会」の山本弘氏も喧嘩を売られた過去があったという(参照)。因みに、「だーす」や「AGLA」というのは山田AG氏の数あるハンドルネームの一部である。
そして、極め付けは壇俊光弁護士に喧嘩を売った挙げ句、裁判で負けたということである(参照)。因みに、この裁判で、山田AG氏は100万円の賠償金の支払いを命ぜられているが、今なおそれを履行していない。
そればかりか、ミクシなどで相変わらずのトラブルを起こしているのだから、厚顔無恥極める人物である。

山本弘氏の著書

山田AG氏と「論争」したとき、1つは宇宙に関する話題だったので、山本弘氏の宇宙に関する書籍を紹介する。

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

[コスプレサミット]中傷受けた評論家に審査員依頼せず コスプレサミット

ニュース記事

asahi.com

所感

1年近く放置してしまった…
暫く諸般の事情により、ブログを中断してしまった。この記事で、約1年ぶりの復活となる。
牛島氏は「テロとの戦い」を強調
牛島えっさい氏というと、コスプレ評論家として知られ、また、当ブログでは「dexiosu」乃至は「アイスピック」と称する者に執拗に因縁を付けられている関係者である。
その牛島氏はブログにて「テロリストによる犯罪」であることを主張している。過去類似した事案を鑑みるに、「テロリスト」とは表現が些か大袈裟であるものの、この事件は脅迫状を送りつけたりするようなものと同一視できるものである。つまり、所謂「オタクによる犯罪」ではなく、「脅迫事件」である。
2ちゃんねる等のネット発の脅迫事件が止まない中で起こった事件
大分昔に、池内ひろ美氏の講演会を中止に追い込んだ者が逮捕されたという記事を書いた。池内氏についてはそもそもの発端が池内氏による侮辱発言(参考)であるが、それでも、脅迫して講演を止めさせるのは許されるものではなく、これも牛島氏の言葉を使えば「テロ」である。
これに限らず、近年は小学校に脅迫状を送りつけたりとか、電車の運行を止めたりとかの「テロ」事件が呆れるほど多い。
本件も牛島氏のコスプレサミットへの審査員参加を中止させたという面から考えると、この手の事件の一種と考えてもよい。しかも、池内氏の場合とは違って、牛島氏の落ち度はない。つまり、コスプレを侮辱するような発言を行って牛島氏にイベントへの出入り禁止を言い渡された者の逆恨みとするのが大方の見方である。
実行犯は誰か?
本件の実行犯だが、2ちゃんねるの事情通によると、3人ほど挙げられている。1人が「dexiosu」「れくと」「アイスピック」などのハンドルネームで知られている東京都八王子市在住の「森本」という者。もう一人が、カメラマンやジャーナリスト或いはフィクサーをも自称する「沢田」という者。残りの一人が、愉快犯的振る舞いが2ちゃんねる内外で有名な「ゲロ」と呼ばれる存在である。
私の見解では、まず、相当昔に出版社に殺人予告をしたという前科のある(参考)「森本」という者だが、実行犯である可能性は低いと見ている。それは、牛島氏を中傷誹謗する文書の送り先に名古屋市議が含まれている所である。ニュース記事の中でその名古屋市議が誰なのか触れられていないが、名古屋と縁のないような「森本」がその市議とどのように知り合ったのかまるで想像が付かない。大体、「森本」という者は警察への被害届の出し方を全く知らないような「社会童貞」などと言われているような者である。このような者が名古屋市議に接触できるとは思えない。但し、実行犯が逮捕された際、この「森本」という者が重要参考人として招致される可能性は高い。
では、残りの2人の何れかが実行犯と考えられるが、それについては情報が少なすぎて断定できない。因みに、この事件の後にも2ちゃんねるで時折、牛島氏を中傷誹謗した書き込みが見られる。実行犯は2ちゃんねらーということが考えられる。
早期の逮捕を望む
池内氏の講演会中止に追い込んだ者は既に捕まっている。その他の脅迫事件でも犯人は割と早く逮捕されている。そのことを考えると、本件でも実行犯は直ぐにでも捕まると考えられる。否、直ぐに捕まえるべきである。犯人は2ちゃんねるなどで頻繁に書き込みをしていて、アシは簡単に付く筈だから。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 16:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

[アイスピック]1年も前の記事にコメントする意味不明さ

もう4ヶ月くらいブログを書いていない

参議院選挙とか結構興味深いイベント目白押しの状況であるが、ここ最近は多忙を極め、ブログなど書いている暇がなかった。お陰で先月上旬の毎度おなじみの某スーパークリエイター(自称)のコメントが書き込まれていたのを見逃してしまった。

1年も前の記事に虚仮威しのコメントを残す意味不明な行動

この毎度おなじみの某スーパークリエイター(自称)だが、とんでもない所にコメントを残してくれた。何と、1年も前の記事である。まあ、このような行動は余り珍しくないのだが、最近ではなく、昔の記事にいきなりコメントを書くというのは普通の人の行動パターンではない。
そして、そのコメント内容はどうも、私を嘲笑うような虚仮威しでしかない。正直、こんな虚仮威しに騙されるような奴は毎度おなじみの某スーパークリエイター(自称)しかいないと考えた方が良い。

よくわかる臆病な性格

どうやら、彼はこの程度の虚仮威しで震え上がるということなのだろう。今回の投稿はそんな性格が窺知できる貴重なサンプルということである。
また、誰も読まないだろうとタカを括った古い記事へのコメントの投稿という信じられない行動だが、今回に限らず、彼が正面切って討論することから逃げ続けているくらい臆病であるということがよく分かる。
蓋し、土方氏の来訪でもコソコソしていたような行動を取ったのも自分に自信がなく、自分でも信じられないようなことを全世界に向けて発信していたという自覚あってのことであろう。
相も変わらず、妄言癖のある情けない毎度おなじみの某スーパークリエイター(自称)であった。
追記
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

[きっこ]石原慎太郎に喧嘩を売る

凋落著しいカリスマブロガー

きっこというとネットの中では随分と話題に上るあの「きっこの日記」のきっこである。うちでも嘗て記事に書いたのだが、ここ最近はアイスピックことdexiosu森本浩司氏のような駄目っぷりを余す所なく発揮してより器が小さくなっている。

そんなきっこが石原慎太郎氏に噛み付く

詳細はこちらのブログにて。まあ、当ブログでも当記事の直前に「右傾化に歯止めを!」「石原慎太郎の再選を許すな!」と主張しているので、この辺は共通の立場だが、情けないのはきっこは浅野史郎氏の支持に回っていることである。きっこの日記の内容を詳しく見ている訳ではないが、上記リンク先の記事を見るにつけ、浅野氏の主張内容から浅野氏を指示するというようなスタンスというより、石原慎太郎氏が嫌いだから浅野史郎氏を支持するというもののようだ。これじゃあ、マスコミに振り回されているだけの愚民でしかない。

石原慎太郎も浅野史郎も支持できない

今回、都知事選では17人も出馬するというのだが、にもかかわらず、マスコミで取り上げられるのはその中の数人程度でしかない。これは如何にも不公平なものである。
それはともかく、「反石原=浅野支持」というのは間違ったスタンスである。
実をいうと、私は「反石原」であると同時に「反浅野」でもある。「反石原」の理由はこの記事の直前に書いたので、それを見て貰うとして、浅野氏を支持できない理由は、余りに石原慎太郎氏を意識しすぎている所にある。要は自主性がないということである。何でもかんでも反対を唱える天の邪鬼では絶対に当選できない。この辺は石原都政に批判的な層でも浅野支持に回っていない人が少なくない所からもよく分かる。

もはや出来損ないのアジテーターでしかないきっこ

一応、きっこについての記事なので、きっこについての話に戻すと、石原慎太郎氏憎しの余りでの浅野氏支持では誰もついていかない。それは前述のように天の邪鬼なだけでは当選など覚束ないからである。
軍国主義の石原慎太郎氏を取るか、それに真っ正面から対抗する浅野史郎氏かという二者択一ではなく、17人の立候補者のうち、誰が東京都知事に相応しいかを構成且つ公平な観点から選ぶのが真の有権者であると信じたい。情報武装の進んだ今、もう、マスコミやきっこのようなアジテーターに振り回されるような愚昧な市民ばかりでないことを信じたい。
そして、軍国主義者や天の邪鬼ではない立派な人が次の都知事になることを信じたい。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

[東京都知事選]石原慎太郎の再選を許すな!

都知事選目前

マスコミでも話題沸騰の東京都知事選であるが、マスコミ報道は殆ど石原慎太郎氏VS浅野史郎氏(前宮城県知事)を煽るような報道ばかりで嘆かわしい。
それはさておき、今度の都知事選で石原慎太郎都知事は3選目指して本気の姿勢を見せているが、今こそ、極右思想の政治家を排除する気運を高めるべく、極右思想の石原慎太郎都知事の再選は何としてでも阻止するべきである!

物騒なタイトルの公式サイト

今や、政治家が個人の主張をまとめたサイトやブログを持つことは決して珍しくない世の中であるが、石原慎太郎都知事の公式サイトは一つ特徴がある。それはタイトルが「宣戦布告」である。典型的な好戦的極右思想家即ちタカ派のキャラクターを丸出しなのは怒りと絶望を超え、失笑ものである。
古来、日本人は争いを好まず、穏やかに過ごすものであるが、石原慎太郎都知事に限らず、ここ最近はこうした好戦的で日本人離れした思考の持ち主が増えてきたという不穏な状況に目を覆わんばかりである。

肝心の中身について

さて、肝心の主張内容であるが、ここに挙げられているので、各内容毎に取り上げてみる。
首都移転に「NO」について
流石に東京を代表する東京都知事という立場上、首都移転には反対である。首都移転計画の概要と石原慎太郎都知事の主張は上記リンクを参照して貰うが、これに関しては、私も首都移転は反対である。理由は、首都移転は当然に多くの建設工事を伴う所にある。つまり、莫大なお金が掛かることと、大規模建設事業によって発生する利権の発生でアウトローの増長が起こる所にある。
後者は関西空港建設など今までにあった国家的大規模プロジェクトについて回る問題なので、ここで言うまでもない。前者は今の国家財政の状況から到底無理だろうということである。
何れにしても、首都移転は現実的ではないということである。
財政再建プランについて
国家ばかりか地方自治体も財政再建が課題である。北海道の夕張市などはまともな行政サービスを行うことすらままならない状態にまで陥ってしまっている。
実は東京都も青島前都知事時代に未曾有の財政危機に陥っていたことがあり、石原都知事が就任後財政を立て直したという。
財政再建団体というのは一般企業でいう会社更生法適用状態にある地方自治体のことを指すのだが、こういう状態になると、地方自治体の場合、総務省の支配下におかれてしまう状態になるという。
国から地方への権限委譲が叫ばれている状況を考えると財政再建団体への転落はどの地方自治体も防がなくてはいけない問題である。
上記リンクの内容を真に受ける訳ではないが、石原慎太郎都知事が東京都の財政再建には相当心血を注いでいたことは評価できる。
外形標準課税について
これに関しては銀行業界からの反発もあったことで随分と有名になった話である。
確かに、バブル崩壊後の不良債権の発生で銀行は多大な損失を被った。
しかし、その不良債権の発生も銀行がまともに貸し付け審査をしなかったという杜撰さが齎したものであり、また、その後の不良債権処理で税金が投入されたこともあり、銀行を優遇する政策を採ってきた政治の問題もある。
よって、外形標準課税はそういう銀行・大企業優遇の政治風潮に対して風穴を開けたという点では評価できる。
但し、これも度を過ぎると、ひいてはそうした企業に勤務するサラリーマンの収入に響いてくる危険性もあるという側面があるので、バランスは必要である。
観光政策について
石原都知事は東京の観光推進に全力を挙げている。それはマスコミでもお馴染みの東京オリンピック誘致計画からも明らかである。
東京都知事という立場上、やはり東京に多くの観光客を呼び込みたいのは当然だろう。また、案内標識などの整備も観光とは関係なく、住民にとっても有益なものである。
しかし、それだからといって、大型建設プロジェクトを伴うようなオリンピック誘致は歓迎できない。ここはやはり、普通に観光名所を整備するようなやり方を取るべきではなかろうか。
米軍横田基地について
石原慎太郎都知事は極右のタカ派ではあるが、親米派ではない。右翼的か左翼的かということと親米なのか反米なのかは結構ごちゃ混ぜに取られがちであるが、本質的に違うことには注意が必要だ。
戦後から続く米軍の駐留に関しては随所で様々な話があるが、東京とてそれとは無縁ではない。それが米軍横田基地の問題である。
ただ、私としては全面返還は当然としても、基地としての機能のみならず、空港機能も廃止するべきと考える。
もし、首都圏で第3の空港が必要だと考えるのならば、横浜・川崎エリアの沖合か、木更津の沖合に作るべきだと思う。当然に大きな建設プロジェクトになってしまうが、周囲に住宅が多く、将来的な拡張も不可能な地域に空港を置くメリットはないからである。
その他
色々あるが、取り敢えずの所ここまでとする。

真のアジア共生を目指すのなら極右思想の石原慎太郎氏には退陣して貰いたい

このページにて、石原慎太郎氏はアジアとの外交を疎かにしている訳ではないということをアピールしている。しかし、数々の問題発言を斟酌するに、所謂「特定アジア」を挑発するような人をリーダーに据えるのは東京の行く末に不安を感じる
また、中国の反日運動が思わぬ挫折を味わってから、中国も比較的宥和政策に転じていて、今後、あのような反日運動が起こる可能性は限りなく低い(起これば、確実に今の中国政府に対する反政府運動にもなりかねないからである)。
したがって、国内の過激な反「特定アジア」世論を沈静化するためにも、また、オリンピック誘致などで不必要な開発を行わせないためにも、石原慎太郎氏の再選はストップするべきである。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

[お知らせ]2007-03-07 23:31の記事の件

無権代理の宣伝マンが頻発

当ブログの2007-03-07 23:31の記事であるが、2ちゃんねるにて記事の「宣伝」という形で嫌がらせを行う者が出現した。当初、文句があるのならこのブログに来て反論せよという形で対処したが、正々堂々と批判するものが未だ現れなかったため、嫌がらせ目的であると判断し、当該記事を非公開にした。

認証制ブログの内容に触れた件について

これに関しては一部の「ヲチャ」からの批判はある程度覚悟は出来ていた。しかし、私は「脅迫状」について一部「ヲチャ」の暴走によって行われた危険性のあることであると判断し、その批判を覚悟の上で記事にしたものである。
ところが、アイスピック氏を煽ったり、或いはうちに対する嫌がらせ目的でのみ、「宣伝」を行う者が出現したことを受け、今回の措置を執ることにした。
当該記事の趣旨(違法行為はするなということ)が正しく伝わらず、一部の暴走した「ヲチャ」によって興味本位に面白可笑しく取り扱われたことは、非常に遺憾である。
続きを読む
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

[税制]確定申告の日ですか…

源泉徴収のサラリーマンじゃ全く縁がない話だが

ふらりととある公認会計士のブログを読んでいたら、こんな記事があった。今日は確定申告の日とか。
私みたいなサラリーマンじゃ全く縁のない話だが、自営業を営んでいる者にとっては重要な日である。何しろ、この日を逃すと、税務署から追徴課税されるとか。
ところで、Yahoo!オークションでの収益は課税対象になるのだろうか?個人的にはそれが一番気になる。
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

[アクセス解析より]文句があるのならここに来て言え

特定の記事に閲覧が集中

本日、アクセス解析を覗いていたところ、この記事のアクセス数が異常に多くて驚いた。「http://ime.nu/」などからのアクセスがあったので、どうやら誰かが2ちゃんねるに貼り付けたのだろう。
大体、「http://ime.nu/」のアクセスがあると携帯電話とかからのアクセスもあり、「http://c-au.2ch.net/」で始まるアドレスから、どのスレッドに貼られたものかが分かる。どうやら、これがそうであろう。

アクセスアップの宣伝?冗談じゃない

更に読み進めるとこんなことを言う輩が出てきた。
811 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/10(土) 01:06:59 ID:t7MxEH18
>>808
ヲイヲイ。
>>807はNLKって書いてるぞ。モチツケ。



折角多摩急行がアクセスアップの為に自分のブログにアップして
しかも宣伝の為にここに貼ったんだ。生暖かい目で見てやってはくれまいか。
などと如何にも私が煽っているように言っている。私は基本的に2ちゃんねるには書き込まない。ましてや、自分のブログの宣伝を2ちゃんねるでやるということなどあり得ない。
それに私のブログのアクセスアップによってどんな利益が齎されるというのかが分からない。アクセスアップを至上命題としているのなら、1ヶ月以上も放置することがあってはならないだろう。

文句があるのなら、うちでコメントを残せ

又、このレスを書いた者は私に対して相当恨みを持っているようだとも思える。
822 :名無しさん@ゴーゴーゴーゴー!:2007/03/10(土) 02:42:31 ID:t7MxEH18
>>814
多摩急行宣伝乙。
本人以外にわざわざ貼る奴がいるかよ。

ついでに言うけど、お前ブログ辞めた方がいいぞ。

「555の村上社長は東映スタッフが村上ファンドを意識した」
「ネイティブはヒルズ族やIT業界を風刺していた」

思考が小蛆と同じだよ。早く病院へ行け。
どうやら過去に書いた記事(これこれ)に文句があるようだが、その記事を書いたとき、私はそのようなコメントを受けたことがない。
どうも、この者は私に何某かの注意を与えるのではなく、からかって弄ぼうと考えているに違いない。そうでなければ、普通、コメント欄に書き込む筈である。
又、「本人以外にわざわざ貼る奴がいるかよ」などと決め付けている辺り、相当頭が悪いようだ。赤の他人がたまたま見つけてこういう記事があるよなどと紹介したというシチュエーションは想像できないものか?
何れにしても、裏でコソコソやらないで、文句があるのなら、うちのブログでコメントを残して貰いたい。
相手の挑発に乗ってしまうような真似をする形になったが、この者の真意を確かめたいために敢えて「反論」した。
ラベル:2ちゃんねる
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

[池内ひろ美]講演会を中止に追い込んだ者が逮捕された

ニュース記事

J-CAST

所感

池内氏については以前、取り上げたので、参照していただきたい。
それより後の時期にも若干触れたが(参照)、私は2ちゃんねるにて異様に騒ぎを大きくしようとしている者がいることに眉を顰めていた。「反イケウティ」などと名乗って、ネットwatch板やニュース系の板の関連スレッドなどに場の空気も読まずに暴れていた者がいた。今回の事件の犯人がその人かどうか不明だが、如何に悪いことをしでかした人だからといって、何をして良いという訳ではないということに変わりはない。
確かに、今回の事件の犯人も供述しているが、池内氏が大手自動車メーカーの期間工を侮辱したととれる文書をブログに書き、それに対して謝罪がなかったことは社会通念上、許されるものではない。しかし、それだからといって、私的に制裁を下すというような目的で脅迫したりすることが許される訳ではない。この辺を弁えないとミイラ取りがミイラになるどころでは済まない痛手を負うことになるので、注意を喚起する。
ラベル:脅迫 池内ひろ美
posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットワーカー観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

[Seesaa]リニューアル

仕事が忙しくて全然投稿していないが、その間、Seesaaのブログがリニューアルしたようである。

リニューアルキャンペーン
リニューアルキャンペーン開催中
Seesaaブログが新しくなりました。デザインはもちろん使い勝手もさらに便利に!
新規登録の方も既にお使いの方もプレゼントが当たるチャンス。

posted by 須藤雅史@多摩急行電鉄 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。